1. TOP
  2. タバコが大好きな女性が喫煙し続ける理由と後悔する瞬間とは!?

タバコが大好きな女性が喫煙し続ける理由と後悔する瞬間とは!?

女性の禁煙
 

読者のなかには、タバコを長年吸い続けてる女性もいるのではないでしょうか?

タバコは身体に悪いと分かっていても、禁煙するのは難しいですよね。


ただ、タバコを吸い続けた女性のなかには、数十年経って後悔する方もいます。

そこで今回は、女性がタバコを吸い続ける理由と、喫煙女性が後悔する瞬間について探ってみたいと思います!

女性の喫煙率は大して変わってないのに、喫煙女性が増えている気がするのはなぜ?



JTの2017年調査によると、女性の喫煙者数は全国で「約491万人」と言われています。

2016年調査時と比べて「37万人」も減少しています。

しかし、それでも女性の喫煙者を見る機会が増えたと感じる方もいるのではないでしょうか?

はじめに、女性の喫煙者が増えたと感じる理由について見てみましょう。

1.女性の労働者が増えて、オフィス内で喫煙する女性を見る機会が増えた

総務省の労働力調査(※1)によると、女性の総労働者数は2006年は「2654万人」でしたが、2016年には「2801万人」になったとの結果が出ており、10年間で女性の労働者数は147万人も増えました

このなかには、もちろん喫煙女性も含まれています。

つまり、喫煙女性を大量採用した企業では、喫煙している女性の姿を見る機会が増えたため、女性の喫煙者を頻繁に見かけるようになったと感じるのです。

(※1)総務省「労働力調査(基本集計)平成28年(2016年)平均(速報)結果の要約 」(http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/pdf/index1.pdf#search=%27%E7%B7%8F%E5%8B%99%E7%9C%81+%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%8A%9B%E8%AA%BF%E6%9F%BB+%E5%A5%B3%E6%80%A7%27)

2.女性専用の喫煙所を見かける機会が増えた

女性専用の喫煙所が設置されている場所が増えたのも理由の一つです。

特に、東京や大阪、福岡など街中で見る機会が増えました


場所によっては、女性化粧室のなかに喫煙所が設置されているケースもあるぐらいです。

女性喫煙所の前を頻繁に通っている人は、喫煙女性が増えたと感じやすいでしょう。

女性がタバコを吸い続ける理由


この章からは、女性がタバコを吸い続ける理由について紹介します。

いくつ当てはまるかチェックしながら読んでみてくださいね!

1.仕事によるイライラ

働いている女性は、仕事でイライラしてタバコを吸い続けてしまうでしょう。

仕事では、小さなストレスが積み重なるケースが多いです。

なお、仕事でイライラする場面として、下記のようなものがあります。

部下や上司との付き合い(人間関係)が面倒

会社での人間関係が苦痛だと感じている女性は、タバコを吸いたい気持ちが高まります。

部署内に相性が合わない部下や上司がたくさんいると、出勤するだけで嫌な気持ちになるでしょう。

セクハラやパワハラが多い

最近では、少しずつ収まってきましたが、いまだにセクハラやパワハラをする従業員もいます。

男性従業員が多かったり体育会系の部署だと、セクハラやパワハラが起こりやすいかもしれませんね。

急にたくさん仕事を振られる

急に仕事をたくさん振られることが多い場合も、ストレスを溜めやすくタバコを吸う原因になるでしょう。

とくに、退勤時間直前に仕事を振られることが多いと、余計ストレスも溜まります。

若い女性ばかり可愛がられる

部署内で、他の若い女性が上司から可愛がられるのも、ストレスを溜める原因に。

上司によっては、若い女性にだけ甘やかす人もいます。

その光景を見るたびに、ストレスが溜まりタバコが止まらない状況になるでしょう。

2.育児によるイライラ

子どもがいる母親の場合は、育児をしている方も多いと思います。

ただ、育児をしていると子どもが言うことを聞かなかったり夜泣きで寝られなかったりします。

その結果、プライベートでストレスが溜まりタバコを吸い続ける人もいるのです。

3.喫煙以外にすることがない

時間の潰し方が喫煙以外思いつかない女性も、惰性でタバコを吸い続けるでしょう。

逆に、運動など禁煙することでスキル・能力が上がる趣味を見つけられれば、タバコを辞める意志も強くなるはず。

あなたも「タバコを吸うのがもったいない…。」と思える趣味を見つけてみませんか!?

4.お酒が好きだからタバコも辞められない

お酒とタバコのセットが大好きな女性も、禁煙するのは難しいです。

まずは、晩酌や飲み会へ行く回数を減らしてみてください。

さらに、お酒も極力ノンアルコール飲料に変えましょう!

タバコを吸う習慣も消えていき、卒煙に一歩近づくはずですよ!

5.禁煙をしたけど失敗した

禁煙を頑張ったけど失敗した方は、単に禁煙方法があなたに合っていなかっただけです。

逆に言えば、あなたに最適な方法が見つかれば、タバコを辞めるのは簡単ということです。

自分の性格などを考えた上で、慎重に禁煙方法を選んでください。

例えば、口寂しささえ解消されれば良いのであれば「電子タバコ」を。
1人での禁煙が難しいと感じている方は「禁煙外来」を。

というように、何を解消できればタバコを吸いたい気持ちにならないか考えてみてください!

その結果、最適な禁煙方法が見つかるはずです。

喫煙女性のなかには、タバコを吸い続けて後悔する人もいる


喫煙女性のなかには、何十年も喫煙している方もいますが、タバコを吸い続けて後悔する女性がいるのも事実です。

そこで最後に、どのような場面で後悔しやすいか見てみましょう。

今、後悔していない方も、年齢を重ねるにつれて気持ちが変化することも多いので、自分事だと思って読んでみてください。

1.体調不良など病気が増えたとき

タバコによる病気が増えた場合、「辞めとけば良かった」と思う場合が多いでしょう。

いろいろな病気がありますが、一番しんどいのは治らない病気のケースです。

例えば、肺の病気である「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」にかかると、低下した肺機能は元に戻りません

重症化している場合は一生涯、酸素注入器を付けて生活しなければならないと言われています。


つまり、完治がない病気だと一生戦い続けなければならないのです。

人間は、タバコを吸わなくても加齢によって病気のリスクも必然的に上がるので、タバコはやめるべきなのです!

2.声枯れをして女性らしい声が失われたとき

タバコを吸い続けると、声枯れする女性もいます。

その結果、女性が発する高い声を出すのが難しくなるでしょう。

とくに、普段からお酒をたくさん飲む女性だと「酒焼け」も生じるので、余計声枯れをしやすいでしょう。

3.タバコ代のせいで、お金が貯まらなかった事実を受けいれたとき

タバコを吸い続けた結果、お金が全く貯まらなかったことに気付いた女性も、自身の喫煙を後悔するでしょう。

思ったよりお金が貯まってないと思う方は、今までにタバコ代でどのぐらいお金を使ったか計算してみてください。

仮にですが、1箱470円のタバコを毎日2箱購入していた場合、1カ月間(30日)で、28,200円。1年間(365日)で343,100円。10年間(3650日)で3,431,000円です!

例え、1日1箱の購入だったとしても、10年間で1,715,500円遣っていることになるのです!

これってもったいないと思いませんか!?

4.子どもがマネをして喫煙し出した

自分の喫煙を子どもがマネし出したときに、ショックな気持ちになる喫煙女性もいるでしょう。

とくに、子どもが未成年で喫煙していた事実を知ったとき、「私が子どもの前でタバコを吸わなければ…。」と後悔する女性も。

なかには、母親の喫煙姿を見て「絶対にタバコを吸わない!」と決意する子供もいますが、少なくとも子どもに喫煙させたくなければ、母親がタバコを吸わないのが一番です。

清楚だった女(男)の子が、愛煙家になったらショックですよね?

5.家族へ受動喫煙の被害を与えた

副流煙のせいで、家族が病気になった場合も喫煙女性は後悔するでしょう。

病気の程度によっては、症状が深刻で手遅れな場合もあります。

とくに、未成年の場合、身体が完全に発達しきっていないので、副流煙の影響を受けやすいので、家族がいる近くで喫煙するのは辞めるべきです。

あなたは、タバコで取り返しが付かない状況になっても良いですか?


喫煙は短期間では、身体に症状が出ることも少ないです。

しかし、長期間吸っていると取り返しがつかない状況になる場合もあります。

場合によっては、タバコの吸い過ぎが命にかかわることもあるのです!


元気な身体病気を多発する身体、どちらが良いでしょうか?

もし、少しでも病気リスクを減らしたいと考えている方は、ぜひとも卒煙をしてみませんか?

※本記事の情報などは2018年1月現在のものです。

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kengo

kengo

2015年より専業のフリーライターとして活動しております。
このHPでは、私の禁煙体験も交えながら紹介させていただいています。

運営者情報