search
MENU
-->

禁煙のデメリットとは?

禁煙のメリット・デメリット  2020/07/14

タバコが身体に悪いというのは、誰もが知っていることでしょう。そんなタバコを辞めた場合のデメリットはあるのでしょうか?

禁煙をするデメリット

「百害あって一理なし」と言われるタバコ。実際言葉の通り、タバコを吸うデメリットはあっても、タバコを辞めるデメリットはないと言えるでしょう。強いていうのであれば、体重が増加することです。

体重が増える理由


タバコに含まれているニコチンには、食欲を抑える作用があると言われています。また、タバコを辞めると味覚や嗅覚が改善。その結果食欲が増して、体重増加へと繋がるのです。ただし、体重増加は一般的に1年以内と言われています。きちんと運動や食生活を意識すれば、十分元の体重に戻すことは可能です。そう考えると、禁煙するデメリットはないに等しいと言えるでしょう。

体重を増加させない対処法

野菜を多く取る


食事が進んでしまう場合は、野菜をたくさん食べるようにしましょう。野菜は大量に食べたとしても、体重増加につながりにくいと言えます。空腹感がある場合は、野菜を利用して乗り越えましょう。ヨーロッパでは禁煙グッズとして、セロリの丸かじりやスライスオニオンを推奨。調理する時は、油脂類や砂糖などの使用し過ぎは注意してください。

間食をなくす


仕事の合間やご飯を食べ終わった後にしてしまいがちな間食。スナックや果物、ジュースはエネルギーが高く太る原因になります。どうしても間食したい時はノンカロリーの食品しましょう。しかし、一番の手元に置かない・持たないが最善です。

よく噛んで食べる


食事で満腹感を得るには、ゆっくり食べるのがおすすめです。満腹感は食べ物を飲み込んでから20分後に感じると言われているので、早食いはNG。一口20回以上噛むようにしましょう。

運動する


運動はカロリーを消費するだけではなく、「タバコを吸いたい」という禁断症状を和らげる効果があると言われています。もし、まとまって運動する時間が取れない人は、階段の利用・ストレッチをするなど工夫しましょう。

禁煙はメリットしかない

禁煙はデメリットはなく、メリットしかありません。しかも、たくさんのメリットがあります。

禁煙のメリット

  • 病気にかかるリスクが低下する
  • ストレスが減る
  • お金が貯まる
  • 臭いと煙たがられない
  • 料理が美味しくなる

禁煙することで得られる嬉しいメリットは多くあります。最初はキツイと感じることもあると思いますが、禁煙すると将来的にメリットしかないので、ぜひチャレンジしましょう。

禁煙を手助けするアイテム


禁煙するデメリットはないとわかっていても、すぐにタバコを辞められい方は多いでしょう。そんな時は、禁煙を手助けしてくれるアイテムを使用しましょう。

VAPE(ベイプ)

タバコにはニコチンやタールといった有害物質が含まれていますが、ベイプには一切含まれていません。煙ではなく蒸気を吸うので、タバコのような臭いや副流煙が発生しないのも魅力です。タバコを吸っている感覚になれるので、ストレスなく禁煙ができます。定期的にリキッドを購入する必要がありますが、長持ちするのでタバコよりも経済的と言えるでしょう。おしゃれなデザインのベイプも数多くあるので、ファッションアイテムの一部として持つ人も。ストレスなくタバコを辞めたい人におすすめです。
※ベイプの紹介カテゴリに飛ばすリンクを設置

ニコチンパッチ

ニコチンを含んだシールのことを言うニコチンパッチ。皮膚からニコチンを吸収します。医薬品となっており、毎朝肌に貼るだけで禁煙に繋がるのが特徴です。使用方法が貼るだけと手軽なので、支持されています。

ニコチンガム

ニコチンを含んだガムです。市販薬となっており、噛むだけで禁煙中のストレスを軽減できることから人気となっています。手軽に購入できるのも嬉しいポイントのひとつと言えるでしょう。

禁煙は途中で挫折する人が多くいます。成功させるためには、禁煙アイテムを使用するのもひとつの方法と言えるでしょう。

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
TOPへ戻る