search
MENU
-->

PR:今すぐ禁煙するための4つのステップを紹介!

禁煙する方法  2017/04/29

今すぐ禁煙したいと思って、簡単にできる人もいれば、そうではない人もいます。
特に、タバコを長年愛用している人は、どうしても禁煙するのも難しいです。

しかし、自分にどの方法が合っているのか見極めることで、今すぐ禁煙することも可能です。

そこで、今回は段階ごとに4つの禁煙方法についてご紹介させていただきます。後半へいくにつれて、禁煙するのが難しい人向けの内容となっているため、ぜひ見てみてください。

今すぐ禁煙するには自分にどの方法が合っているか試してみると良い

禁煙することが、難しいと思っているあなた!その固定観念に縛られて自分には無理だと感じていませんか?

禁煙への成功の近道は、自分にどの方法が合っているか考えて試すことです。自分に合った方法を見つけることで、ストレスも感じにくくなるため禁煙の成功率も上がります。

今回は、段階別に禁煙方法を紹介しています。また、内容によっては禁煙方法を組み合わせることもできますので、参考にしてみてください。

第1段階:目標を立てて禁煙をする

この方法は、自分の意志が強い人向けでお金がほとんどかかりません。ここでは目標を立てる上で大事な5つのポイントを紹介していきます。

1.禁煙する理由を明確にしておく

禁煙をする理由を明らかにすることで、自分の禁煙しようとする意志を高めることができます。

例えば「家族に副流煙で迷惑をかけない」あるいは、「運動しても息切れしない身体にする」というように、具体的に目標設定することが大事です。

すると、タバコを吸いたくなっても我慢することも可能になり禁煙の成功率を上げてくれるでしょう。

2.禁煙開始する日まで、少しずつ喫煙本数を減らしていく

今まで1日20本吸っていたにも関わらず、明日から禁煙をすると言われても難しい話です。そのため、禁煙開始日までに、タバコの本数を減らしておくことも忘れてはなりません。

例えば、禁煙開始日1週間前に10本まで減らし、禁煙開始前日には3本まで減らしておくというように、段階的に行いましょう。

すると、禁煙開始したときも辛く感じにくくなりますよ。

3.いつから禁煙を開始するか決める

禁煙をいつから開始するか決めておくのも重要です。「気が向いたら禁煙する」という方法だと、そのままズルズルいってしまい、結局タバコを吸い続けているということになりかねません。

ただ、自分のココロの中で日にちを決めただけでは、甘えが出てしまうことも。そのため、誰かに宣言すると良いでしょう。すると、適度なプレッシャーとなり禁煙する気持ちが高まりますよ。

4.目標達成後のご褒美を決めておく

禁煙を続けていると、やはりストレスも積もってきます。そこで、1カ月禁煙に成功したら〇〇を買う。というように、自分にご褒美をあげましょう。

「アメとムチ」の効果を使って、禁煙のストレスを紛らさせることでストレスもたまりにくくなります。

5.禁煙できる環境を整える

環境は人を制すると私は思っています。

例えば「部屋から喫煙具を失くす」あるいは、「喫煙できる店舗で食事をしない」というように、なるべくタバコをイメージしない環境を作ることも大事です。

さらに、タバコを吸う友人との付き合いを減らすのも一つの手です。すると、タバコが目に入る機会も少なくなるため、喫煙したいという気持ちは自然と薄まります。

第2段階:禁煙補助グッズを使う


(写真はイメージです)

第1段階だけでは難しい人は、禁煙補助グッズを使ってみましょう。ここでは手軽に使える3つのグッズを紹介していきます。

1.禁煙パイポ

禁煙パイポ」とは、タバコの形をしたパイプです。味はミントやレモンなど数種類あります。1本あたり100円前後で購入できるため、非常に使いやすいでしょう。

2.電子タバコ

2つ目は「電子タバコ」です。充電が可能でタバコと似た形をしています。タイプはニコチンを含むものと含まないものに分かれます。

自分で好きな味に変えられる商品もあるため、飽き性の人にはピッタリです。

3.ガム

3つ目は「ガム」です。ずっと口を動かすことで、口寂しさがなくなるためタバコを吸いたい気持ちになりにくいでしょう。板状のガムから粒になっているものまで、様々な種類があります。

比較的簡単にできる方法です。

第3段階:禁煙補助薬を使う


(写真はイメージです)

第3段階からは、いよいよ医薬品の出番です。ここでは、実際にドラッグストアなどで販売されている「禁煙補助薬」について2製品紹介させていただきます。私も実際にこれで禁煙に成功しました。

1.ニコチネルガム

1つ目は、ニコチンを含んだガムでおなじみの「ニコチネルガム」です。使用方法は簡単で、タバコを吸いたくなったらかむだけ。

味は「マンゴー」、「スペアミント」、「ミント」の3種類あります。およそ12週間かけて禁煙を目指します。

ただし、この商品は「第2類医薬品」のため、「登録販売者」か「薬剤師」がいる店舗しか購入できないため要注意です。

2.ニコチネルパッチ

2つ目は、ニコチンを含んだパッチシート「ニコチネルパッチ」です。これはパッチシートから皮膚へニコチンを行きわたらせ、タバコを吸いたい気持ちを抑えるものです。

まず、初めの6週間は「STEP1」と記載されている商品を、次の2週間で「STEP2」と記載されているものを使い合計8週間で禁煙を目指します。

ただし注意点として、ニコチネルパッチを貼っている状態でタバコを吸わないようにしてください。ニコチンの過剰摂取で、場合によってはフラフラします(実際私も体験済みです)。

ちなみにこちらの商品は「第1類医薬品」となるため、「薬剤師」がいる店舗でしか販売されていないため注意しましょう。

最終段階:禁煙外来へ通って治療する

なかには今まで紹介した方法ではどうしても無理だと言う人もいるでしょう。そこで最終手段として「禁煙外来」を紹介します。大きく特徴を4つ挙げさせていただきます。

特徴1.医師とやり取りができるため、適切なアドバイスをもらえる

医師からアドバイスをもらえるのは、正直大きいです。なぜならば、医学的観点から、どうすれば禁煙へ導くことができるか知っているためです。

さらに、あなたに合った禁煙方法を一緒に探してくれるため、効率良く禁煙できるでしょう。

特徴2.期間は8~12週間

禁煙診療は、早い人だと8週間、遅い人でも12週間と言われています。そのため、長期的に行うものではありません。もちろん個人差はありますが、それ以外にも医師のアドバイスも関わってきます。

特徴3.社会保険の利用が可能

ここは注目ポイントです!なんと、保険診療をしてもらえるのです。つまり、社会保険に入っている人であれば3割程度(2017年1月現在)で利用できます(後期高齢者などは除きます)。

よって、全診察期間の診療費も高くて2万円程度でおさまると言われているのです。タバコ代にかけるぐらいなら、禁煙診療を頑張ろうという気持ちになりますよね?

特徴4.場合によっては薬の処方もある

なかなか医師だけの診察だけでは、禁煙ができないと言う人には薬の処方もあります。これを利用することで、禁煙時のストレスがたまりにくくなり、さらに禁煙の効率を上げることも可能です。

ただし、身体に合う合わないがあります。どうしても無理ならば医師に薬を見直してもらった方が良いでしょう。

まとめ

冷静になって段階を踏んでいくことで、自分に合った禁煙方法はきっとあるはずです。

今回の記事を読んで気になった人は、まずステップ1から順番に試していき無理なら次のステップへ移るという方法をとってみてください。

ぜひ、自分に合った禁煙方法を見つけ健康な身体を手に入れましょう!

1時間で我慢も離脱症状もなしで禁煙できる方法

喫煙者であれば1度は考えたことがある「禁煙」

しかしそれは途方もなく難しく、

途中で挫折する人がほとんどです。



でもその難しい禁煙を

たった1時間で我慢も離脱症状もなしで

確実に達成できるとしたら…



あなたはどうしますか?



私はこの方法に出会って3年ですが

今までたったの1度も



「タバコが吸いたいな」



と思ったことすらありません。



その方法は卒煙.jpの公式LINE@で公開しております。



気になる方は下のバナーをクリックして

1時間で我慢も離脱症状もなしで禁煙できる

たった1つの方法を受け取って下さい。



無料ですが、効果はバツグンです。



何一つ役に立たなかったなら苦情のメールを下さい。







この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
TOPへ戻る