search
MENU
-->

女性のタバコが結婚を不利にする理由を紹介!

女性の禁煙  2017/06/14

「私、結婚したいのに相手が見つからないな」と思っている女性もいるのではないでしょうか?もしかすると、あなたが喫煙者だからかもしれません。そこで今回は、喫煙女性が婚活で不利になる理由を中心に紹介します。婚期を逃したくない方は、ぜひ禁煙に取り組んでみてはどうでしょうか?

タバコが嫌いなのは女性だけではない

現代では、タバコが嫌いだと答える女性も増えてきましたが男性も一緒です。いくら、周囲から「かわいい」、「きれい」と言われる女性でも、タバコを吸っているだけで男性から嫌われることも増えてきました。

今回の記事を読んでいただき、喫煙女性に対する男性の気持ちを知り、禁煙をする機会にしてみてください。

喫煙女性が婚活で不利になる理由とは?

早速ですが、喫煙女性が婚活で不利になる理由を紹介します。自分がどう思われているか想像しながら読んでみてください。

1.喫煙女性を彼女として紹介したくない

自分の彼女が喫煙女性だと、周囲の人から「女性を選ぶ目がないと言われるのでは…」と思われるのでは?と不安な気持ちになる男性もいます。特に世間体を気にする男性は、その傾向が強いです。

また、女性はタバコを吸ったらいけないと思い込んでいる男性も非喫煙女性を彼女にしたいと思うのです。

2.ヤンキーのイメージがある

タバコを吸っている女性を見ただけで「ヤンキー」、「軽そう」、「遊んでそう」なイメージを男性を持つ場合もあります。すると、外見が良い女性でも男性から相手にしてもらいづらくなるでしょう。

気軽に飲みへ行く相手としては、男性が付き合ってくれるかもしれませんが恋愛対象外になる可能性が高いです。

3.体力がなさそう

タバコを吸っていると、病気のリスクが上がるのはほとんどの人が知っているでしょう。そのため、喫煙女性に対して「体力が落ちているのでは?」と男性が思うかもしれません。

女性の健康状態を気にしだし、結局恋愛対象外とされる可能性も高くなるでしょう。

4.デート中にタバコばかり吸ってそう

喫煙女性に対して「デート中にタバコばかり吸うのでは?」と思う男性もいます。特に、普段からヘビースモーカーの女性はそう思われる可能性も高いです。

男性は、喫煙時間という無駄な時間を使いたくないのです。

5.タバコを強要されそう

彼女がタバコを吸っていると「彼氏にもタバコを強要するのでは?」とイメージする男性もいます。普段から「かまってちゃん」の女性だと、男性からそういうイメージを持たれやすくなります。

また気が弱い男性だと、彼女からタバコを強要された際に断れないと感じている場合も。その結果、喫煙女性と付き合おうという気持ちはなくなるのです。

6.体臭や口臭がきつい

タバコを吸っていると、身体中にタバコ臭が付きます。さらに、口内にもタバコ臭が染み付いているので会話をしている際に、タバコ臭を感じる場合も。

その結果、女性に対する関心もなくなり、最終的に喫煙女性は男性の恋愛対象外になるのです。女性だけではなく、男性も異性に対する体臭などを気にするので要注意です。

7.不快な想いをする

タバコのニオイが嫌いな男性は、近くでタバコを吸われることを嫌います。タバコによって不快な想いをしたくない男性は、喫煙女性と恋愛をしたくないと思うのです。

自分が快適な生活を送りたいと思う男性ほどその傾向が強いでしょう。

仮に喫煙女性が結婚をすると…

喫煙女性のなかにも、結婚できる方もいます。しかし、喫煙女性が結婚生活を送ることでさまざまなデメリットが起こる場合も。一体、どういう被害をもたらすのか見てみてください。

1.副流煙の被害が出る

家族に対して副流煙の被害を及ぼす可能性があります。

例えば、食事をする際など家族全員が近くにいるとき、タバコを吸っていると非喫煙者に副流煙がかかります。その結果、非喫煙者が受動喫煙の被害に遭う可能性も。

場合によっては、喫煙者よりも肺が真っ黒になるケースもあるようです。

2.病気になるリスクが上がる

喫煙者も病気になるリスクが上がります。特に、仕事をしている女性がタバコで病気になると、生活を送れなくなる恐れもあります。場合によっては、旦那様や子供に対する負担が大きくなるケースも。

最終的に、家族がギクシャクする原因になるかもしれません。

3.家計にダメージを与える

タバコを買い続けることで、家計にダメージを与える場合もあります。例えば、1箱460円のタバコを毎日2箱買っていると、タバコ代で毎日920円お金を使っていることになり30日間で27,600円です。

家や車のローンなど支払いが多い家族にとっては、タバコ代が痛手になるでしょう。

4.子供に悪影響を及ぼす

子供にタバコを吸っている姿を見せることで、子供が喫煙者になる可能性も高くなります。自分の子供が未成年でタバコを吸うと、学校や警察から呼び出され面倒なことになることも。

子供にタバコを吸ってほしくないのであれば、親もタバコを吸わない方が良いでしょう。

5.肌の劣化が早くなる

タバコを吸い続けていると、ビタミンCが破壊されるので肌の劣化が早くなる原因に。肌の劣化が進むことで化粧ノリも悪くなるかもしれません。

その結果、旦那様から愛想を尽かされる。あるいは、ママ友からの評判が悪くなる恐れもあります。年齢を重ねるのであれば、美しく重ねたいですよね。

6.親族内での評判が悪くなる

親族がタバコを吸わない人ばかりだと、喫煙女性は肩身が狭い思いをしなければならない場合も。喫煙女性に対して、悪いイメージを持っている人も多いです。

また喫煙女性との結婚を決めた男性も、親族から非難される場合もあるので、親族の集まりにも行きづらくなるかもしれません。

喫煙を隠している女性へ

喫煙女性のなかには、タバコを吸っていることを隠して男性とお付き合いをしている人もいるのではないでしょうか?ただ、おすすめできません。喫煙を隠すべきでない理由を紹介します。

タバコを吸っていることを内緒にしてもバレる

タバコを吸っていることを内緒にしても、バレる確率は高いです。さきほども話しましたが、体臭や口臭がきつくなります。また、自然に喫煙所へ視線がいってしまう恐れもあるので、男性から不審がられるかもしれません。

ケア用品をたくさん使っても、タバコを吸わない人には喫煙がバレている可能性もあります。タバコをごまかそうと思っても限界はやってくるのです。

隠れて吸い続けるより禁煙をした方が楽

隠れて吸い続けていると、内緒にし続けなければなりません。すると、精神的な疲れが襲ってくる場合も。疲れるのが嫌であれば、禁煙をした方が楽です。

禁煙をすれば、相手に隠し続けているという罪悪感も薄れるため、精神的に楽になるかもしれません。電子タバコや禁煙外来などを利用し、禁煙をしてみてはどうでしょうか?

タバコが辞められないのであれば相談するのも一つの手

禁煙をしようと決意しても、自分だけでは禁煙が難しい女性もいるでしょう。その際は、正直にタバコを吸っていることを話し、禁煙に協力してもらうのも一つの手です。

正直に言ってくれた女性に対して、男性が協力しようという気持ちになるかもしれません。1人だけで悩まないというのが大事です。

まとめ

女性の喫煙に対して偏見を持つ人も多いので、デメリットもたくさん発生します。周りの目も気にせず快適な生活を送りたいのであれば、禁煙することをおすすめします。

今までとは違う人生が待っているはずです。健康な身体をつくるためにも、禁煙にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
TOPへ戻る