1. TOP
  2. 禁煙中の副流煙が悪い理由とは?副流煙を浴びないコツを紹介します!

禁煙中の副流煙が悪い理由とは?副流煙を浴びないコツを紹介します!

禁煙の知識
 

禁煙をしていると、副流煙を吸いたくなることもありますよね?私も禁煙を行っている際に、他人のタバコの煙を吸いたいと思っていました。しかし、禁煙中に副流煙を吸うと悪影響を与える場合もあります。そこで今回は、禁煙中の副流煙が悪い理由と副流煙を浴びないコツを中心に紹介します。

副流煙を避けるのは意外に難しい


副流煙はいろいろな場所で吸う機会があります。喫煙所付近だけではなく、自宅内でも喫煙者がいると副流煙を吸うことも。そのため、副流煙を避けるのが難しい状況の人もいると思います。

しかし、意識するだけで副流煙を浴びる回数を減らすことも可能です。本記事ではタバコの副流煙を吸わないために、禁煙者自身が工夫できる内容も記載してあるので参考にしてみてください。

喫煙者の近くで副流煙を浴びない方が良い理由とは?


早速ですが、禁煙中にタバコの副流煙を浴びない方が良い理由を紹介します。

1.タバコを吸いたくなる

一番の理由はタバコを吸いたくなるためです。副流煙を浴びるとタバコの香ばしい香りがします。その結果、喫煙時代を思い出しタバコを吸いたくなる確率が上がることも。

さらに、タバコを吸っている人の姿が視界に入ると、余計禁煙をするのが嫌になるでしょう。禁煙に対するモチベーションを下げないためにも、喫煙者の近くで副流煙を浴びない方が良いのです。

2.禁煙による身体の回復機能を妨げる

禁煙を長期間にわたって行うと、ガンになるリスクが減る(身体の部位、ガンの種類によって、回復率は異なります)と同時に、味覚や肺の動きなど、身体のあらゆる部分が回復すると言われています。しかし、喫煙者の近くで副流煙を浴びると、タバコの有害物質が身体に入り込むので禁煙による身体の回復を妨げます

特に、健康面のことを考えて禁煙をしている人は、副流煙を浴びることで「本末転倒」になることも。自分の身体を痛め付けない意味でも、副流煙は浴びない方が良いのです。

3.身体にタバコ臭が付き、禁煙していることを信じてもらえない

副流煙を近くで吸う機会が多いと、身体中にタバコ臭が付きやすくなります。そのため、周囲の人から「本当に禁煙をしているの?」と疑われる原因に。禁煙をすると言ったのに、他の人からウソをついていると思われると人間関係にヒビが入る場合もあります。特に、非喫煙者はタバコ臭に敏感な場合も多いので要注意です。

禁煙中に副流煙を浴びないためのコツ


次の章では、禁煙中に副流煙を浴びないためのコツを見てみましょう。ちょっとした工夫でできる方法から大胆な方法まで幅広く紹介します。自分にできそうなものを取り入れてみてください。

1.マスクをする

副流煙を絶対に浴びなければならない場合は、マスクをしてみてはどうでしょうか?ただ商品によって、網目の細かさが違います。できれば、PM2.5など細かい微粒子も通さないマスクを購入しましょう。すると、体内に副流煙が入りづらくなります。

また、マスクをする際も鼻や口にスキマができないようにするのも重要です。仮に、マスクのサイズが大きすぎる場合は、口とマスクの間に綿などを詰めてスキマをなくしましょう

2.喫煙者との付き合いを減らす

どうしても喫煙者との付き合いが多いと、飲食店や自宅など目の前でタバコを吸われる機会も増えます。それを防ぐためにもこの方法は効果的です。

例えば、毎日喫煙者と行動を共にしていた人は、週3に減らす。もしくは、非喫煙者との付き合いを増やすなどし、副流煙を浴びない仕組みをつくってみてはどうでしょうか?

3.喫煙所の近くを通らない

オフィスビルや、路上などに喫煙所が集中している場所もあると思います。その際は、喫煙所付近を避けて通ることをおすすめします。喫煙所の遠くを歩けば、副流煙を浴びる確率も下がります。さらに歩数が増えれば運動不足解消にもつながるので「一石二鳥」です。

また、出勤先にある喫煙所近くを通ると、上司に声をかけられ喫煙所へ連れていかれることも0ではありません。副流煙を吸わないためにも徹底してみてはどうでしょうか?

4.喫煙席付きの飲食店を避ける

ランチやディナーなどで、飲食店へ行くこともあると思います。その際、喫煙席が付いている店を避けるのも一つの手です。特に、居酒屋などは全席喫煙の場所も多いので、他のお客の副流煙を吸ってしまう恐れもあります。

また、仮に禁煙席へ座ったとしても、風に乗って副流煙が漂ってくる場合も。そういう観点でも、完全禁煙の飲食店を選ぶのは良いでしょう。

5.喫煙者にタバコを我慢してもらう

どうしても、喫煙者との付き合いを減らせない場合もあると思います。その場合は、喫煙者にタバコを我慢してもらうと良いでしょう。周囲に協力してもらうことで、副流煙の心配も減ります。

ただ、喫煙者側からすれば、タバコを吸いたくてたまらない場合も。目の前での喫煙を避けてもらうなど協力してもらいましょう。

どうしても、副流煙を吸いたくなったら?


ただ禁煙をしていると、副流煙でもいいから吸いたいという気持ちが出てくることもあるでしょう。そこで最後に、副流煙を吸いたくなったときの対処法を紹介します。

1.副流煙が悪いものだと頭にたたき込む

まず、副流煙が悪いものだと思い込みましょう。副流煙を吸いたいたびに「副流煙=悪いもの」だと何度もイメージすることで、欲望を抑えることも可能です。

また、副流煙にどういう悪い物質が含まれていて、身体にどんな悪影響を与えるか知ることで、副流煙についての恐怖を詳しく知ることもできます。そのため副流煙を吸いたい気持ちも減るでしょう。

2.副流煙を吸ったら禁煙失敗だという気持ちを持つ

副流煙を吸う=禁煙失敗」だと思い込むのも良いでしょう。どうせ、禁煙をするなら成功させたいですよね。そのイメージを利用するのです!

禁煙に成功したい気持ちが強い人ほど、効果的に働いてくれるはず。自分のなかでルールをつくることで、副流煙を吸いたい気持ちを減らせるでしょう。

3.副流煙を吸っている気分を感じる

副流煙を吸っている気分を感じるのもおすすめです。例えば、頭の中で副流煙を吸っている気分をイメージしても良いですし、ミストを噴射する機械を使い、それを副流煙だと思い込んで吸うのも良いでしょう。これを行うことで、禁煙の辛さを和らげることも可能です。

ただし、場合によっては「本当の副流煙を吸えたらな~」と余計辛くなる人もいます。その場合は、この方法を避けた方が良いでしょう。

4.副流煙以外に意識を向ける

副流煙のことを考えないことも重要です。「読書、勉強、運動」など、副流煙のことを考えない仕組みをつくるのも効果的でしょう。

ただし、喫煙者の姿が見えるところやタバコの香りを感じる場所で、この方法を実践するとタバコのことを思い出す可能性も上がり、副流煙を吸いたくなる衝動にかられる場合もあるので要注意です。

5.禁煙グッズを使う

電子タバコや禁煙セラピー本など、禁煙グッズを使うのも良いでしょう。禁煙グッズの効果が発揮されれば、タバコの副流煙を吸いたい衝動を抑えてくれる可能性も高くなるので効果的です。

ただ、禁煙グッズによって合う合わないがあります。どの方法が合うのか、自分の性格などを分析して選びましょう。

まとめ


禁煙中の副流煙はさまざまな面で悪影響を与え、ちょっとの油断が命取りになることもあります。真剣に卒煙を考えている人は、脱タバコを成功させるために副流煙を浴びない努力をしてみましょう。

するとタバコの誘惑も減るので、快適な卒煙ライフを送れるはずですよ。

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kengo

kengo

2015年より専業のフリーライターとして活動しております。
このHPでは、私の禁煙体験も交えながら紹介させていただいています。

運営者情報