1. TOP
  2. 禁煙で体調は悪くなるの?それとも良くなるの?

禁煙で体調は悪くなるの?それとも良くなるの?

禁煙の知識
 

禁煙のせいで体調が悪くなったと答える人もいれば、禁煙のおかげで体調が良くなった。と答える人もいます。

果たしてどちらが本当だと思いますか?

そこで今回は、禁煙で体調が悪くなるか?良くなるか?について考えてみたいと思います。

それぞれの特徴をつかんで、禁煙に対する考えを学ぶ機会にしていただけると幸いです。

禁煙で体調が悪くなったと感じる人の意見


早速ですが、禁煙で体調が悪くなったと感じる人は、どのような症状に襲われるのか見てみましょう。

誰にでも起こり得る症状なので要チェックです!

1.強烈な睡魔に襲われる

禁煙開始したせいで、強烈な睡魔を感じる方がいます。

なかには、意識が飛びそうになるほどの睡魔に襲われて、いつの間にか熟睡している場合も。

この症状は、喫煙時に覚醒作用を起こしていた「ニコチン」が体内からなくなる最中に起こる症状なのです。

つまり、喫煙時代とは違う環境に身体が慣れようとしている証拠。

普段から、車や機械の運転、高所業務など命にかかわる行動を頻繁にとる方は、途中で寝ると危険です。

仮眠をとったり身体を動かしたりして仕事中の眠気を吹き飛ばす必要性があるでしょう。

2.頭が痛くなる

禁煙中は、ニコチン依存症に罹っている方を中心にストレスが溜まりやすいです。

ストレスをたくさん溜めると、ホルモンバランスの乱れにつながる場合も。

その結果、頭痛やめまいを引き起こすことがあるのです。

頭痛は、短期間で症状が収まる方もいれば、1カ月以上引き起こす方もいます。

頭痛が毎日起こると、体のだるさを感じる原因となり仕事をするのが「おっくう」になる場合も。

首や肩回りのマッサージ適度な運動をすることで頭痛は解消されます。

ただし、雑に行うと身体に異常が出る恐れもあるので、専門の人に聞いて行うのが一番良いでしょう。

3.禁煙うつを患う

今まで喫煙していた方のなかには、タバコに依存し続けたいという気持ちが生まれ「禁煙うつ」の症状にかかる場合もあります。

特に、ストレスや不安などをタバコで解消していた方に起こりやすいでしょう。

タバコを吸って不安が解消されれば、この症状は収まりやすいですが、禁煙中にタバコを吸うのは気が引けますよね?

喫煙以外の方法だと、精神科の医者心理カウンセラーと話してみてはどうでしょうか。

専門の方に話すことすら嫌であれば、家族や友人などと電話で話すだけでも違います。

あなたがココロのなかに抱えている不安を誰かに聞いてもらうことをおすすめします。

4.身体がだるく感じる

禁煙をすると空腹状態が訪れやすくなり、人によっては「食べ過ぎる」方もいます。

それが理由で、体重増加を引き起こすケースも。

急な体重増加は、身体が重く感じます。

つまり、身体がだるく感じるのです。

それを防ぐには、体重増加を抑えることです。

例えば、体重の記録。、お通じを良くするために食物繊維を豊富に摂る。噛む回数を増やすことを実践しましょう。

その結果、急な体重増加を防げます。

ただし、極度な食事制限などは、ストレスを増やし禁煙失敗する原因の一つとなるので、情緒不安定にならない程度に実践しましょう。

これらの症状は「離脱症状」と呼ばれる症状

禁煙を行って表れやすい症状を紹介しましたが、これらの多くは「離脱症状」と呼ばれるものです。

つまり、ニコチンやタールに染まった身体を、よみがえらそうとしているために起こる症状なのです。

早い人であれば、禁煙開始後1週間もすれば、これらの症状は出なくなります。

禁煙開始当初は身体がツライけど、時が経過するとともに症状が治まる」ことを覚えておきましょう!

もし、長期間症状が続くのであれば、医者へ相談することをおすすめします。

長期的な禁煙は体調を回復させる


長期的にみれば、禁煙は体調を回復させます。

この章からは、どのように体調が良くなるか見てみましょう。

1.寝起きがスッキリする

禁煙を始めると、寝起きがスッキリします。

タバコを辞めれば、血行不良が改善されることもあり睡眠の質が良くなります。

その結果、起きるのが苦手だった方も、目覚めの良い朝を迎えることが可能なのです。

快適な目覚めになれば布団から出る時間も早くなり、ゆとりある朝を送れるかもしれませんよ!

2.味覚がハッキリする

禁煙開始すると味覚もハッキリします。

理由は、舌の表面にある味を感じ取る器官の働きが活発になるからです。

今まで、素材の甘みや渋みなどを感じなかった人も、禁煙すると感じるでしょう。

禁煙による味覚の変化で、味の好みもだいぶ変わるかもしれませんね!

3.喉の調子が良くなる

喉の調子も良くなります。

タバコを吸い続けると、どうしても咽頭炎タン詰まりを起こしやすいです。

しかし、禁煙をすればこれらの症状が改善される可能性が高く、高音も出しやすくなるでしょう。

ただし、長期間喫煙した人だと、その分、喉へのダメージが大きく改善されない場合もあるので要注意です。

4.体臭・口臭が大幅に減る

タバコを吸い続けると、身体全体にタバコの臭いが染み付いて悪臭を放ちます。

特に、喫煙所で毎日タバコを吸っている方だと、他人のタバコ臭まで身体に染み付きます。

そのため、余計強烈な臭いがするでしょう。

しかし、タバコを辞めると喫煙所へ入ることもないですし、タバコを加えることもありません。

結果的に、身体に付くタバコの臭いを抑えられるのです。

ただし、あなたが禁煙をしていても周囲に喫煙している人がいると、他人の副流煙でタバコの臭いが付きます。

喫煙できない環境で人と過ごすことをおすすめします。

また、体臭・口臭が大幅に減ると、大きなメリットが2つあります。

非喫煙者の方に嫌われづらくなる

非喫煙者のなかには、身体に付いたタバコの臭いが苦手だという方も多いです。

あなたの目の前でニコニコ喋っている非喫煙者も、喫煙者に対して嫌な気持ちを持っているかもしれません。

しかし、禁煙すれば身体からタバコ臭が出ることも無くなるので、非喫煙者からのイメージも良くなるでしょう。

禁煙をすることで、今まで相性が悪かった人とも仲良くなれるかもしれませんね。

異性からの人気がUPするかもしれない

婚活中の方は注目です!

非喫煙者になれば、異性からの人気がUPする可能性もあります。

なぜなら、非喫煙者と付き合いたいと答えている男女が増えているからです。

大きな理由は2つあります。

1つ目は、喫煙する人が減ったことです。

現在は、若者を中心に喫煙者は減っています。

それもあってか「タバコを吸っている人はカッコ悪い」という印象を持つ人が増えているのです。

さらに、中高年でも禁煙している方が増えているため、喫煙者に対するイメージはますます悪くなっています。

2つ目は、タバコを吸えない場所が増えたことです。

一昔前は、航空機・電車内・駅のホームなど、至るところに喫煙所は設置されていました。

しかし、現在では多くの場所で喫煙所が撤去され、タバコを吸える場所が減ったのです。

特に、2020年には東京オリンピックを控えているので、日本から喫煙所を減らし非喫煙者が過ごしやすい国だということをアピールするかもしれませんね。

病気のリスクを減らしたいなら、禁煙は効果的!


年齢を重ねると、自然に病気のリスクは上がります。

病気のリスクを減らし、元気に年齢を重ねていきたいならばタバコをやめたら良いでしょう。

禁煙初期は、慣れないことだらけで苦しいかもしれませんが、その期間を乗り越えれば意外とラクです。

ぜひ、タバコに依存しない生活を送ってみませんか?

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kengo

kengo

2015年より専業のフリーライターとして活動しております。
このHPでは、私の禁煙体験も交えながら紹介させていただいています。

運営者情報