search
MENU

禁煙中にタバコを吸いたい時何をすべき?卒煙成功者が教える方法とは?

禁煙する方法

禁煙をしていると、ほとんどの人にタバコを吸いたい気持ちが襲います。

私も、タバコの誘惑に打ち勝ちながら卒煙を勝ち取りました!

ただ、そうは言っても禁煙失敗しないために、何をすべきか分からない方もいるでしょう。

そこで今回は、卒煙に成功した私がどんな方法を使って、タバコの誘惑に打ち勝ったか紹介します。

タバコを吸いたい時に実践した内容とは?

まず初めに、タバコを吸いたい時に実践した4つの内容を見てみましょう。

シンプルで効果的な方法も記載してあるので、絶対にタバコを辞めたいという人は参考にしてください。

1.タバコ販売店へ立ち寄らないようにした

タバコを吸いたくなった時は、コンビニエンスストアやスーパーなどタバコが販売してある場所へ寄らないようにしました。

例え、食品を買う理由があっても、タバコを吸いたい気持ちが収まってから買い物しに行っていました。

理由は、食品のついでにタバコを買う恐れがあったからです。

喫煙したい時にタバコのパッケージが目に入れば購入したくなります。

これを防がなければ。禁煙に失敗する確率が上がるでしょう。

2.その場で15秒数える

タバコを吸いたくなったら、その場で15秒ほど数えるのも一つの手です。

これは、タモリさんも実践した有名な禁煙方法です。

ハッキリとした根拠は解明されていませんが、15秒数えることでタバコを吸いたい欲求が減ると言われています。

また、数を数えると心が落ち着くのでタバコが吸えないイライラが減る可能性もあります。

ぜひ、タバコを吸いたいときは立ち止まって15秒数えましょう。

3.コーヒーやお酒を飲まないようにした

コーヒーやお酒はタバコとの相性が良いことで有名なので飲まないようにしました。

カフェへ行ってもジュースを注文したり、居酒屋へ行ってもノンアルコールドリンクを飲みました。

最初は、違和感がありますが慣れれば楽です。

ドリンクを飲むときは、タバコに合わないものを飲みましょう。

野菜ジュース青汁など飲んでみると良いかもしれませんね。

4.喫煙しない理由をたくさん作った

喫煙しない理由を作ることもしました。

例えば「友人がタバコを辞めた」、「喫煙所を探すのが面倒くさい」、「健康診断の数値を改善させたい」など、上げればキリがありません。

タバコを辞めなければならないと思い込むと、禁煙するのも辛く感じます。

しかし、喫煙しない理由をつくれば自分が納得した上で禁煙できるので、タバコを吸いたいと思う気持ちも減るでしょう。

タバコを吸いたい時に、やってはいけない内容とは?

この章では、タバコを吸いたい時にやってはいけない内容を紹介します。

禁煙中の人がやりがちなので気を付けましょう。

1.喫煙所へ近寄る

喫煙所へ近寄るのは非常にマズいです。

理由は2つあります。

1つ目は、喫煙している人の姿が視界に入るからです。

やはり、他人が喫煙している姿は。禁煙者にとって辛いものです。

タバコを吸っている姿を見たために、コンビニエンスストアへ直行しタバコを購入する人もいます。

禁煙を失敗しないために、喫煙姿を見ないことが大事なのです。

2つ目は、タバコの香りがするからです。

喫煙所へ入ると、喫煙者だらけでタバコの香りもします。

それが原因で、喫煙を再開してしまう恐れがあるのです。

通勤途中に、喫煙所近くを通る場合は避けることをおすすめします。

また、上司から喫煙所で話があると言われても別の場所で話して危機を回避しましょう。

2.喫煙者との食事

喫煙者との食事も危険です。

目の前で喫煙される可能性があります。

さらに、喫煙者の身体にはタバコのニオイが付着しているため、喫煙欲求が高まる可能性もあるのです。

喫煙者から「1本どう?」と無理矢理、喫煙させられる恐れもあるので注意しましょう。

タバコを吸いたい気分にならないようにするには?

タバコを吸いたい気分にならなければ、禁煙者が苦しむことも減ります。

最後の章では、タバコを吸いたい気分にならないための方法を見てみましょう。

1.禁煙の素晴らしさを体感する

禁煙する素晴らしさ。
つまり、禁煙の「メリット」をたくさんイメージするということです。

お金が浮く」、「病気のリスクが減る」など、たくさんのメリットがあります。

禁煙の良さに気付けば、卒煙もスムーズにいくはずですよ。

2.タバコを考えずに済む趣味をつくった

タバコのことを考える暇が無くなる趣味をつくりました。

読書」や「人間観察」、「運動」など夢中になれる趣味をたくさん見つけました。

趣味へ没頭する時間が増えれば、タバコを吸いたいと思う時間も減ります。

いかに、タバコ以外のことに集中できるかが勝負です!

3.喫煙者と非喫煙者の将来を比べてみる

タバコを吸い続けた時と、卒煙した時を比べてみましょう。

比較すると、卒煙した方が良いと思えるはずです。

健康面やお金の問題だけではなく、周りからの印象も変わります。

現在は、喫煙者に風当たりが強い時代です。

世間から一般的に受け入れられるには、どちらが良いかも考えてみてください。

タバコから卒業しただけで、あなたの人生が一気に変わるかもしれませんよ。

4.タバコを吸わなくて良い環境をつくる

タバコを吸わずに済む環境を手に入れるのも、1つの方法です。

そうは言っても、どうすればその環境が手に入るか分からない方もいるでしょう。

そこで、私がおすすめする3つの方法を紹介します。

喫煙具を身の回りに置かない

喫煙具を身の回りに置くと、タバコのことを思い出しやすいです。

そのため、身の回りにある喫煙具は全て処分しましょう。

処分すると、タバコへ対する未練もなくなるはず。

余っているタバコや灰皿はもちろんのこと、ライターやジッポーなど喫煙時に使っていたものも処分すべきです。

ただ、なかには捨てるのが嫌な方もいるでしょう。

その場合は、プレゼントとしてあげたり、買取センターへ持っていくと良いです。

店舗型だけではなく、インターネットでの買取サービスもあるので、有効活用してみてください!

喫煙できる飲食店へ行かない(分煙店も控える)

喫煙できる可の飲食店へ行くのは控えましょう。

なぜなら、タバコの香りが店内に広がっている恐れがあるからです。

特に、近くで喫煙されると副流煙を吸い込んでしまうため「喫煙して良いか!」という気分になる恐れがあります。

また、分煙店の場合も禁煙席のほうへタバコの香りが漏れているケースがあるので使用は控えましょう。

全席禁煙の店舗へ行くなら、デパートやショッピングモールのテナント内に出店している飲食店がおすすめです。

非喫煙者との付き合いを増やす

非喫煙者は、タバコを吸わないので喫煙欲求が湧きづらいです。

禁煙開始当初は、違和感だらけかもしれませんが何週間も続ければ、タバコを吸いたい欲求も減るはず。

そのうち、タバコを思い出すことも少なくなり、卒煙成功の確率が上がるでしょう。

今まで喫煙者との付き合いを大事にしていた方は、あなたから誘うのを控えると良いです。

その結果、自然と喫煙者との付き合いも減るでしょう。

感情と理性を操り、卒煙を目指そう!

タバコを辞めるために大事なのは「感情と理性」のバランスです。

喫煙したい感情を制御すれば、卒煙できる確率も上がります。

ただ、そのためには卒煙する時に必要な行動を起こさなければなりません。

タバコを吸いたくても、そこを乗り越えればあなたの人生に良い影響を与えてくれるはずです。

ぜひ、健康的な人生を送るためにも卒煙を目指してみてはどうでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 5人中4人がこの投稿は役に立ったと言っています。

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む
TOPへ戻る