search
MENU

電子タバコを売ってる場所を紹介!購入時に生かせる内容も満載

電子タバコ  2017/03/03

電子タバコを使用しながら、禁煙したい人もいると思います。
喫煙者のなかには、どこへ行けば自分に合った電子タバコを見つけられるかと思っている人もいるのでは?

そこで今回は、電子タバコを売ってる場所を載せると同時に、購入する人にとって有益な情報を紹介させていただきます。

電子タバコを売っている場所は意外に少ない


一時期、電子タバコの販売もたくさんの店舗で販売されていました。しかし、現在では電子タバコを大々的に扱う場所も減ってきている気がします。特に、地方においては電子タバコの販売が活発的ではないです。

今回の記事を読んで、電子タバコを購入する際の参考にしていただけると幸いです。

電子タバコの売ってある代表的な場所を紹介


それでは、いきなりですが電子タバコの販売がしてある代表的な場所を紹介させていただきます。

1.ドン・キホーテ

1つ目は「激安の殿堂」で大人気の「ドン・キホーテ」。私も大好きな場所です!

全国に幅広く存在する

ドン・キホーテの特徴は、全国的に幅広く存在するということです。数年前までは、繁華街を中心に展開してあったというイメージでしたが、2017年3月現在では、高知県と徳島県以外の45都道府県に展開しています。

そのため、たくさんの人に利用できる店舗だと思います。

夜遅くまで空いている場所が多いため便利

ドン・キホーテは、夜遅くまで空いている場所が多いのも特徴です。例えば朝の5時まで空いているなど、仕事で忙しい人も購入できるようになっています。

なかには、24時間店舗している場所もあるため、飲み帰りでの購入も可能です。ディスカウントストアで夜遅くまで営業している場所は、あまりないため貴重だと言えるでしょう。

商品によっては、激安の電子タバコも

「激安の殿堂」と謳っているだけあって、商品によっては激安に販売されている電子タバコもあります。

ただし、場合によっては在庫処分品を安く販売していることも。それを購入してしまうと、継続して購入するのも難しくなるため注意が必要です。

2.家電量販店

次に紹介するのは、家電量販店です。国内には、「ヤマダ電機」をはじめ「エディオン」、「ビックカメラ」、「ヨドバシカメラ」などが存在します。

ポイント還元率が良い店舗もありお得感満載

「ヤマダ電機」や「ビックカメラ」、「ヨドバシカメラ」など、ポイント制度があります。その際、購入価格の10%分ポイントが付く場合も。

例えば、2000円の電子タバコを購入したとすれば「200P」のポイントが付き、別の買い物にそのポイントを使うことができます。そのため、お得感もあるでしょう。

大手メーカーの電子タバコが取り扱われている場合も

家電量販店によっては、大手の電子タバコメーカーとタイアップをして売り込んでいる場合もあります。運が良ければ、家電量販店でしか手に入れることができないデザインの電子タバコを購入できる可能性も。

そのため、電子タバコを買うのも楽しくなるでしょう。

3.コンビニエンスストア

3つ目は、「コンビニエンスストア」です。これは、全国にあり比較的見つけやすいと言えるでしょう。

販売されていたとしても取り扱いの種類は少ない場合が多い

仮に、コンビニエンスストアで電子タバコの取り扱いがあったとしても、種類はそこまで置かないでしょう。やはりコンビニエンスストアは、狭い店舗も多いため棚のペースは限られます。

そのため、多くても2~3種類程度の電子タバコを置いている場所がほとんどです。

さらに、値段も定価で置いてある場合が多いため、安く購入するのは難しいでしょう。

ただ、店舗によっては販売されていない場合がある

コンビニエンスストアは、全国で同じ商品を取り扱っているわけではありません。場合によっては電子タバコを取り扱っていない場合も。

特に、電子タバコの需要が見込まれない場所にある店舗のときは、一つも取り扱いがないため注意しましょう。

4.電子タバコの専門店

最後に紹介するのが電子タバコの専門店です。これは、個人店の場合もあれば全国展開している店舗まで色々あります。

都心部を中心にたくさんの店舗が展開してありますが、地方にはほとんどありません。

場所によっては100種類以上取りそろえている

電子タバコの専門店の一番のウリは取扱数の多さです。場所によっては100種類以上あります。

そのため、自分の好みに合う電子タバコも見つかりやすいでしょう。優柔不断の人だと、どれにしようか迷ってしまうかも。複数個購入するのもアリでしょう。

電子タバコに詳しい人がいる場合も多い

電子タバコの専門店ということは、店員も電子タバコに精通している場合も多いです。

自分の好みや予算などを伝えることで、店員もあなたに合った紹介をしてくれるはず。

できれば、利用者が男性であれば男性の店員に。女性であれば女性の店員に聞くと良いでしょう。

定価で取り扱っている可能性が高いため割高感がある

ただ、電子タバコ専門店も定価で取り扱っている場合が多いです。そのため、割安に購入することは難しいでしょう。また、海外から輸入したものばかり置いてあると、商品の価格も高くなってしまうため要注意です。

近くに店舗がない人は通販を使うのも一つの手


色々と電子タバコの取り扱いがある店舗を紹介させていただきましたが、自分の近くには店舗がないという人もいるでしょう。

そんなときに使えるのが「通販」です。そこで最後に、店頭販売とは違う通販のメリットを紹介させていただきます。

1.インターネットがつながる場所であれば数分で購入可能

通販はインターネットがつながる場所であれば買い物できます。

例えば、通勤途中や自宅でのんびりしているときなど、店舗へ行く用事もないときであっても、いつでも電子タバコを購入できるのです。

服を着ていなくても、すっぴんであろうが誰にも見られることなく買えるため、とても使い勝手が良いでしょう。

2.品ぞろえが豊富にある

店舗とは違うぐらい品ぞろえがあります。例えば、さっきであれば電子タバコの専門店へ行けば100種類以上の種類が置いてある場合もあると言いました。

しかし、通販であればたくさんのサイトがあるため、1000を超える電子タバコの取り扱いがあるでしょう。

さらに、国内の商品だけではなく海外からの輸入品を取り扱っているサイトもたくさん存在するため、選ぶのも楽しくなるはずです。

また、同じ商品であってもサイトによっては金額の違いもあります。インターネットの場合は数分で価格を比較できますが、店舗の場合だとイチイチ自分の足で店舗を回って確認しないといけません。そのため、店舗より通販の方が楽に購入できるでしょう。

3.在庫がなくて、また店舗へ行くという作業もない

店舗販売の場合は、在庫がない状態だと無駄足になってしまいます。しかし、通販の場合は在庫がなくても別のサイトから購入することも可能です。そのため、快適な買い物ができるでしょう。

電子タバコを利用して禁煙ライフを楽しもう


日本は今後も喫煙者に厳しい環境になっていくでしょう。店舗で電子タバコを購入するのが難しい人は通販を使うのも一つの手ですし、店舗で商品を確認した後に通販で購入するのもアリです。

また、店舗へ行くまでの労力を使いたくないのであれば通販での購入は向いているでしょう。

タバコを本気で辞めたい人は、電子タバコを使った禁煙ライフを楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 34人中30人がこの投稿は役に立ったと言っています。

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む
TOPへ戻る