search
MENU

禁煙でストレスを溜める方へ。ストレスを感じる原因・対処法を紹介!

禁煙の知識

禁煙をしていると、ストレスが溜まりますよね…

私も、タバコを吸っていたので気持ちは分かります。

ただ、タバコを辞めるのだったら、極力禁煙でストレスを感じたくないですよね?

そこで今回は、禁煙でストレスを感じる原因・対処法について紹介します。

禁煙に何度も失敗していて、確実にタバコを辞めたいと思っている方は必見です。

禁煙中にストレスを感じる原因

禁煙にストレスはつきものです。

そこで初めに、禁煙中にストレスを感じる原因を紹介します。

あなた自身、当てはまる項目があるかチェックしながら読んでみてください!

1.ニコチン依存症

ニコチン依存症とは、体内にニコチンが供給されないことで、イライラ・不安感などを持つ病気です。

喫煙者は脳内がニコチン漬けになっていることが多いため、禁煙を始めるとニコチンが体内に供給されなくなり、身体がストレスを感じるのです。

特に、禁煙開始して間もないときは、タバコを吸わない生活に慣れていないということもあり、イライラ度は高いでしょう。

2.タバコを購入できない辛さ

スーパーやコンビニエンスストアなどへ行くと、タバコが販売されている場所も多いです。

レジ付近に並べてあるタバコのパッケージを見て「タバコを買いたいのに買えない」という気持ちが強くなるほど、ストレスを感じます。

毎日、タバコ販売店で買い物をする人に起こりやすいでしょう。

3.タバコの時間を楽しめない苦痛

仕事やプライベートの合間で喫煙時間を楽しんでいた方も、禁煙のストレスが溜まります。

飲食店でタバコを吸うのがぜいたくに感じた」、「自宅で景色を眺めながら、タバコを吸うのが好きだった」など、喫煙に関して愛着があった方は、このタイプの場合が多いです。

禁煙によって「手持ち無沙汰」を感じる方は、余計ストレスだと感じるでしょう。

4.喫煙者の姿を見て羨ましく感じる

他人がタバコを吸っている姿を見て、羨ましく感じる人も禁煙のストレスを感じやすいです。

特に、社内に喫煙所が設置されている場合、仕事中も喫煙者の姿を見る機会が多いため、場合によっては仕事へ集中できないケースも。

また、通勤途中に喫煙所近くを通る場合も、タバコを吸っている人の姿が目に入りやすいため、タバコを吸いたい度が上がるのです。

5.仕事・プライベートのストレスを解消できない

仕事・プライベートのストレスを解消できない人もストレスを溜め込む傾向が強く、結果的に禁煙のストレスが増します。

なお、このタイプの方は2つの下記内容に当てはまるケースが多いです。

タバコ以外のストレス解消方法がない

ストレス解消方法がタバコしかなかった場合、禁煙するとストレス解消方法がなくなります。

その結果、仕事・プライベートのストレスを解消できなくなるのです。

逆に、タバコ以外のストレス解消方法を持っている方は、禁煙のストレスも溜まりづらいでしょう。

些細なことでもストレスを感じる

ちょっとしたことでストレスを感じる方も、仕事・プライベートのストレスを解消するのは難しいです。

「モノを落とした」、「雨が降っている」など、日常的に起こる事象に対してイライラする場合、ストレスを溜め込みます。

その結果、ストレス解消が追い付かず、見る見るうちにストレス度が上がるのです。

禁煙中にストレスを溜めすぎると…

この章からは、禁煙中にストレスを溜めすぎると何が起こるか見てみましょう。

身体やメンタルに異変が起こる場合もあるので要チェックです!

1.感情と理性のバランスがおかしくなる

禁煙でイライラしすぎると、理性で感情を抑えられなくなります。

ストレスをたくさん抱えているせいで「感情がむき出しになる」、「車の運転が粗くなる」など、マイナスなことが起こります。

そのため、仕事やプライベートを楽しく過ごすのも難しくなるのです。

2.病気を起こす原因になる

ストレスをたくさん抱えると、身体の免疫力が落ちて病気を引き起こす場合も。

例えば「胃潰瘍」、「風邪」、「高血圧」、「ガン」などさまざまな病気を起こす原因になるのです。

さらに、加齢が加わると病気リスクも上がるので要注意です。

3.他人に対して八つ当たりをする

ストレスを抱えている人のなかには、誰かに八つ当たりをしたいと思う方もいます。

例えば「部下へ理不尽に怒る」、「クレーマーとして怒鳴る」など、他の人に迷惑をかけるケースもあるのです。

繰り返すうちに、八つ当たりをするのが当たり前になり、他人から嫌われやすくなります。

その結果、あなたの周りから友人がいなくなることもあるのです。

4.タバコを吸いたくなる

禁煙のストレスを解消したい→ストレスを解消するには喫煙すべき」という悪循環が頭の中にこびり付くと、喫煙したい気持ちが湧くので、禁煙失敗率が上がります。

タバコがストレス解消にならないと理解すれば、喫煙したい気分も抑えられるでしょう。

禁煙を続けるには、ストレス解消・抑えるのが大事

最後の章では、ストレス解消方法について紹介します。

ここでは、日頃の積み重ねが必要な方法を記載してあります。

ぜひ実践して、生活スタイルを変えてみてはどうでしょうか?

1.日頃の生活習慣を整える

ストレスを感じなくするには、日頃の生活習慣を整えると良いです。

生活習慣が整えば、ホルモンバランスも良くなるのでストレスも減るはず。

生活習慣を整えるには、3つのポイントを意識しましょう!

休息・睡眠時間をしっかり摂る

まず身体をしっかり休めましょう。

読者のなかには、仕事で忙しい日々を過ごしている方も多いはず。

しかし、休憩時間をとらなければ「身体・メンタル」面で異常をきたします。

例えば、仕事だと「1時間に1度は数分程度のんびりする」、プライベートだと「毎日6時間以上は寝る」などルールを決めると良いです。

ただし、身体・メンタルの状態で最適な過ごし方は変わるので、ご自身の身体とご相談したうえで計画を立てましょうね!

食習慣に気を付ける

食習慣にも気を付けるべきです。

例えば、ストレスで暴飲暴食を起こす人は要注意!

暴飲暴食を頻繁にしていると、食べる量が増えていき肥満へ突入します。

その結果、病気を引き起こす原因となり、禁煙以外のストレスを抱える恐れがあるのです。

確かに、暴飲暴食はストレスを解消するかもしれません。

しかし、長期的に考えると身体に良いことではないので、規則正しい食事を心掛けましょう。

運動をする

運動をしている間は、嫌なことを忘れられます。

また、今までできなかったことができると、自分に自信が付きます。

その結果「禁煙も上手くできるかも!」という気持ちを持てるので、禁煙に対してポジティブな考えを持てます。

すると、禁煙のストレスを抱えづらくなるためおすすめです。

2.趣味の時間をつくる

ここで言う趣味とは、ストレス解消方法を探しましょうという意味です。

さきほどお話しした運動だけではなく、旅行ゲームなど、いろいろとあります。

とにかく、自分が楽しめることに没頭しましょう!

次第にタバコでストレスを解消するというイメージが薄れていき、禁煙でストレスを感じなくなるはずですよ。

3.人とたくさん会話をする

禁煙のストレスを誰かに話したいと思う人は、とにかく会話をしましょう。

相手へ相談することで、ストレスだけではなくココロのモヤモヤがとれてストレスを感じづらくなるはず。

場合によっては、あなたに適切なアドバイスをしてくれ、禁煙に対する向き合い方が変わるでしょう。

禁煙のストレスを乗り越えれば、卒煙成功率は上がる!

禁煙のストレスは、どのように対処するかで長く禁煙し続けられるかが決まります。

対処法を習得すれば、卒煙成功率は上がるはずです!

卒煙できれば、喫煙に使っていた時間・お金を別のことに回せるため、違う人生を切り開くこともできます。

ぜひ、私と一緒に卒煙を始めて、新たな人生を送ってみませんか!?

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む
TOPへ戻る