【第4話】「卒煙」するための習慣をつくる最強アイテム

こんにちは、卒煙.jpの山下です。
これまで3話に渡り、禁煙するための具体的な方法についてお伝えしてきましたが、いかがでしょうか?

「これで禁煙できそうです」と言う方もいれば、「こんなんじゃまた喫煙してしまいそう・・・」という方も中にはいるでしょう。

でも、安心してください。今回の記事を最後まで読めば、タバコから解放されることをお約束させていただきます。

さて、このプロジェクトをはじめてから、本当にたくさんの方からお問い合わせをいただくようになりました。
なかでも多かったのが・・・

山下さん、タバコをやめて、
健康になりたいです。どうすればいいですか?
というような質問です。

徐々に皆様の考え方が健康の方向に向いていて、私も非常にうれしく思います。
健康になれば、長生きできるわけですから、その分あなたもやりたいことができます。

もっともっとあなた自身が輝くために、できるだけ健康であるべきだと私は思います。

そうすれば、これまでできないと思っていたことも、たくさん経験して、死ぬ時には、後悔がない生き方ができますから。

でも、病気やガンになってしまってからでは遅いんです。

やりたいことは、病気と知ってからでもできます。
できますが、気持ちは健康の方と全然ちがいます。
どれだけ楽しいことをしても、常に病気がつきまとってしまうんです。

病気になってしまったということは何かがおかしいのですから、その前に手を打たないとダメなんです。

医者は病気を治すことはできません。

あなたはお医者さんが、あなたの病気を「治してくれる」と思っていませんか?

残念ながら、そのような事実はありません。
お医者さんの言う「治療」というのは、自然治癒力をアップさせたり、悪い部分を削ることだけです。

つまり、お医者さんが治すということはできないのです。
だから、病気になってしまった時点でもうすでに出遅れということを理解してください。

幸いあなたはこのブログ記事を読んでいるのですから、まだチャンスはあります。
病気になっていないのですから、まだチャンスはあるということです。

ガンになってしまったら、一生ガンと闘うことになります。

私も父親をガンで亡くしましたが、一番悲しかったのは、死ぬときよりも、もう「完全に治らないと理解したとき」でした。

打つ手なし。死ぬしか無い。残された時間で何をすべきか。

それを考えているときが、一番つらかったのです。
だからこそ、あなた自身がいま変わらなければ、ならないのです。

本当に家族が悲しみますよ。それを理解してください。

その上であなたに質問したいのですが・・・

あなたにとってのタバコとはなんですか?

それを、再度考える必要があるんです。

何度も何度もお伝えしていますが、私たちはこのプロジェクトを通してあなたにタバコとしっかり向き合って、考えて欲しいのです。
ただ仲間に合わせて吸っているだけのタバコからあなたを救ってあげたいのです。

そして、あなた自身がタバコを見つめ直す大きな機会になりえるのが「快と不快の法則」です。

そもそも人間は

快楽を求めて不快を避けるようにできている
のです。

これはフロイトによって仮定された精神過程の基本原理で、快楽原理,快・不快原則とも呼ばれ、不快を避け、快を求めようとする傾向をさします。

フロイトによれば,リビドーによって緊張が高められた状態は不快であり,これを解消することが快である。人には快を求め,不快を避けようとする先天的な傾向があるというのがその基本的な構想で,イドは,この原始的・本能的な快感原則に従うとされています。

つまり、あなたの考えにおいて、

タバコが快楽になっている以上
絶対に禁煙は不可能
ということなのです。

では、どうすればいいのか?

実は、その快楽を不快にすることが一番手っ取り早い。

つまり、タバコ=不快なものとあなた自身でパラダイムを変えることがもっとも手っ取り早い禁煙方法なんです。

試しにタバコを5本一気に
吸ってみてください

いえ、10本でもいいです。できるだけ多く、吸えるだけたくさんの本数を吸ってみてください。

できれば、この文章を読んでいる「いま」吸ってみることをオススメします。

タバコを5本手にとって、火をつけてみてください・・・

いいですか?はい、吸いましたか?
おそらくタバコがイヤになると思います。

あれだけ気持ちよかったタバコがもう吸いたくないと思うほど、気持ち悪くなるはずです。

そりゃーそうです。

どんだけ美味しいお肉だって、同じものを苦しくなるほど食べまくっていたら、嫌になります。

物事には良い面と悪い面がありますから、
快楽と不快も表裏一体なんです。
だから、タバコを辞めたいのであれば、もっとも手っ取り早い方法は、あなたのタバコの概念を思いっきり不快の方向に変えることなんです。

これを繰り返すと自然にタバコが嫌いになってきます。
こうすることで、自然とタバコを辞めることができます。

前回のステップ1でも寝る前にタバコを吸うことをオススメしましたが、これって実際かなり気持ちわるいことなんです。

あなたは試しましたか?もし、試していないのであれば、実際に吸ってから寝てみてください。
起きても口の中が気持ち悪いままですから。

そして、もっと大事なのが

禁煙するのではなく「健康」になることを意識する

健康な肺と不健康な肺
出典:https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com/contents/category/symptom_112_3.jpg
健康の重要性はこれまであなたにも何度もお伝えしましたし、あなた自身もすごく理解していると思います。

ですが、本当にここを理解しない限り、あなたはタバコを辞めることができません。

なぜなら、「禁煙」ということ自体にあなたが「ストレス」を感じているからです。

日常生活では嫌なことや苦しいことが多いです。

人生は人それぞれですが、そういうことがストレスになって身体が危機を感じてしまう。

冬になると、太るのは人間が太古から感じている食糧難から蓄えようとしていることが起因していますが、人間の身体は危機に対して脂肪を蓄えてそれをいざというときのエネルギー源にしようとします。

つまり、ストレスが多いと身体に脂肪がつきやすくなる。

だから、ダイエットをしたいなら、ストレスを失くさない限り脂肪を落とすのは困難である。

これと同じように

禁煙もストレスをなくさない限り、
うまくいかないのです。
フィギュアスケートの荒川静香選手は現役時代に体重のコントロールに苦しんだそうです。

しかし、現役を引退してからは自由に食べても現役時代よりも痩せたそうです。
これも競技のストレスから自由になったからと言えるでしょう。

前回もお伝えしましたが、努力でダイエットをしたところで、一時的に痩せたとしてもリバウンドして元に戻ってしまいます。

その根本原因はストレスにもあったのです。

だから、何キロ痩せようと意識して、

「~しなければならない」「~してはいけない」と
決まりを作るということ自体がストレス

となり、脂肪が落ちるどころかかえって脂肪がつきやすくなってしまうのです。

禁煙も同じですよ?

「禁煙しなければならない」「タバコを吸ってはいけない」と考えてしまえば、しまうほど、あなたはストレスが溜まります。

禁煙することは楽しいが、禁煙するために我慢することは楽しくない。

楽しくないことは長く続かないから禁煙はなかなか成功しない。

禁煙が本質的に成功しにくいからこそ、いつまでもタバコ産業は繁盛する。

だから、タバコを意識するのではなく、健康を意識し、

自分の身体と心に正直になることが
ノンスモーカーになるための近道
とも言えるでしょう。

自分の身体や心が本当に欲していることを行い、嫌がっていることを避ける。

そうすることで結果的に健康になる。

健康は結果だと考えて、どうすれば今の生活がストレスなく楽しく過ごせるかを考えることが、効果的な禁煙方法になります。

これは恋愛でも、仕事でも同じです。
仕事の成功や恋人を作るために無理をしてストレスをためるとますます成功から遠ざかります。

諦めたり、チャンスは逃す必要はありませんが、必要以上に追いかけるとどんどん成功というものは、離れていくものなのです。

どうすれば楽しく自分の力を発揮できるか、という視点で動く。

そして、自分が楽しそうにしていれば自然と成功も近づく。

これが何事にも繋がる成功法則と言えるのではないでしょうか。

では、どうすればストレスなく
禁煙することができるのか?
これこそが、「タバコを吸う」という習慣とうまく付き合いながら、楽にタバコをやめる方法です。

それは、たばこを吸いたい気持ちを消してしまうニコノンを毎朝のコーヒーやお茶と一緒に飲むことです。

なーんだ、禁煙治療薬か・・・
という方、ちょっと待って下さい。
この『ニコノン』を意識的に使うことが禁煙に近づくための方法でもあるのです。

ニコノンを活用することで、「タバコを吸う」という形だけの習慣と付き合いながら、簡単にタバコがやめられる、最強の禁煙アイテムなんです。

ニコノンには、

タバコの快楽を初めて吸った時の様な不快に変えるオオバコ末とタバコの味が不味くなる松葉エキスが含まれています。

この成分に加えて

タバコを吸っていないのに
まるでタバコを吸っている時の様なリラックス感

感じさせてくれる成分もあります。

これらの成分があなたの禁煙をサポートしてくれますので
安心して禁煙を始めてください。

そして、ニコノンで禁煙するためには以下の3つを守ると効果的です。

ニコノン禁煙術1:
無理にたばこはやめない
ニコノンを活用して禁煙する場合は無理に禁煙をしないほうが成功する確率が高いです。
なぜなら禁煙というのは喫煙を禁止されている状態です。
無理に辞めれば余計に吸いたくなって失敗する可能性が高くなるのです。

ニコノン禁煙術2:
タバコをやめてやろう!という強い意気込みより、
なぜ吸っているのか?と考えるほうが効果的
結局はタバコをやめようとすることよりとにかくなぜタバコをすうのか考えるほうが、禁煙に近づいていきます。

先程もお伝えしましたが、依存性を断ち切るよりも、他にもっと楽しいものを見つけてそっちに目移りして自然と辞めちゃうほうが気持ちも当然楽ですしね。

何となく先進的だし、禁煙を楽しむことが大事です。

ニコノン禁煙術3:
「タバコが臭い」と思ったら禁煙が進んでいるサイン。
臭いを意識してみる。
ニコノンの良いところは、やっぱり臭くないことです。

タバコってほんと臭いんですよね。
服につくし、口も臭うし、あとは手が臭うのがほんと嫌でした。

喫煙所で「うわ、タバコ臭っ!」って思ったり、あとは喫煙者と話しているときに「こいつの口、タバコ臭っ!」って思ったら、禁煙が進んでいるサインです。

臭いのが嫌でタバコが吸えなくなっているはずです。
順調に禁煙できているので、そのままの調子でいきましょう。

もしタバコを吸いたくなったら、
息を止めて15秒待ってみてください。

たばこをやめると物足りないと感じることもあるかもしれませんが、ニコノンを飲み始めるとたばこへの欲求は減っていきます。

もし吸いたくなったら息を止めて15秒数えてみてください。
そうすることで、「タバコが吸いたい」という気持ちが薄らいでいきます。

例えばタレントのタモリさんは、1日60本吸うヘビースモーカーでしたが、「吸いたくなったら心の中で15秒数える」という方法で禁煙に成功したそうです。

どんなに強烈に「タバコが吸いたい」と思っていても、その欲望は15秒も続かないんです。

「タバコを吸う」という習慣に依存しているなら、その習慣とうまく共存していけばいいだけの話です。

  • なんとなく手持ち無沙汰で落ち着かない
  • 喫煙所で同僚と話することが好き
  • 吸うことが癖になって口元が寂しい

習慣化してることを一気に変えるのは誰だって難しいので、ニコノンで、禁煙生活をスムーズに進めることができてしまいます。

だってあなたは、タバコのからくりを理解しているのですから。

「吸いたい気持ちが出た」→「息を止めて15秒数える」というのを一度試してみて、ぜひノンスモーカーに向けた良い流れを作っていただきたいです。

私はあなたに、一刻も早く悪夢から解放されてほしいと思います。

喫煙者が生きにくいこの時代に、ノンスモーカーとして堂々と新しい扉を開いてください。

あなたが描く理想の未来を、現実のものにしていってください。

心の底から、自分自身を信じてあげてくださいね。

【新時代の禁煙グッズ ニコノン】
購入はこちらからどうぞ
あなたの将来、そして家族や周りの人のためにも
少しずつニコノンで禁煙をはじめて、
あなたらしい人生を生きて欲しいと思っています。

それでは、またどこかでお会いしましょう。

>>>今すぐニコノンを購入する