1. TOP
  2. 30歳の女性が禁煙したくてもできない時に知っておくべきこと

30歳の女性が禁煙したくてもできない時に知っておくべきこと

30歳。自分のことを女子とは言いづらくなってきて、そろそろいろいろ考えないとなあ、なんて思い始めるお年頃。
キャリアアップやライフステージの変化で、自分の環境がガラリと変わることが多いのも30代ならでは。
そんな中でタバコをやめることを考え始める人もいるでしょう。

でも一方で、30代の女性は何かと忙しいもの。
禁煙したくてもなかなかうまくいかない!という方も多いです。
そんな時はぜひ、タバコについて1度しっかり向き合ってみてください。
この時期だからこそ、考え方を見直していくことで禁煙成功へつなげていけるはずです。

 

女性だからこそ、将来後悔しないために考えておきたいこと

30代女性は忙しい。
でも、ちゃんとしておかないと後で悪い結果を生み出してしまうことが多い時期でもあります。
今はまだ大丈夫、と思えることでも、それが取り返しのつかないことになることも本当にあるのです。

なんとなく自分は大丈夫、と思っていてもそれがどうなるかはわかりません。
後悔しないためにも、自分自身の将来設計と一緒にたばことの付き合い方も考えてみてください。

 

将来妊娠したいなら禁煙は今のうちに


タバコは特に妊娠や生理など女性ならではのことに大きな影響を及ぼします。
そもそも、妊娠したらお腹で育ち始めた赤ちゃんをあらゆることで苦しめることになるので、絶対に禁煙しなくてはいけません。
喫煙によって血管が収縮するため、赤ちゃんに栄養が届きにくくなってしまいます。
でも、タバコをやめた方が良いという理由はそれだけではないのです。
  • そもそもタバコは女性ホルモンのバランスを崩す
  • タバコのせいで不妊になる可能性もある
  • 生理のトラブルを悪化させる原因にもなる
  • タバコは子宮頸がんのリスクを上げてしまう
  • 妊娠中には流産や胎児死亡のリスクも高まる
1日20本以上喫煙している女性の場合、妊娠を希望していても1年以上かかるケースが非喫煙者の3倍にも及ぶこともわかっています。
最悪のケースでは卵管性不妊を起こし、子宮外妊娠を余儀なくされることもあるのです。

そうでなくても、タバコは女性器へ悪い影響が起きやすいもの。
生理痛の悪化や子宮頸がんのリスクを高めるなど、女性の体を蝕んでいるのは確かです。

 

タバコが及ぼす健康被害


タバコは健康に大きな被害をもたらすことはすでに知られている通りです。
血管が収縮したり、体を冷やしたり、肺にダメージを与えたり、脳にまでダメージを与えたり…。
この結果、病気のリスクも高めることになってしまうのは確かです。
  • 肺がんは非喫煙者の4.7倍
  • うつ病のリスクは非喫煙者の1.6倍
  • 糖尿病のリスクは非喫煙者の1.5倍以上
  • メタボのリスクは非喫煙者の1.3〜3.4倍
  • バセドウ病のリスクは非喫煙者の3.3倍
他にも、食道がんや乳がん、胃がん、骨粗しょう症や喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など様々な病気のリスクを高めることがわかっています。
もちろん、赤ちゃんに起きる乳幼児突然死症候群の発症リスクが高まるのもよく知られている通りです。

 

突然死を起こす原因にもなる


ガンなどの病気の他にも、タバコは重大な疾患を引き起こすリスクも高めています。
それが、突然死の原因にもなる、心筋梗塞や脳梗塞などの心血管疾患です。
  • 心筋梗塞はリスク非喫煙者の2.9倍(女性の場合)
  • 脳卒中のリスクは非喫煙者の3.9倍(女性の場合)
  • 動脈硬化のリスクは非喫煙者の3.8倍
突然死なんて考えられない!と思われるかもしれません。
でも30代後半になると、死亡される方の死因第3位に心疾患は入ってくるのです。
特に、毎日忙しくて生活が不規則だったり、食事も外食が続いていたりといった条件が揃うと、そのリスクは高まります。
特に独身の場合、突然異常が起きても誰にも対処してもらうことができず、そのまま手遅れになることもあるとのことです。

 

ニコチン依存症はある意味病気


そもそも、喫煙者はニコチン依存症という病気です。
喫煙をしている時点でもうしっかり病気を患っているとも考えることができます。

タバコが吸えなくてイライラ…。
喫煙所が見つからなくてイライラ…。
タバコを嫌がられてイライラ…。

これらの原因もすべて、ニコチンに依存してしまっているからこそ起きているストレスです。
忙しくて大変で、なかなかリラックスする暇もできないからタバコを吸っている、という方もいるかもしれません。
でも、そのせいで逆にストレスを増やしています。
タバコには脳の働きを一瞬だけ加速させますが、その後ガクンと鈍くする働きがあります。
この鈍くなった働きをまた一瞬加速することができるから、タバコを吸うと自分の気持ちがスッキリできると誤解してしまうのです。

喫煙者と禁煙成功者のストレス度合いを調査した結果によると、禁煙成功者はそれだけでストレスの度合いが6割〜半分にまで減少したという結果も出ています。
タバコをやめない限り、ストレスの原因はなくなりません。
まずはそれを自覚する必要があるでしょう。

 

今大丈夫でも、肌に影響は必ず起きる


喫煙すると、肌がボロボロになるとよく言われます。
でも、喫煙しているけれどそれはまったく感じない、という方もいるでしょう。
ただ、まだ肌にあらわれていないだけかタバコによるものだと気づいていないだけだという可能性が高いです。

タバコは確実に肌に悪影響を与えています。
  • 活性酸素がたくさん発生してシミの元がたくさん作られていたり
  • 肌の代謝を阻害して肌荒れやニキビの回復を遅らせていたり
  • ビタミンCを破壊してコラーゲン生成の機会を減らしていたり
  • 血中から酸素を奪って肌や唇をカサカサに乾燥させたり
  • 活性酸素によってエラスチンが分解されたり
  • タバコのヤニで肌を全体的にくすませたり
  • タバコの煙のせいでシワができやすくなったり
挙げだしたらきりがないほど、美容面でも多くの影響が出ています。
特にエラスチンの分解やコラーゲン生成の阻害は、肌の弾力を失わせてたるみを引き起こしたりやちょっとしたことでもシワをできやすくしたりします。
これは若い間は問題が表面化されにくいものの、ある一定の年齢を越えると急にダメージが肌に現れ出すものです。
大丈夫だと思っていたら、どんな高級クリームもエステも太刀打ちできないほどガクンと肌が変わる日がきてしまう可能性だってあります。
もちろん、タバコを吸っているからこそ、この影響がずいぶん早く出てしまい、気がついたら周囲よりもずいぶん老け顔に…ということも起こり得るのです。

肌に別に問題がなかったという方の中にも、禁煙してはじめて、基礎化粧品の効果がとてもよくなった!と自覚した方もいます。
肌のくすみに気がつかず、禁煙したら肌が白くなって驚いた!という方もいるんだとか。

今、大丈夫だから…というのは何の安心材料にもなりません。
美容面でも禁煙は何よりの特効薬になるはずです。

 

禁煙するだけで解決できる問題は多い

忙しくてなかなか余裕が持てない30代。
20歳からタバコを吸い始めて、もう10年以上経ってしまった、という方も少なくないでしょう。
人生の1/3もタバコと付き合ってきたことになるので、今はまったく何の影響も感じていなかったとしても、そろそろ何か重大な問題が起きてもおかしくない時期がやってきます。

タバコによって起きるこれらの問題は、すべて禁煙によって解決するものです。
自分の将来のことをしっかり考えて、この機会にぜひタバコとの付き合い方も考えてみてください。
きっとしばらくしてあの時考えておいて良かった、と思える日がくると思います。

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bonnie

bonnie

禁煙歴はもう5年以上。面倒くさがりでもできる美容を極めようとしています。

運営者情報