1. TOP
  2. 禁煙を考えている人は電子タバコを使ってみては?口コミやメリットを紹介!

禁煙を考えている人は電子タバコを使ってみては?口コミやメリットを紹介!

 2017/09/13 電子タバコ
この記事は約 7 分で読めます。 354 Views

数年前から、新たな禁煙方法が国内でも話題になっています。

それは「電子タバコ」です。

最近は、男女問わず使える新型商品も開発されています。

そこで今回は、電子タバコを使って禁煙に成功した人の理由や、電子タバコを使用するときの注意点などを紹介します。

電子タバコを使って、どういう効果が期待できるか想像しながら読んでみてください。

電子タバコは海外でも人気!


電子タバコでの禁煙方法は日本だけではなく、海外でも流行中です。

VAPE」など、複数国で販売されている商品もあります。

電子タバコを愛用している有名人もいます。

今後も、喫煙率の減少が予想されるので、電子タバコを使って禁煙してみてはどうでしょうか?

ヘビースモーカーに電子タバコを使った禁煙が向いている理由


まず初めに、電子タバコが禁煙に向いている理由を紹介します。

メリットや特徴をつかんで、上手に電子タバコを使ってみてください。

1.タバコを吸っている気分を味わえる

電子タバコは、煙(水蒸気)が出ます。

さらに、形状もスティック状なので紙タバコを吸っている気分を味わえるのです。

そのため、禁煙で起こるイライラを抑えやすいでしょう。

商品によっては、吸うたびに先端部が火種のように点灯するものもあり、より一層紙タバコを吸っている雰囲気を楽しめるはずです。

2.口寂しさが減る

電子タバコを加えていると、口寂しさも減るので喫煙が嫌になるでしょう。

なかには、食べ物を食べながら口寂しさを解消する人もいますが太るケースも

禁煙で、太りたくない方にも電子タバコの利用をおすすめします。

3.いろいろな味を楽しめる

電子タバコは、商品によって味の種類が違います。

そのため、1つの味に飽きてしまう人におすすめです。

ミントやメンソールだけではなく、コーヒー、コーラ、ツナ味など、変わり種の味もあります。

気分に合わせて味を変えると、気分転換になるので効率的に禁煙を進められるでしょう。

4.紙タバコと比べオシャレ

電子タバコは、紙タバコと比べオシャレ性もあります。

ゴツイデザインから、かわいらしさが目立つ商品まで幅広いです。

オシャレアイテムとして電子タバコを利用すれば、長年愛用することができ禁煙成功へ導いてくれるでしょう。

服装に合わせて、いくつか電子タバコをそろえておくと良いかもしれませんね。

電子タバコでの禁煙を成功させるためのコツ


ここからは、電子タバコでの禁煙を成功させるためのコツについて紹介します。

購入から使用方法まで、いろいろな視点で説明してあるので、参考にしてみてください。

1.長く使えそうな電子タバコを買う

長期間使えそうな電子タバコを選ぶのが大事です。

特に「経済的」なことは考えましょう。

電子タバコは、商品によって金額が違います。

カートリッジも、1000円前後で購入できる場合があれば3000円以上かかるケースも。

すなわち、お財布事情に合わせて商品を選ばないと、長期間使い続けるのが難しくなるのです。

さらに、商品との相性も大事です。

形や大きさ、使いやすさなどで相性は決まります。

あなたの手にフィットした商品だと長く使いたいと思いますが、気に入らない商品だと電子タバコでの禁煙が嫌になる場合も。

特に、通販の場合はイメージしていた商品と違うものが届くこともあるので要注意です。

2.常時持ち歩いておく

電子タバコを常時持ち歩くことも大事です。

喫煙したいときに電子タバコを使えなければ、禁煙グッズとして役立ちません。

紙タバコを吸いたくなったときに、いつでも電子タバコを使えるようにするのが重要なのです。

また電子タバコは、充電切れになると使えないので、コマメに充電するのも忘れないようにしましょう。

3.1つの本体で複数種類の味を楽しめる商品を選ぶ

1つの本体で複数種類の味を楽しめる電子タバコを選ぶのも大事です。

1種類の味だけで、大丈夫な人はそんなに考える必要はないですが、気分によって味を変えたい人には重要。

1つの本体で味を1種類しか楽しめない場合もあれば、数十種類もの味を楽しめる商品もあります。

商品によっては、リキッドになっているものもあり、同じ味でも濃度を変えることが可能です。

そのため、自分好みの味に仕上げられるでしょう。

4.電子タバコを嫌々使わない

電子タバコを使うときの気持ちも大事です。

嫌々電子タバコを使うと、ネガティブな発想が頭の中に思い浮かびやすくなります。

そのため、電子タバコの利用を途中でやめてしまい、喫煙を再開するケースも。

禁煙に失敗すると、今まで電子タバコに使ったお金も無駄金になるので要注意です。

長期間の禁煙生活を続けるために、まるで自分の相棒かのように電子タバコを使ってみてはどうでしょうか?

5.他の禁煙方法とミックスする

なかには、電子タバコだけの禁煙ではココロがもたない方もいると思います。

そのときは、他の禁煙方法とミックスするのも重要です。

例えば、電子タバコを使ってもニコチン依存症によるイライラが納まらない場合は「ニコチンパッチ・ガム」の使用を。
タバコに対する考え方を変えたい場合は「禁煙セラピー」の活用をすると良いでしょう。

さらに喫煙したいと思う時間を減らすために、用事をたくさん詰めるのも有効です。

また1つの電子タバコで飽きる人は、複数種類の電子タバコを購入すると良いでしょう。

友人といる用、恋人といる用など使い分けると、新鮮な気持ちで電子タバコを利用できるはずですよ。

電子タバコを使用するときの注意点


それでは、最後に電子タバコを使用する際の注意点を紹介します。

とても大事なことばかりなので、チェックしてみてください。

1.タバコの葉が使用されていない商品を使う

電子タバコには喫煙具としての商品もあります。

それは、タバコの葉が使われている商品です。

主に「iQOS、プルームテック、グロー」が挙げられます。

いくら使用を続けても禁煙は難しいです。

そのため、タバコの葉が使われていない電子タバコを購入しましょう。

2.故障だと思ったら、メーカー、販売元へ連絡する

電子タバコを使っていて故障する場合もあります。

例えば、カートリッジの容量が残っているのに使用できない。
本体が高熱になり、商品から煙が出だすケースもあるのです。

そうなった際には、無理に自分で解決せずメーカーや販売元へ問い合わせましょう。

これを怠ると、余計本体の状況が悪くなり、取り返しがつかなくなる場合も。

ただし、故障したからと言って、無償で交換してもらえるわけではありません。

商品の保証期間や補償内容によって状況は変わります。

そのため、購入する際は保証やアフターサービスなどの確認をしたうえで購入すると良いでしょう。

3.電子タバコを使って、喫煙したくなる場合は使用を控える

電子タバコを使用する人のなかには、喫煙したくなる人もいます。

その場合は、電子タバコの利用を控えるのも重要です。

電子タバコを利用して、タバコを吸いたい気持ちになるのに無理矢理使っていると、余計イライラが増してきて喫煙したくなります。

さきほども話したように、他の禁煙方法と組み合わせてイライラを減らすことが大事なのです。

電子タバコで快適な禁煙ライフを送ろう


電子タバコは、快適な禁煙ライフを提供してくれるグッズになるはずです。

今まで、別の禁煙方法で失敗していた人は、これを機に試してみてはどうでしょうか?

きっと、効率良く禁煙できるはずです。

ぜひ、相性が良い商品を見つけ卒煙をしてみてください。

1時間で我慢も離脱症状もなしで禁煙できる方法

喫煙者であれば1度は考えたことがある「禁煙」
しかしそれは途方もなく難しく、 途中で挫折する人がほとんどです。
でもその難しい禁煙を たった1時間で我慢も離脱症状もなしで 確実に達成できるとしたら…

あなたはどうしますか?

私はこの方法に出会って3年ですが 今までたったの1度も 「タバコが吸いたいな」と思ったことすらありません。
その方法は卒煙.jpの公式LINE@で公開しております。

気になる方は下のバナーをクリックして
【1時間で我慢も離脱症状もなしで禁煙できる たった1つの方法】
を受け取って下さい。
無料ですが、効果はバツグンです。

何一つ役に立たなかったなら苦情のメールを下さい。
詳細は先着100名にのみ LINEでお伝えします。

友達追加はタップするだけですし、
友達解除はいつでも自由にできます。

しかも今ならLINEプリペイドカード5000円分を
毎月抽選で1名にプレゼント中です。




先着100名まで 残り7名 20150810_3色ボタン(テキストラスタライズ) ※LINEアプリが起動しない場合は締め切っています。

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kengo

kengo

2015年より専業のフリーライターとして活動しております。
このHPでは、私の禁煙体験も交えながら紹介させていただいています。

運営者情報