1. TOP
  2. 影響された人も多い!有吉弘行さんの禁煙の成功の秘訣

影響された人も多い!有吉弘行さんの禁煙の成功の秘訣

今や禁煙家の代名詞ともいえるお笑いタレントの有吉弘之さん。実は、多くの人がご存知の通り、以前の彼は超がつくほどの禁煙家でした。そんな有吉さんが禁煙宣言をしたのは、2013年10月。そこから一気に10日間という短い期間で、禁煙を達成しました。この記事では、有吉さんの禁煙の経過を中心に、禁煙のポイントについて紹介します。

1.1日100本吸っていたというヘビースモーカー

実は有吉さんはその昔1日に100本ものタバコを吸っていた、かなりの愛煙家。禁煙宣言を行う2年前にスペシャルゲストととして出演した「アメトーク」の禁煙の番組企画では、「なぜ禁煙するのか?気持ちが分からない。中途半端なことをしないでほしい」を、すかさずお得意の毒入りのコメントを出したことも。

途中、禁煙組の芸人たちが、禁煙の辛さを語っていると、「吸えよ!」と一喝。その後も有吉さんは、禁煙挫折組の芸人たちそれぞれに、マニフェストと称し、禁煙ができなかったときのムチャクチャな罰ゲームを言い渡し笑いとを取る始末。

以上からみると、2011年の段階では、有吉さんは禁煙にまったく興味を持っていなかったと取れます。

 

2.2013年10月にツイッターで禁煙を宣言!


そんな有吉さんですが、2013年の10月24日に突如ツイッター上で禁煙宣言をします。禁煙を宣言したときのコメントがこちらになります。

たった今、タバコを辞めました。身近な方々にはイライラからくる暴力行為があるかもしれませんが、お許しを。。」

当時、有吉さんのツイッターのフォロワー数は約270万人。禁煙宣言後からは、突然の宣言に、フォロワーからは当然ようのように有吉さんの体の不調を心配する声や、驚きの声が上がりました。なんといっても、禁煙している芸人を小馬鹿にしていたくらいですから(彼のキャラ上、仕方なかったのかもしれませんが)。

なんにせよ有吉さんが大勢の人を前に宣言をしたことで、禁煙をなんとしてでも実行しようという意思の強さがうかがえます。

 

3.ツイッターで露呈した、禁煙のツラさ

その後も禁煙宣言をしてからツイッターから介間見えるのは禁煙のツラさ。禁煙中は、一度でもタバコをやめようと思った人が共感せずにはいられないコメントの数々がツイートされました(※1)。
  • 「手が震えますね。タバコ辞めると。手が震えます。。。」
  • 「イライラするから、山ちゃんのラジオ聴こう。。。」
  • 「帰宅。タバコを強烈に吸いたくなる瞬間が1000回ぐらいあったが、本日無事無煙。。。無煙仏への道は険しい。」
禁煙をしている人を苦しめるのが、ニコチン依存による離脱症状です。一般的には禁断症状ともいわれていますが、中毒性のある物質(タバコの場合はニコチン)を長期にわたって体に取り込んできた結果、急にその物質を断つことで、体が強く求めるようになります。

有吉さんは相当なヘビースモーカーのようでしたから、禁煙後の禁断症状もかなり強かったのではないでしょうか。ツイッターのコメントを見ると、禁煙によって体だけでなく精神的な症状も現れていることが分かります。

 

4.なんとわずか10日間で禁煙達成!


その後有吉さんの禁煙の経過についてですが、2013年の10月24日に禁煙宣言をして、なんとその後10日間という短期間で禁煙を達成したそう。現在禁煙に取り組んでいる人や、これから禁煙をしようと考えている人がその禁煙方法について知りたいはず。気になる有吉さんの禁煙方法は以下の通りになります。

 

(1)一緒にお酒も断つ

多くの喫煙家と同じように、有吉さんもお酒を飲むとタバコを吸いたくなるタイプだったそう。そのため、禁煙と一緒にお酒も断つようにしたそうです。

(2)肥満対策に食事制限

ニコチンには食欲を抑える作用があるので、禁煙をすると、必ずといっていいほど食欲がわくようになります。有吉さんの場合、食事量を少なめにして、夜は早寝を心がけたそうです。

(3)タバコを吸いたくなったら、ガムでごまかす

禁煙をしていると、なんとなく口さみしさでタバコが吸いたくなるものです。有吉さんはタバコが吸いたくなったら、ガムを噛んでごまかしていたとか。ツイッターでは、控室でガムを必死に探していたところ、女優の長澤まさみからグミを差し出されたというほっこりするエピソードもありました。

以上のように、有吉さんが行ったのはそれといった特別な方法ではなく、シンプルであることが分かります。禁煙をするにはやはり意思の強さが重要になるのでしょう。禁煙をしたことで、食事を美味しく感じたり、体によい変化も感じていたそうですよ。

 

5.有吉さんの禁煙が、そのほかの芸能人にも影響

有吉さんが禁煙宣言をした2013年の10月のこの時期、有吉さんはタレントのマツコ・デラックスさんと同じ番組に出ていました。有吉さんの噂を聞いたマツコさんは、「あのクソ野郎が禁煙しだした。あの罪深い男が断とうとしているものってなんなんだ!」と毒舌コメント。

それと同時に自分自身もタバコの煙が気になるようになったり、タバコを吸うことに対して疑問を持つようになったそう。マツコさんは有吉さんがいるところでは、タバコを吸う場所に気をつけるなどの配慮をされていたとか。

ちなみに、マツコさんから禁煙をした理由について聞かれると、有吉さんは「前々からやめたかった」と語っており、心の中ではしっかり禁煙を意識していたことがうかがえます。仕事で接することの多い、周りのお笑い芸能人たちも禁煙に取り組んでいることも、きっかけになったのかもしれません。

 

6.禁煙疑惑を一喝した過去も


なにかを始めると、上げ足を取ろうと面白おかしく記事にされてしまうものが芸能人の常でもあります。実は有吉さんには、禁煙達成直後に禁煙失敗の疑惑が持たれたこともありました。

禁煙を達成した翌月である2013年11月、有吉さんは香港ロケで、一緒に仕事をしたお笑いタレント・バカリズムから、タバコを渡されたことをきっかけに、禁煙失敗の疑惑が噴出したのです。このときの有吉さんは泥酔状態だったそうで、一緒にライターを渡されなかったことから、禁煙失敗エピソードではなく、疑惑として広まりました。

この事を知り、コワくなって旅行バッグの中を探したところ、発見されたのはクシャクシャにされたタバコだったとか。有吉さん本人も、相当葛藤していたのだろうとコメントをし、晴れて禁煙失敗疑惑は消えたのです。

しかしながら、酔っていたとはいえ、本人も不安になって後から旅行バッグの中を確認してしまうとは、禁煙は達成してからが大変ということが分かります。

 

7.今度は本当に禁煙失敗?真相は?

禁煙を成功した有吉さんですが、またしても失敗の噂が出ます。2016年の元日の21時、自宅マンションから近くのコンビニへ行く姿を週刊誌記者がキャッチ。

コンビニでお買い上げした商品は、即席やきそば、缶チューハイ、牛乳、そしてタバコ1箱だったとか。2016年の夏に、フリーの女性アナウンサーとの恋の噂が立ったものの、ふだんは色恋沙汰あまりない有吉さん。自宅で待つ誰かのためにタバコを買ったということは。ちょっと考えにくいですね。

また、有吉さんはお酒を飲むとタバコを吸いたくなることから、この時はお酒も一緒に購入しているので、黒に近いグレーともとれます。

真相は本人にしか分かりませんが、強い意志を持って禁煙を達成した有吉さんには、今後も禁煙生活を続けていってもらいたいものです。

 

8.まとめ

禁煙宣言をしてからわずか10日間で禁煙を達成した有吉さん。有名人だけでなく、一般の人でも彼の禁煙に対する姿勢に影響を受けた人は多いのではないでしょうか。禁煙は達成がゴールではなく、継続することが大切になります。これからも、有吉さんには禁煙家としての道を歩んでほしいですね。

 

引用:
  • ※1:Twitter 有吉弘行 / https://twitter.com/ariyoshihiroiki
参考:
  • 日刊大衆 / タモリに有吉弘行「禁煙」に成功した驚きの方法 / http://taishu.jp/detail/23555/
  • ライブドアニュース / 有吉の禁煙に悩まされるマツコ「あのクソ野郎が禁煙しだした。あの罪深い男が断とうとしているものってなんなんだ」 / http://news.livedoor.com/article/detail/8297055/
  • ライブドアニュース / 有吉、禁煙失敗していなかった! 「葛藤してタバコを握りしめた」 / http://news.livedoor.com/article/detail/8263644/
  • 週刊ポストセブン / 有吉弘行 元日の夜にペヤングと缶チューハイ購入、禁煙は失敗 / http://www.news-postseven.com/archives/20160104_375736.html

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

風上マキ

看護師として呼吸内科の勤務経験があります。卒煙を考えているみなさんに有益な情報をお届けします。

運営者情報