1. TOP
  2. タバコをやめられない人は必見!禁煙外来について知ろう

タバコをやめられない人は必見!禁煙外来について知ろう

禁煙したいけど、いつも失敗してしまう…こんな悩みを抱えていませんか?本当に禁煙を考えている人におすすめしたいのが、禁煙外来です。禁煙外来について聞いたことがあるけれど、詳しい内容についてご存知でない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、禁煙外来の治療内容やスケジュール、費用について解説いたします。

 

1. 禁煙外来ってなに?なぜ必要なの?

禁煙外来は、名前の通り禁煙をしたい人のための医療機関の専門外来です。禁煙方法にはさまざな方法がありますが、禁煙の成功率は必ずしも高いわけではありません。

禁煙が失敗しやすいのは、意思が弱いからということではなく、タバコに含まれるニコチン依存によるものです。特に、禁煙を開始すると現れるのが、タバコの離脱症状です。

離脱症状は禁煙をすることで、身体が強くタバコを欲するようになったり、イライラしたり、集中力が落ちるなどの症状が現われる症状のことをいいます。禁煙には離脱症状がつきもので、再び喫煙する生活に戻ってしまうのです。禁煙外来では、離脱症状を和らげながら、禁煙をサポートすることができます。

 

2.禁煙外来はどんな人が利用できる?

禁煙外来は、基本的にタバコをやめたいという意思のある人が治療を受けることができます。これまで禁煙外来は自由診療といって、治療を受けても保険適用にならず、全額自己負担でした。

しかし、2006年より、一定条件を満たす患者には健康保険が適用できるように。保険適用で禁煙外来を受診するには、次の条件をすべて満たしている必要があります。

 

ニコチン依存症であること

ニコチン依存症かどうかは、タバコに関する10個の質問のうち、5つが当てはまれば、ニコチン依存症とされます。

 

1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上(※35歳以上である場合)

上の計算式はブリンクマン指数というもので、タバコによる病気のリスクを現したものです。400以上になると肺がんのリスクが上がるとされており、たとえば、1日に1箱(20本)のタバコを20年吸い続けた人では400に。

禁煙外来では半分の200が基準値となっており、35歳以下では条件とされていません。

 

本気で禁煙をやめたいと思っている

禁煙外来に通っても、本人に禁煙の意思がなければ成功させることはできません。禁煙外来では禁煙に対する強い意志も確認されます。

 

禁煙治療についての書類にサインしている

上の禁煙の意思の確認にも通じることですが、文書にて同意を確認するためのサインが必要になります。

以上から、禁煙外来はヘビースモーカーなどより深刻な喫煙者の方が、保険適用となりやすいことが分かりますね。逆に言えばヘビースモーカーであるほど、早めに禁煙してほしいということが伺えます。

 

3.禁煙外来のスケジュール


禁煙外来では3か月のうちに5回の診察を受けます。
  • 初診から3回目の診察は2週間おきの診察
  • 4回目と最後の診察にあたる5回目の診察は4週間おきの診察
禁煙外来で大切なことは、計5回の診察をきちんと受けることです。禁煙外来で治療を受ける人の中には、3か月の間に禁煙を実現する人も少なくありません。しかし、ここで「医師に頼らなくても大丈夫」と途中で治療を中断するのは要注意。製薬会社のファイザーでは次のような調査結果が出ています(※1)。
  • 初診のみの治療した場合  6.5%
  • 2回目まで治療した場合   16%
  • 3回目まで治療した場合   25%
  • 最後まで診療した場合   49.0%
上記のデータから分かるように、禁煙外来は回数を重ねるごとに禁煙の成功率が上がり、反対に途中でやめてしまうと、禁煙の成功率は低くなるのです。

ちなみに禁煙外来で健康保険が適用された人が、禁煙に失敗してしまった場合、新たに禁煙外来を受けようと思っても、初診から1年以内の治療は、健康保険の適用となりません。せっかく意気込んで、禁煙外来に通うのなら、最後まで通うようにしたいですね。

 

4.禁煙外来で行われる治療はどんな風に行われるか?

禁煙外来の診察で行われる具体的な治療の流れについて見ていきましょう。

(1)ニコチン依存症のチェック

チェック表を用いて、ニコチン依存症かどうかの判断をします。ニコチン依存症と診断されれば、健康保険の適用となるので、費用は割安になります。

 

(2)一酸化炭素濃度のチェック

器具に息を吐き出すことで、一酸化炭素がどのくらい含まれているか確認します。一酸化炭素はタバコの含まれている有害物質のひとつで、検査を通じてどの程度タバコを吸っているか確認することができます。

 

(3)禁煙宣言書にサイン

医師とともに禁煙を開始する日付を決定し、書類にサインをします。口頭で禁煙宣言するだけではなく、改まった様式で行うことで、禁煙に対する決意がより固まります。

 

(4)禁煙するための指導

これまでどのくらいタバコを吸っていたか、また禁煙をしたことはあるかなど医師から質問があります。これを元に患者さんに適した治療案が考えられます。

 

5.禁煙外来で使用される薬は?


禁煙外来で禁煙が成功しやすい理由のひとつに、禁煙補助薬を使用することがあります。禁煙補助薬は、禁煙による離脱症状を和らげることで、禁煙の成功率を高めることができます。禁煙補助薬の種類には大きく分けて2つあります。

 

(1)ニコチンを含むタイプ

禁煙補助薬の中には、ニコチンを含むものがあります。禁煙をするとニコチンの供給が断たれることで、身体がタバコを強く欲するようになります。

これが禁煙の離脱症状と呼ばれるものですが、ニコチン入りの禁煙補助薬は、禁煙中にもニコチンを吸収させることで、禁煙による不快な症状を和らげることができるのです。

ニコチンを含む禁煙補助薬には、貼り薬ガムがあり、貼り薬は肌から、ガムは口の粘膜からニコチンを吸収する仕組みになっています。ちなみに、ガムタイプの禁煙補助薬は薬局やドラッグストアでも購入できるので、保険適用にはなりません。

 

(2)ニコチンを含まないタイプ

近年になってニコチンを含まないタイプの禁煙補助薬も使用されるようになりました。こちらは飲み薬タイプで、ニコチンを摂取せずに少量のドーパミンを出す作用があり、離脱症状を緩和させる働きがあります。

 

6.禁煙外来にかかる費用

禁煙外来を受けるうえで気になるのが、費用ではないでしょうか。いくら成功率が高くても費用が高ければ、気軽に利用するのは難しいもの。ここでは禁煙外来の費用について説明します。

禁煙外来の治療費用は項目別に次のものがあります。
  • 診察料
  • ニコチン依存症管理料
  • 院外処方せん料
  • 調剤料
  • 禁煙補助代
禁煙治療の費用は、薬の種類によっても異なりますが、健康保険適用で自己負担率が3割である場合、3か月トータルの治療で1万数千円~2万円程度とされています。

禁煙外来の治療費を2万円とした場合、1箱440円のタバコが45箱購入できます。1か月に15箱以上のタバコを吸っている人では、禁煙外来の治療費よりもタバコ代の方がかかることになります。

このことからも禁煙外来にかかる治療費はそこまで高くないことが分かりますね。

 

7.まとめ

禁煙外来は、タバコをやめることで起きる離脱症状を和らげながら、禁煙の実現を目指すものです。これから本気で禁煙に取り組みたい人や、今まで禁煙に失敗したという人は、選択肢のひとつにしてみてはいかがでしょうか。

引用・参考:
  • ※1:ファイザー / 禁煙外来について学ぶ / http://sugu-kinen.jp/treatment/

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

風上マキ

看護師として呼吸内科の勤務経験があります。卒煙を考えているみなさんに有益な情報をお届けします。

運営者情報