1. TOP
  2. あなたも当てはまるかも!女性が禁煙するきっかけ

あなたも当てはまるかも!女性が禁煙するきっかけ

近年になって、多くの人がタバコによる身体への影響を知るようになりました。とはいうもの、実際にタバコをやめようと思っても、行動に移すのが難しいという人も多いはず。または、今のところ、タバコをやめるつもりはないという人もいるかもしれません。

この記事では、禁煙を成功させた女性たちが、どんなことをきっかけに禁煙を決意したのか紹介します。

 

きっかけ1 美容のため

美容への影響を考えて、タバコをやめた人がいます。「スモーカーフェイス」と呼ばれるように、タバコを吸うと年齢よりも老けて見えるようになります。タバコが美容面に与える影響は以下のものがあります。・シミ
  • シワ
  • たるみ
  • 目の下のクマ
  • 歯のヤニ
  • 歯肉がどす黒くなる
タバコによる老け顔でよくアップされるのが、双子の比較写真です。同じ年齢で同じ遺伝子である双子でも、タバコなどの生活習慣により顔の老け方に差ができるのです。

タバコが美容の敵となる理由は、有害物質を含んでいるため。タバコを吸うと、血行が悪くなることで、肌のハリにも影響を与えます。さらに、タバコを1本吸うと、レモン半個分のビタミンCが消費されるといわれています。

女性の中には、ダイエットやメイクなど美容に気を遣っている人も多いはず。高価な美容液を使うのもよいですが、タバコを吸っているのならまずは禁煙することが美容に効果的ですよ。

 

きっかけ2 婚活のため

最近では、結婚を考える女性が婚活をきっかけにタバコをやめることも。実は、男性の6割がタバコを吸う女性を結婚の対象外として見ているというアンケート調査結果があります。男性が女性のタバコを嫌う理由には以下のものがあります。
  • もともとタバコが嫌い
  • 清潔感がない
  • くさいから
  • 子どもを産んでほしくないから
  • 自己管理ができなそう
  • 性格がキツそう
喫煙の事実として、「くさい」や子どものことを理由に挙げるのは分かるのですが、タバコを吸う女性を勝手に妄想化している部分もありますね…。

とはいえ、タバコを吸っている=第一印象が悪くなることは事実。タバコを吸っている女性で、恋人が欲しい人や結婚願望のある人は、禁煙に取り組んでおいた方がよいでしょう。

 

きっかけ3 結婚

男性の喫煙女性に対するイメージがあまりよくないようですが、タバコを吸っている女性が結婚できないというわけではありません。喫煙女性の結婚相手は喫煙男性が多いといわれています。

しかし、タバコをやめた女性の中には、夫がタバコ嫌いで結婚を機に禁煙をしたという人も。結婚を機にタバコをやめた女性に多いのが、付き合っている期間は現在の夫に喫煙していることをナイショにしていたというケース。

別々に住んでいる恋人同士なら、タバコを吸っていないふりもできますよね。しかし、結婚して一緒に住むようになると、隠れてタバコを吸うことは難しくなります。実は妻がタバコを吸っていた、ということにショックを受ける夫も多いとか。夫婦で話し合って、夫の協力を得ながら禁煙をしていきたいですね。

 

きっかけ4 妊活のため


近年になって、自然妊娠が難しく妊活に励む夫婦が話題になることが多くなりました。妊娠ができない理由には、結婚の高齢化やホルモンバランスの崩れなどが指摘されていますが、タバコも不妊の原因の1つです。

タバコを吸う女性は、不妊のリスクが2倍であることが分かっています。さらに、生殖能力は、タバコを吸わない女性の7割程度というデータも。タバコを吸うと、月経や生殖機能に異常を起こすことがあります。また、男性の喫煙では精子が減少する可能性も。

妊娠を望んでいるカップルは、男女で協力して禁煙に取り組みたいですね。

 

きっかけ5 妊娠

女性の中でも、自分のお腹の中に子どもができたことで、禁煙を決意する人もいます。妊婦さんの喫煙は、妊娠中のリスクを上げるだけでなく、お腹の中の赤ちゃんにも影響を与えることは、多くの人が知っているでしょう。具体的には以下のような影響があります。
  • 赤ちゃんが低体重で生まれる
  • 赤ちゃんがより早く生まれる
  • 妊娠時の合併症のリスクが上がる
  • 生まれた赤ちゃんの突然死のリスクが上がる など
妊娠がきっかけにすんなりタバコをやめることができたという人もいれば、お腹に赤ちゃんがいても、タバコをやめられなかったという人も。妊娠中にニコチンやタールが少なめのタバコを吸っていても、禁煙と同じメリットは望めません。

妊娠中のタバコがやめられない人は、医療機関に相談してみましょう。

 

きっかけ6 自分の年齢を意識して

喫煙女性の多くがはじめてタバコを吸い始めた年齢が、高校生など未成年のときが多いのではないでしょうか。タバコを勧めたのが友人にしろ、恋人にしろ、大人に内緒で吸うタバコはなにか格別なものであったのかもしれません。

若気の至りでタバコを始めたという人も、ふと自分の年齢を意識して、もう自分があの頃の子どもでないことに気づく人もいます。当時はカッコいいイメージがあったタバコも、今の時代ではむしろダサいと思われてしまうのは、なんだか残念ですよね。

 

きっかけ7 節約のため


タバコをやめるきっかけでも多くみられるきっかけの1つが、節約です。現在タバコ1箱はおよそ440円。一回に購入費用はワンコインですみますが、これが積み重なると、かなりの負担になりますよね。

ここ十数年でタバコの値段は1.8倍になってますが、国の禁煙対策や税対策により、今後ますます値段が上がる可能性も。海外では、ごく普通の紙巻きタバコが1箱が1000円以上という国もあるほどなので、これを理由にじわじわと値上がりしていくかもしれません。

「タバコが500円になったら、禁煙しよう」と考えている人も、今から禁煙に取り組んでみることをおすすめします。

 

きっかけ8 自分の健康を意識したとき

今ではテレビや本でも、タバコが健康に悪いということは、嫌というほど聞く世の中。喫煙女性の誰もが、タバコはなんとなく悪いものというイメージはあるものの、普通に生活できれていれば、すぐにやめようとは思わない人はいるでしょう。

しかし、30代40代になり、少し大きな病気にかかったことをきっかけにタバコをやめようと決意するものです。自分の健康と向き合ったときに、タバコがそれほど価値のあるのものなのか考えてみてください。

もちろん、禁煙の意思があるのなら、病気になる前にタバコをやめるようにしたいものです。

 

きっかけ9 身近な人がタバコで病気になった

タバコをやめるきっかけとなるのは、自分自身の健康に問題が起きたときではありません。家族や友人など身近な人が、タバコが原因で病気になったことで、禁煙を決意する人もいます。中には、実際に親しい人が亡くなる場面に立ち会うこともあるでしょう。

タバコがリスクとなる病気なものがさまざまなものがありますが、代表的なものが肺がんやCOPDなどの呼吸器系の病気です。呼吸器の病気が進行していくと、肺の機能が低くなることで、やはり「苦しい」思いをするものです。

喫煙で命を落とすことは、このままタバコを吸い続ければ、自分にも起こりうる未来です。

 

まとめ

女性が禁煙を始めるには、いろいろなきっかけがあります。禁煙を始めるのに遅いということはありませんが、早いほどメリットも大きくなります。今まで、タバコをやめたいと思っていたものの、行動にまで至らなかった人も、まずは禁煙の方法について情報を集めるなどしてみてはいかがでしょうか。

参考

松岡多香子ほか / 女性とタバコ / square.umin.ac.jp/nosmoke/text/1-12female_tobacco.pdf

 

 

 

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

風上マキ

看護師として呼吸内科の勤務経験があります。卒煙を考えているみなさんに有益な情報をお届けします。

運営者情報