1. TOP
  2. どうしても禁煙できない女性でも、タバコをやめられる5つのコツ

どうしても禁煙できない女性でも、タバコをやめられる5つのコツ

今度こそ禁煙したい!そう固く決意したつもりなのに、なかなかうまくいかない。
何度禁煙に挑戦しても、どうしても挫折してしまう。
これは決して、あなただけではありません。

これには、女性ならではの問題も関係しているもの。
禁煙できないからと言って自分の弱さを責めるのではなく、禁煙のやり方のコツを探りましょう!
やり方を見直せば、きっと成功へぐっと近づけることが可能なはずです。

 

女性の禁煙は実はとても難しい


厚生労働省が調査している成人喫煙率によると、このような結果が出ています。
  • 【男性の喫煙率】
    平成10年:50.8%→平成26年:32.1%
  • 【女性の喫煙率】
    平成10年:10.9%→平成26年:8.5%
過去15年間で男性の喫煙率はガクンと20%も下がっているのに、女性はたったの2%しか下がっていません。
もちろん、もともとの母数も違うので、同じように比較するのは難しいでしょう。
でも、この数字を見てみると、男性よりも女性の方が禁煙が難しい(禁煙成功者は少ない)、と考えることができます。

 

女性がなかなか禁煙できない理由


女性は男性に比べても、何かをやめるのが難しいという一面があります。
周囲への気遣いができる優しさや、女性らしい一面が、禁煙などでは裏目に出てしまうことがあるのです。

 

女性はホルモンバランスに大きく左右される

そもそも、女性はホルモンの状態によって体の中がガラッと変わります。
生理が来たら疲れやすくなるし、排卵から生理まではこの時期だというだけで精神的にイライラしやすい状態になります。
この期間に習慣化しているタバコをやめるというのはとても難しいです。
この時期をどうやって乗り越えるか考えることこそ重要と言っても過言ではないほどです。

 

女性は理性より感情を重視する生き物

男性の場合、理性的にタバコをやめることに納得できたらあとは根気で乗り切れるという方も多いです。
でも、女性の場合はなかなかそうはいきません。
どうしてもその時の気持ちに左右されてしまいがちなのです。

これは、太るとわかっていてもつい食べ過ぎてしまうことと同じこと。
それを上回るメリットがある!喜びが待っている!という気持ちの面での納得度を高めることも女性の禁煙成功には欠かせない要素です。

 

協調性が高いからこそ、周りに流されてしまう

調子も良く、気持ちの面でもなんとか乗り越えられそうでも、女性の場合、最後の難関が待っています。
それは、周囲の反応です。

周りの友達がタバコを吸っていたら、自分だけ吸わないわけにはいかない。
自分だけ禁煙するというのは悪い気がする…。
女性ならではの優しさゆえに、「禁煙するつもりだったけれど仕方がないから1本だけ…」という状況に流されてしまいがちです。
禁煙を成功させるためにはこの周囲の反応も先にきちんと対策しておかないといけません。
これも女性ならではの大変さでしょう。

 

女でも禁煙を成功させる!挫折しない5つのコツ

男性なら、禁煙しようと決めたら比較的マイペースでストイックに取り組んでいくことができます。
女性の場合は、自分の体調を見極め、周囲にも協力を仰ぐという事前の準備が重要です。

思いつきで禁煙するのではなく、カレンダーを見て禁煙する日を決めて、しっかり準備した上で挑んだ方が成功率を高められるでしょう。

 

禁煙スタートはホルモンバランスがベストなタイミングで


まず、禁煙をスタートする日におすすめなのは、生理終了直後の平日です。

生理終了直後はエストロゲンという女性ホルモンが優位になる時期です。
このホルモンは幸せホルモンとも呼ばれるホルモンで、集中力を高めたり気楽な気持ちを作り出してくれます。
このホルモンに乗っかって、できるだけ気楽な気持ちで過ごせる時に禁煙を始めると、スムーズに進めやすいものです。

生理中に禁煙を開始するのも良いかもしれません。
ただでさえ疲れやすくなる時期で、たばこすら美味しいと感じられないという方が多い時期です。
この時期にあえてはじめて、生理終了後まで軌道に乗せてしまうという方法も良いかもしれません。

 

禁煙することを周囲にたくさん話しておく


いざ禁煙するという日を決めたら、次は自分が禁煙することをできるだけたくさんの人に話しておきましょう。
特に自分のことを怒ってくれる親友や彼氏、家族にはしっかり話しておくと、いざ挫折しそうになっても監視の目になってくれるはずです。

また、喫煙友達にも先に禁煙することを話しておけば、喫煙所に誘われたりするのも避けられるはずです。
できるだけたくさんの人に話して、できるだけ後戻りできないような状況を作っていきましょう。

 

毎日誰かに褒めてもらうように頼んでおく


自分の意思の弱さは自分が1番知っているものです。
禁煙に挫折してしまってから怒られても落ち込むだけで何のプラスにもなりません。

それならばいっそ、禁煙に取り組んでいる最中に禁煙できていることを毎日褒めてもらえるように誰かに頼んでおくと良いでしょう。
家族や彼氏など、本当に褒められたら嬉しい人に頼むのがおすすめです。
女性は褒めてもらうと思った以上のパワーを出せることも多いものです。
実際に頼むのはちょっと気恥ずかしさもあるかもしれませんが、これを行うと気持ちの整理がつけやすくなるはずです。

 

吸わなかった貯金を実践してみる


禁煙していくのは目に見えません。
そのせいでなかなか達成感を感じられず、もういいや、と諦めてしまうことも少なくありません。

これを避けるために、目に見える達成感を用意しておくのも良い方法です。
特におすすめなのが、吸わなかった貯金です。
1日1箱吸っていたなら、朝起きてすぐに毎日1箱分を貯金箱に貯金してしまうのです。
すると、徐々にお金が貯まっていく達成感も得られるし、毎日自分の決意を確認することもできます。

「これで貯まったお金で豪華ディナーを食べに行く!」などの自分へのご褒美を用意しておくとより楽しく取り組めるでしょう。

 

タバコを吸いたい状況ごと避ける


禁煙はニコチン中毒から脱却することです。
習慣をやめることになるので、意思の力が関係あると思われがちですが、中毒なのでここに意思の力はあまり関係ありません。

中毒症状が抜けるまでは、物理的にこんな状況へ自分を向けないように注意してみてください。
  • タバコを必ず吸っていたお酒の席
  • いつもタバコを吸っていた喫煙所
  • 一緒に喫煙所へ行っていたタバコ友達
  • 毎日必ずタバコを吸っていたタイミング
特に注意したいのは、居酒屋での飲み会や行きつけの喫煙所です。
可能なら「もう大丈夫、タバコはやめられた」と思えるまで、タバコを吸いたくなる場所はできるだけ避けてしまいましょう。
やりすぎかも?と思えるくらい集中して禁煙してみても、結果的には良いことが多いはずです。

 

禁煙以外は自分を甘やかしながら取り組みましょう!

これだけ環境を整えたら楽勝で禁煙できるかというと個人差が大きいものです。
2日で楽になったという方もいれば、10日間は辛かった…という方もいます。
どちらにせよ、禁煙するのは自分が思った以上にパワーがいるものです。

辛い期間から乗り越えられるまでは、ダイエットなどのしんどいことはできるだけ休みましょう。
多少太ったって、禁煙に成功できれば代謝が上がってあとでちゃんと取り戻せます。
自分のことを許し甘やかしながらできるだけ体を慣らしていくのも、女性の禁煙を成功させるポイントです。

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bonnie

bonnie

禁煙歴はもう5年以上。面倒くさがりでもできる美容を極めようとしています。

運営者情報