1. TOP
  2. 元ヘビースモーカーの舘ひろしさん 禁煙成功の秘密

元ヘビースモーカーの舘ひろしさん 禁煙成功の秘密

禁煙する方法
この記事は約 7 分で読めます。 6,012 Views

世の男性達の禁煙の見本モデルともいえる、俳優の舘ひろしさん。今でこそ禁煙家のイメージが強い舘さんですが、禁煙をする前まではかなりのヘビースモーカーでした。現在タバコをやめられない人の中には、彼がどのように禁煙を成功させたのか気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、舘ひろしさんの喫煙時代のエピソードや、禁煙に至った経緯、現在の舘さんの禁煙活動についてお伝えします。

 

1.タバコを吸い始めたワケはジェームズ・ディーン

以前はタバコがトレードマークともいえるほどのヘビースモーカーで有名だった、舘ひろしさん。当時は1日70~80本も吸う日々で、これが40年も続いたそう。舘さんがタバコをくわえた姿にあこがれて、タバコを吸い始めたという中年男性も多いでしょう。

舘ひろしさんがタバコを吸い始めたのは、今は亡きアメリカ人俳優であるジェームズ・ディーンへのあこがれを抱いたのがきっかけだとか。彼が映画の中で、タバコの吸う場面に惹かれて、自分もタバコを吸い始めるようになったそうです。

 

2.禁煙のきっかけとなったのは仕事だった

業界内でもかなり有名なヘビースモーカーであった舘さんが、禁煙成功のきっかけとなったのは、なんと仕事だそう。禁煙補助薬の「チャンピックス」の販売元であるファイザーから、広告出演の依頼があり、禁煙を始めたそう。

広告出演をする芸能人にとってイメージは重要な要素。たしかに禁煙の宣伝をしている本人がヘビースモーカーでは、広告として説得力がありませんよね。舘さんの仕事に対する真摯な姿勢が感じ取れます。

 

3.以前も禁煙を試みていた


禁煙の広告仕事が入ったことがきっかけで、禁煙を始めた舘さんですが、実は以前から何十回も禁煙を試みていたそうです。舘さんが禁煙を意識するようになったのは、ゴルフがきっかけ。彼の趣味であるゴルフをするときに、息切れをするようになり、タバコの害を意識するようになったとのこと。

しかし禁煙宣言をしてはみたものの、翌日にはまたタバコを吸ったり、3か月続いた禁煙も映画の撮影で喫煙を求められたりと、なかなか思うようには行かなかったそうです。ただでさえ、禁煙中は他人のタバコの煙が気になるものです。仕事でタバコを吸うことが求められると、芸能人が禁煙を継続するのはいかに難しいか分かりますね。

 

4.舘ひろしさんの禁煙外来の経過を見てみよう

そんな舘さんが禁煙を成功させたのは、医療機関の禁煙外来です。禁煙外来はその名の通り、タバコを吸っている人が、禁煙を成功させるために作られた外来です。外来といっても通院は3か月に5回。

このくらいの頻度なら仕事で忙しい人も通うが苦にはならないでしょう。いくつかの条件を満たせば、健康保険が適用となりますよ。それでは舘さんの禁煙外来の経過を見ていきましょう。

 

禁煙外来 第1回目

第1回目となる禁煙外来の診察、舘さんは医師から次の質問を受けます。
  • タバコを吸っている本数
  • 今まで禁煙をしたことがあるかどうか、あれば失敗した理由
当時舘さんはタバコの本数を1日20本程度まで減らしていました。この日は、肺の一酸化炭素を調べる検査をし、医師からの次のようなアドバイスを受けました
  • 少しずつタバコを減らすようにする。
禁煙外来というと、タバコは絶対吸っていけないと言われそうなイメージを多くの人が抱くものです。医師のアドバイスに対して、舘さんも「タバコを吸ってもいいんですか?」と質問返しをしてしまったほど。第1回目の診察はこれにてあっさり終了になりました。

 

 禁煙外来 第2回目

初診から2週間後となる2回目の診察。早速、肺の一酸化炭素量を計測する簡易検査を行い、数値は向上。舘さんは順調に、タバコを吸う本数を減らすことができている模様です。禁煙によるイライラなどもあまり見られていないとのこと。この日の医師からのアドバイスは以下の通りです。
  • タバコは日常のちょっとした習慣で、再び吸うようになってしまうので注意する。
 

禁煙外来 第3回目

禁煙外来3回目の時点で、舘さんは禁煙を成功されていました。舘さん自身も禁煙に対してかなりの自信がついてきており、ここで次のような医師のアドバイスがありました。
  • 自信がある時こそ油断せず、きちんと禁煙を継続すること。
  • 禁煙治療中という意識をもつために、日記を書くのもよい。
 

禁煙外来 第4回目

4回目の治療からは前回から4週間おきの診察に。この時期になると、舘さんは他人のタバコが気になるようになったとのこと。医師からのアドバイスは以下になります。
  •  禁煙外来を途中でやめる人が多いが、3か月間続けることが大切。
  • 禁煙中にタバコを吸わないのが理想。しかし、タバコ1本吸ってしまったら、禁煙を中断するのではなく、また継続することが大切。
 

禁煙外来 第5回目(最終)

当日は禁煙外来の最終日。舘さんも禁煙について、「灰皿などを探す必要がなくなって自由になった気分」とコメント。舘さんはタバコを吸いたくなったら、深呼吸をして落ち着かせるとのこと。医師からもこんなアドバイスがありました。
  • 今後タバコを吸いたくなった場合は、担当医の顔を思い出す。
以上のように、舘さんの場合、禁煙外来はかなりスムーズに行った印象です。治療経過は個人で異なりますが、タバコを減らせない人には、禁煙補助薬なども処方されます。

 

5.禁煙してもやはり肺年齢は高し


現在は禁煙家である舘ひろしさんは、今ではオジサマ達の禁煙モデルでもある存在。禁煙イベントへゲスト出演することも多くなりました。2012年に行われた、製薬会社のファイザーが主催する禁煙イベントに出席した舘さんに、こんなエピソードがあります。

この日は、会場に肺年齢を調べるブースが設置されていました。舘さんもこの検査を受けたところ、なんと肺年齢は95だったとか。念のためもう一度検査を受けたそうですが、結果は同じで、舘さん本人もがっかり。

もともと1日4箱のタバコを40年間吸い続けたいたため、肺のダメージが大きかったのかもしれません。舘さん本人も「禁煙をするのに早めにしましょう」というコメントをしているので、やはり禁煙は後回しにせずに取り組んだ方がよいといえますね。

 

6.舘さんが感じた禁煙効果

肺年齢の低下は望めなかったものの、日々の生活の中で禁煙による健康効果を実感している舘さん。舘さんが感じている禁煙の効果は以下のようになります。
  • 朝起きて、肌のツヤを感じる。
  • 水や食べ物がおいしく感じる。
  • 運動をしても息切れをしなくなった。
  • タバコを吸っている人の臭いが気になるようになった。
肺年齢は実年齢よりも、高めに出てしまったものの、禁煙により舘さんはより健康な身体になっていることが分かりますね。

 

7.現在は禁煙を広める活動にも積極的に参加

現在も禁煙中の舘さんは、積極的に禁煙を広めるための活動を行っています。禁煙ポスターの広告モデルとなったり、禁煙外来でお世話になった医師とともに高校で特別授業を行ったりなど。

今までヘビースモーカーであった舘さんですが、自ら禁煙の重要性やその効果を実感しているからこそできることだと思います。最初はタバコを吸うことがカッコいいと思っていた舘さんですが、今ではそんなにカッコよいものではないことに気付いたそう。

タバコを始める理由にはいろいろありますが、その多くが少し背伸びしたいと思って吸うことが多いのではないでしょうか。最初はただの興味本位で始めるタバコですが、1本1本が身体に害を与えることを理解して、卒煙に取り組みたいですね。

 

参考:
  • 時事ドットコムニュース / 舘ひろしさん、禁煙のススメ /  http://www.jiji.com/jc/v4?id=kinen0005
  • オリコンニュース / 舘ひろし、禁煙成功も肺年齢は95歳「がっくりでした」 / http://www.oricon.co.jp/news/2012264/full/
  • お医者さんと禁煙しよう

1時間で我慢も離脱症状もなしで禁煙できる方法

喫煙者であれば1度は考えたことがある「禁煙」
しかしそれは途方もなく難しく、 途中で挫折する人がほとんどです。
でもその難しい禁煙を たった1時間で我慢も離脱症状もなしで 確実に達成できるとしたら…

あなたはどうしますか?

私はこの方法に出会って3年ですが 今までたったの1度も 「タバコが吸いたいな」と思ったことすらありません。
その方法は卒煙.jpの公式LINE@で公開しております。

気になる方は下のバナーをクリックして
【1時間で我慢も離脱症状もなしで禁煙できる たった1つの方法】
を受け取って下さい。
無料ですが、効果はバツグンです。

何一つ役に立たなかったなら苦情のメールを下さい。
詳細は先着100名にのみ LINEでお伝えします。

友達追加はタップするだけですし、
友達解除はいつでも自由にできます。

しかも今ならLINEプリペイドカード5000円分を
毎月抽選で1名にプレゼント中です。




先着100名まで 残り7名 20150810_3色ボタン(テキストラスタライズ) ※LINEアプリが起動しない場合は締め切っています。

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

風上マキ

看護師として呼吸内科の勤務経験があります。卒煙を考えているみなさんに有益な情報をお届けします。

運営者情報