search
MENU
-->

成功に向けて活用したい!いろいろな禁煙サポートの紹介

これからタバコをやめようと考えている人の中には、自分が禁煙を本当に達成できるか不安を感じる人は多いものです。禁煙など自信のないことを達成させるには、ひとりで行うよりも、周りになんらかのサポートがあると安心できますよね。

そこでこの記事では、これから禁煙する人を応援するためのサポートについて紹介します。自分はタバコを吸わないけど、家族や友人が禁煙に取り組んでいる人も、参考にしてみてください。

 

1.周囲の人ができるサポート

タバコをやめたいと考えている人にとって、身近な人が禁煙に協力してくれると心強いものです。家族や友人、恋人などの周囲の人が心がけたい禁煙サポートには、次のものがあります。

 

(1)タバコを吸えない環境にする

これから禁煙をしようと思っている人の中には、自信がないために、ライターや灰皿などの喫煙グッズを捨てられない人もいます。タバコそのものがなくても、愛用していたグッズを見れば、どうしてもまた喫煙したくなってしまうもの。

禁煙を成功させるためには、まずはタバコを吸えない環境を整えることも大切です。禁煙をする本人と相談して、喫煙グッズを処分するか預かるなどの方法をとりましょう。

ただし、ライターなど喫煙グッズの中には、高価な物やプレゼントなど思い出の品ということもあるので、勝手に行わないように注意が必要です。ブランドもののライターの場合、本体を抜き取り、小物ケースにするという方法もおすすめですよ。

 

(2)禁煙による離脱症状への理解

タバコが習慣化している人の多くが、ニコチン依存の状態です。しかし、いざ禁煙するとニコチンが体に取り込まれなくなるので、心身にさまざまな症状が現われるようになります。人によっては、イライラしたり、集中力が切れてしまうということはよく聞きますね。

 

そのため、禁煙中は人間関係に問題が起きたり、仕事でもミスが起こりやすく、タバコを止めたいという人の中には、不安に思っている人も多いのです。禁煙している人の家族や友人などの周囲の人は、禁煙中の不調や変化についても理解することが大切です。

禁煙による離脱症状のピークは3~7日程度といわれており、広い心で接するようにしたいですね。

 

(3)ガムや飴を用意する

禁煙中の人が、口さみしさをまぎらわすのに便利なのがガムや飴。禁煙をしている本人が、ガムや飴をすでに持ち歩いていることも多いのですが、一気に食べ過ぎたために、手持ち分がなくなってしまった…ということはあります。

そんなときに、周囲の人から飴やガムを差し出されると、禁煙を頑張っている人にとって嬉しいもの。禁煙中の人がソワソワしていたら、飴やガムでなくても、冷たい氷水など口がリフレッシュできるものを出してあげるといいでしょう。禁煙をしている人に、さりげないサポートができるといいですね。

 

(4)とにかく褒める

非喫煙者にとって、タバコを吸わないことは当たり前のことであるため、禁煙に対して特別な思いを抱かない人もいるかもしれません。しかし、ここで行ってほしいのが、禁煙中の人を褒めてあげること。

なにか1つのことを達成したときに褒められると、子どもだけでなく大人でも嬉しいもの。褒めることは、本人の自信につながり、禁煙行動の継続につながります。

特に禁煙している本人は、常にしんどい気持ちを抱えていることもあるので、こまめに声かえや褒めてあげることが、大切なサポートになります。禁煙者が近い間柄なら、なにかご褒美を決めて、それを目標に禁煙を支援してあげてもよいですね。

 

2.意外に知られていない!地域で行われている禁煙サポート

近年、自治体にとっても、住民の禁煙は大きな目標の1つとなっています。地域によっては予算を組んで、禁煙者に向けたサポートを行っている自治体もあります。サポート内容は各自治体によって異なりますが、主に次のようなものが実施されています。

 

・タバコの相談窓口の設置

禁煙支援の一環として、タバコに関する情報を提供するための窓口を設置しています。タバコの害について詳しく知ることで、禁煙への意識が高まります。また、これからタバコをやめたい人に対する禁煙相談も行われています。

 

・禁煙治療を行っている医療機関の検索

禁煙支援を行っている自治体の中には、禁煙治療を行っている医療機関を紹介するサービスを行っているところも。地域の中には、自治体が働きかけて、医療機関に禁煙サポート外来を設立したケースもあります。

 

・肺の簡易チェック

埼玉県の行田市では、地域の薬局と連携して喫煙者の肺の簡易検査を行っています。具体的には、専用の測定器に息を吹き込んで、肺の中の一酸化炭素の濃度を調べるものです。一酸化炭素濃度の検査は、医療機関の禁煙外来でも行われている検査項目の1つ。タバコをやめようか迷っている人も、自分の肺の状態を知ることで禁煙のきっかけになりますね。

 

・禁煙治療の費用のサポート

まだまだ実施しているところは少ないもの自治体の中には禁煙治療の費用のサポートを行っているところも。費用のサポート内容は地域によって異なりますが、たとえば禁煙外来における初診料や、治療費用の半額などを申請によって地域が負担してくれる制度があります。

このほかにも、自治体の禁煙サポートは地域によってバリエーションがあります。これから禁煙をしようと考えている人は、お住まいの地域にどんなサポートがあるか、電話やHPで確認してみてください。

 

3.スマホアプリで禁煙をサポート

近年のスマホの普及にともない、スマホアプリが生活に欠かせないという人も多くなっています。最近のスマホアプリの中には、禁煙をサポートする機能もあるので、興味のある人はチェックしてみましょう。

 

・禁煙ウォッチ

「禁煙ウォッチ」は、今までの禁煙の成果が数値で分かるアプリ。具体的には、禁煙した時間、禁煙できた本数、節約できた金額、そして禁煙によりのびた寿命も分かります。延びる寿命に関しては予測値となりますが、自分の努力が数字で分かるとやる気がでますよね。

毎日の禁煙の励みや、タバコを吸いたくなった時に、アプリを開いててはいかがでしょうか。

 

・禁煙なう

タバコを吸っている女性におすすめなのが、「禁煙なう」です。喫煙をすると、タバコ顔といって、肌の老化が進むことをご存知でしょうか。このアプリでは、禁煙したトータルの時間が分かるだけでなく、肌の若返り年齢や喫煙によって消失されるビタミンC量をチェックすることが可能。

さらに、アプリの背景はバラの画像になっており、禁煙した時間が経つにつれて、美しい画像に変化するそう。自分自身をかさねて、美しいバラに戻れるように禁煙を頑張りたいですね。

 

・禁煙クエスト

RPGなどのゲームが好きな人におすすめなのが、「禁煙クエスト」です。禁煙クエストの主人公は、タバコの離脱症状で騎士団をやめることになった人物が主人公です。禁煙で節約できた金額の一部が、ゲーム内の通貨として利用できたりなど、禁煙に関する要素が盛りだくさん!

主人公を自分と重ね合わせて、ゲームに集中すればいつのまにか禁煙が達成できるかも?

 

4.まとめ

タバコをやめるには、どうしても自分1人で頑張ってしまいがち。禁煙は失敗してしまうことも多いので、周囲の人に協力を得たり、便利な制度やアプリなどを利用して、成功率を上げていきたいですね。もちろん、現在禁煙している人だけでなく、周りに禁煙をしている人がいるという方は、記事内容を参考にしてみてください。

参考:

  • 厚生労働省 e-ヘルスネット / 禁煙を開始する方のご家族へ – 上手なサポートを教えます / https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco/t-06-004.html
  • ファイザー 卒煙. jp / 自治体の禁煙サポート情報 / http://sugu-kinen.jp/municipality-kinen/useful/support.html

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
TOPへ戻る