search
MENU
-->

女性が車の運転中にタバコを吸うのはアリ?ナシ?それぞれの考えを挙げてみました!

女性の禁煙

女性のなかには、車を運転しながらタバコを吸っている人もいるのではないでしょうか?運転しながらの喫煙って気分をいやしてくれますよね。私も、禁煙前に車内で喫煙していた経験があるので分かります。しかし、運転しながらタバコを吸う女性に対して持っている印象は様々です。

そこで今回は、運転しながらタバコを吸う女性に対する「賛成意見」、「反対意見」をそれぞれ紹介させていただきます。

車を運転しながらのタバコは気持ち良いけれども…

喫煙者自身は心地よくても、他の人に迷惑をかけている場合もあります。タバコが嫌だけど本音を言えない人もいます。車内での喫煙が周りの人にどのような印象を与えるのか、想像しながら本記事を読んで頂けると幸いです。

車を運転しながらタバコを吸う女性に対する意見

早速ですが、車を運転しながらタバコを吸う女性に対する意見を紹介します。賛否の声を見てみてください。

賛成派

1.車の運転はストレスが溜まるから

車の運転は、ストレスが溜まるから車内で喫煙されてもしょうがないという意見を持っている人もいます。特に、長距離・長時間運転の場合は睡魔が襲ってくることもあり集中力が落ちやすくなるため、タバコを吸いながら運転をする女性を支持する人もいるようです。

2.自分も車内でタバコを吸っているから

喫煙者の多くは、運転中にタバコを吸ってもしょうがないと思っている人もいます。なかには、運転中にタバコを吸ってもらった方が、気兼ねなくタバコを吸えるから助かると答えている人も。

ドライブをしているときも、喫煙者同士の方が気楽な気持ちになれる人もいるようです。

3.ワイルドな感じがしてカッコ良い

車の運転をしながら、タバコを吸っている女性はワイルドでかっこ良いと答える人もいます。ヤンキーの雰囲気や、男っぽい雰囲気を醸し出した女性がタイプな人は、運転中にタバコを吸われても抵抗がない人も多いです。

ただタバコが似合わない女性に対しては、喫煙してほしくないと思っている場合もあります。女性のタイプによって、喫煙のOK/NGが変わるのも事実です。

4.ひとごとだから興味ない

車の運転中にタバコを吸われても、ひとごとだから興味がないので反対する理由がないと思っている人もいます。喫煙は、人の自由だから「口酸っぱく言う必要がない」と寛容な意見を持っている人も存在します。「車の運転中にタバコを吸うのがダメ」と決めつけるのは良くないと思っている人がいるのも事実です。

反対派

1.運転しながらタバコを吸う女性にドン引きする

女性の喫煙姿にドン引きする意見があります。「女性らしさがない」、「下品」などネガティブな印象を持つ人も。また、最近ではタバコを吸っている女性が苦手な男性も増えています。そのため、タバコを吸っているだけで恋人が出来づらい場合も。

さらに「女性=タバコ」のイメージが結びつかない人も、運転しながらタバコを吸う女性を受け入れられないようです。

2.車からタバコのポイ捨てをする女性がいるから

車からタバコをポイ捨てする女性もいるので、運転中の喫煙を受け入れられない人もいるようです。タバコの灰を路上に落として、街を汚してほしくないと思っている人に多いでしょう。

マナーが悪いという印象を持つ人もいて、周囲の人から敬遠される場合もあるので要注意です。

3.タバコを無理に吸わそうとしてくる

運転中にタバコを無理に吸わそうとしてくるから嫌だという人も。愛情表現として、自分のタバコを相手に吸ってほしいと思っている女性もいるようです。

タバコが苦手な人や潔癖症の人からすれば、相当苦痛に感じるでしょう。断りたいと思っても、堂々と言い切れない人は泣く泣く喫煙してしまうケースもあるのです。

4.同乗しているのが恥ずかしい

運転中にタバコを吸っている女性と、車に乗っているのが恥ずかしいと答えている人もいます。喫煙女性と同乗していることで、自分の価値が落ちないか不安に感じている場合もあります。

また彼女の喫煙者の場合、付き合っていることが他の人にバレたくないと思っているケースも。最終的には、彼氏から別れてほしいと言われる恐れもあるでしょう。

5.現代ではありえない

タバコを吸いながらの運転は、現代ではありえないと思っている人もいます。特に、20代などの若者を中心にタバコを吸いながらの運転は「時代遅れ」だと感じている人も。

嫌煙化の波が到来していることもあり、喫煙しながら運転をしている女性に対して嫌な気持ちを持つ人もいるようです。

車内喫煙のデメリット

賛成派と反対派の意見を紹介しましたが、現代では反対派の意見が多いです。しかも、車内喫煙にはデメリットもたくさんあります。最後に、車内での喫煙がなぜ悪いのか紹介します。

1.タバコのニオイが車内にこもる

車内でタバコを吸い続けることで、ニオイがこもりやすくなるので、非喫煙者の人にとっては苦痛な空間になる場合も。窓を開けてタバコを吸っていたとしても、風向きによって車内にタバコの煙がが入り込むでしょう。

しかも、タバコにはアンモニアなど悪臭を発する成分も含まれています。これらのニオイがシートにこびり付き、他の人に不快感を与える場合もあるのです。

さらに、人によってはタバコのニオイで吐き気がやってくる場合もあります。例え、タバコのニオイ消しを使ったとしても、ヤニのニオイは残った状態のままなので要注意です。

2.車内が汚れる

タバコのヤニが原因で、車内が汚れやすくなるでしょう。特に、車内のシートなどが白の場合は黄ばみが目立ちます。そのため、車を売却しようとした際に価値が下がる恐れもあるので要注意です。

3.受動喫煙の被害を与えやすい

車内はとても狭い空間です。その結果、タバコの副流煙を浴びる確率が上がり受動喫煙の被害を与える場合も。受動喫煙の被害を受けると、ガンや肺の病気などにかかるリスクが高くなります。病気によっては、喫煙者よりも発症リスクが高くなる恐れもあるので要注意です。

特に、乳幼児など身体が成熟しきっていない子の近くで喫煙すると、多大な被害を与えるケースもあります。周りの人に迷惑をかけないようにしましょう。

4.運転中にとっさの対応が取りづらい

タバコを吸いながら運転すると、注意力が散漫になる恐れもあります。前や横を意識しながら運転しなければならないのと同時に、タバコにも気を付けなければなりません。そのため、交通事故を起こす原因になることもあります。

さらに、タバコを片手に持って運転することでハンドルさばきが雑になる恐れも。安全運転をする上でも、タバコを吸いながらの運転は危ないのです。

5.車内で吸いかけのタバコを落とすと大惨事になることも

誤って車内にタバコを落とすと、大惨事につながる恐れもあります。椅子のシートにタバコを落とすと焦げますし、自分の身体に吸いかけのタバコを落とすと「やけど」をします。そのため、車内での喫煙は危険です。

また、助手席に座っている人の目にたばこの灰が入ると、失明する恐れもあります。タバコによる被害を出さないためにも、車内でタバコを吸わない方が良いのです。

まとめ

運転中に喫煙している女性は、いろいろな面で不利益を被ることもあります。そのため、仕事面やプライベート面で悪影響を及ぼす恐れも。運転中の喫煙を辞めることで、タバコによる被害のリスクを抑えることも可能です。

場合によっては、今まで以上に良い印象を与えられるようになるかもしれません。もし、車内での喫煙を辞めようと思っている人は、これを機に卒煙してみてはどうでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。
TOPへ戻る