search
MENU

禁煙サポートを生かし、卒煙を成功させるための方法を紹介!

禁煙する方法

タバコの値上がりや喫煙者に対する視線が厳しくなっている中で、タバコから卒業したい方もいるでしょう。

ただ、禁煙をするのって難しいですよね?

禁煙開始時に大事なのが「禁煙サポート」です。

禁煙サポートがあるだけで、禁煙もラクになるはず。

そこで今回は、「禁煙サポートが大事な理由」、「どこで禁煙サポートをしてもらうと良いか?」紹介します。

禁煙サポートが大事な理由とは?


まず初めに、禁煙サポートがどんなメリットをもたらすか見てみましょう!

メリットを理解し、禁煙サポートを有効利用しましょう!

禁煙のモチベーションが上がる

禁煙サポートがあれば、モチベーションを上げることが可能です。

例えば「禁煙中にタバコを吸いたいと思っても、サポートのおかげで乗り越えられた」、「禁煙サポートがしっかりしていたから、タバコを吸いたい気持ちが起きなかった」などの声もあります。

効率良く禁煙を進めるためのコツが見つかる

禁煙サポートしてくれる方によっては、あなたへ適切なアドバイスを与えるでしょう。

喫煙欲求が起こったときの対処法や、禁煙が原因でココロがソワソワするときの解消法など、専門的知識を持っている方であればアドバイスをしてくれます。

言われたとおりに実践して、その効力を体感できれば頑張って禁煙できるはずです。

ただし、相性が悪い方からアドバイスされると、ココロを閉ざしてしまい実践しようとしなくなるので要注意です。

誰かに支えてもらっている「安心感」がある

一人で禁煙にチャレンジするのが苦手な方もいるでしょう。

特に、心配性の方やココロが折れやすい方だと、禁煙サポートがあるだけで「安心感」を感じ心地良いです。

そのため、禁煙を頑張る気持ちになれるのです!

身近な人であるほど効果的なので実践することをおすすめします。

誰に(どこで)禁煙サポートをしてもらえば良いのか?


禁煙サポートと言っても、いろいろな種類があります。

この章からは、どのような禁煙サポートの種類があるか見てみましょう!

保健所


保健所は、各都道府県に複数カ所設置されています。

健康増進や環境衛生など、住民が健康的な生活を送れるような活動を行っています。

平日休みの方におすすめです!

厚生労働省が作成した禁煙プログラムパンフレットが設置されている

保健所へ行くと、厚生労働省が作成した禁煙プログラムパンフレットが設置されています(厚生労働省のサイトにも載っています)。

それを参考にすることで、禁煙を効率的に進めることができるのです。

しかも、不明点があれば保健所の担当者へ質問することも可能なので、禁煙成功率も上がるはず。

手取り足取りをしっかり教えてもらって、楽しく禁煙してみてはどうでしょうか?

保健師による禁煙相談を行っている場合がある

「保健師」とは、看護師に似ていますが若干違います。

主に、病気予防や健康になるためのサポートをしてくれる方を指します。

禁煙をすることでどんな効果が期待でき、将来的にどんな影響があるのか詳しく説明してくれるはずです。

ただし、地域によって禁煙相談の頻度は異なります。

さらに、事前予約制の場合もあるので、利用する前に保健所へ問い合わせてから行きましょう!

病院


病院でも禁煙サポートをしてくれます。

ただし、全ての病院で禁煙サポートしてもらえるわけではないので要注意です!

禁煙外来を実施している病院へ行こう!

禁煙サポートしてくれる病院を選ぶ際は「禁煙外来」が実施されている病院を選びましょう。

禁煙外来とは、受診しながら禁煙成功を目指す制度です。

条件に当てはまれば「社会保険」も適用されます。

ただ、医師との相性などが禁煙成功率に左右するので、口コミが良い病院を選びましょう。

医者から専門的アドバイスがもらえる

禁煙が難しい理由」や「喫煙欲求を抑えるコツ」、「禁煙で情緒不安定になっているときの対処法」など、医学的観点からアドバイスをもらえるので禁煙成功率が上がるはずです。

また、肺活量測定血液検査もできるため、数値でハッキリした結果が出ます。

結果が良ければ、禁煙に対するモチベーションもどんどん上がるでしょう。

禁煙外来へ通うたびに、医療費がかかるので頑張る気になれる

禁煙外来は1回ごとにお金がかかります。

無駄金にしないと思っている方であれば「絶対に禁煙を成功させる!」という気持ちになり、禁煙失敗率も下がるはずです。

ちなみに、禁煙外来は全5回あり、トータルで「2万円」前後かかります(社会保険適用時)。

無駄金にするのは惜しいですよね?

会社


会社でも、福利厚生として禁煙サポートを提供している場所はあります。

この制度を利用し、禁煙している方も増えているので要チェックです!

禁煙を後押しする会社が増えている

近年では、禁煙化の波がやって来ていることもあり、禁煙を後押しする企業も増えてきました。

主に2つの制度があります。

・禁煙支援手当の給付
電子タバコや禁煙外来など、禁煙に関する費用を負担する制度です。

一部負担の場合もあれば、全額負担してくれる企業もあります。

また、禁煙成功者にはお祝い金を与える場合も。

禁煙で思わぬ副収入が生まれるかもしれませんよ!

・喫煙者を対象としたセミナー開催
喫煙者に対する「禁煙セミナー」を開催する企業もあります。

医者や保健師など専門家を招いて、講義してくれる場合も。

ただ、勤務時間内に行われることが多いので、仕事が入らないようにしましょうね。

非喫煙者の給与を増やす会社も出現!

喫煙者と禁煙者で給与に差を付けている会社もあります。

非喫煙者と言うだけで、禁煙者手当が支給されるケースも。

そのため、同じ職級・年齢でも手取り額が変わるのです。

今後、そういう企業が増えるかもしれませんね。

家族


最後に紹介するのは「家族」です。

家族は身近な存在なので、禁煙サポートに効果的です。

どんなサポートをしてもらうべきか見てみましょう!

家族のなかに喫煙者がいる場合、遠くでタバコを吸ってもらう

家族によっては、喫煙者と一緒に住んでいる方もいるはず。

その場合は、離れた場所で喫煙してもらいましょう。

例えば「自宅外の喫煙所」、「換気扇の下」など、目の前で吸わないでほしいことを伝えてください。

ただし、換気扇の下で喫煙する人がいる場合は要注意です!

なぜなら、別の部屋にタバコの煙が入る恐れがあるからです。

少しでもタバコの香りがすると、喫煙欲求が湧きやすくなるので注意しましょう。

ご褒美を設定してもらえると、やる気が出るかも!

禁煙に成功するたびに、ご褒美を設定してもらうのも効果的です。

例えば、禁煙開始後1カ月経つたびに「プレゼントをもらう」、「食事を豪華にしてもらう」、「お小遣いをアップしてもらう」など、具体的に設定すると禁煙意欲も高まります。

ただ、何度も同じご褒美だと禁煙を頑張る気持ちがなくなる恐れもあるので要注意。

そのため、ご褒美の種類は頻繁に変えるのがベストです。

「食事・お金・趣味」と言うように、いろいろなジャンルのご褒美を準備し、月ごとに変えてみてはどうでしょうか?

すると、新鮮な気持ちが生まれ楽しい禁煙ライフを送り続けられるはずですよ!

禁煙サポートを利用し、快適な卒煙生活を送ろう


禁煙サポートを上手に利用すれば、禁煙生活を苦痛に感じることも減るはずです。

楽しみながら取り組めば、辛い気持ちもなくなるでしょう。

いろいろな禁煙サポートを活用して、タバコ卒業を目指してみませんか!?

きっと、新たな人生が待っているはずですよ。

※本記事に掲載されている内容などは2017年11月現在のものです。

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む
TOPへ戻る