1. TOP
  2. 電子タバコと禁煙パイポのメリットを知って禁煙成功率を上げよう!

電子タバコと禁煙パイポのメリットを知って禁煙成功率を上げよう!

電子タバコ
この記事は約 7 分で読めます。 462 Views

禁煙方法には、たくさんの種類があります。私も喫煙者でしたが、いろいろなヘルスケア用品や禁煙グッズを試しながら卒煙をしました。

今回は「電子タバコ」「禁煙パイポ」にスポットをあてたいと思います。本記事では、電子タバコや禁煙パイポを使うメリットを中心に紹介させていただきます。

電子タバコと禁煙パイポの使い方はほぼ同じ


電子タバコと禁煙パイポは、両者とも紙タバコのように吸って使います。ただ、使い方は一緒であっても、それぞれ違う一面を持っています。本記事を読んで、禁煙グッズを選ぶ参考にしてみてはどうでしょうか?

電子タバコを使うメリット


まず初めに、禁煙パイポではなく電子タバコを使うメリットを紹介します。電子タバコを購入しようか迷っている人は参考にしてみてください。

1.味の種類が多い

電子タバコは禁煙パイポと比べ販売している会社も多いので、たくさんの味の種類が楽しめます。メーカー別に、数種類の電子タバコを購入すれば、たくさんの味に出会えるでしょう。

「メンソール」など定番の味のみを販売しているメーカーもあれば「コーラ」、「ツナ」など変わり種の味を販売しているメーカーもあります。

2.味が濃い

禁煙パイポと比べ、電子タバコの味の方が濃いです。濃い味で口寂しさを埋めたいと考えている人は、電子タバコを使った方が良いでしょう。

ただし、リキッドや販売メーカーによって味の濃さは違うので、他の人の評判を参考にして自分に合った味を探すことを意識した方が良いでしょう。

また同じ味だとしでも、日本製と海外製によって全く違う味に感じる場合もあります。今では、インターネットを使えば手軽に購入できるので数種類の商品を購入してみてはどうでしょうか?

3.紙タバコのように煙(水蒸気)が出る

電子タバコは、紙タバコと同様に煙(水蒸気)が出るので、タバコを吸っている雰囲気を味わえるでしょう。しかも、紙タバコのように副流煙の被害もほぼありません。そのため、非喫煙者の人が近くにいても受動喫煙の影響を与える心配性も少ないので使い勝手が良いです。

ただし商品によっては、煙がたくさん出てしまい視界を遮ってしまう場合もあるので、相手の顔に煙を吹きかけるのは辞めましょう。

4.オシャレアイテムになる

電子タバコは、世界中で数百種類の製品が販売されており、それぞれデザインも違います。自分のキャラクターや服装に合わせて電子タバコを持ち歩けば、電子タバコが「オシャレアイテム」に変身します。

ゴツイデザインからかわいいデザインの商品まであるので、男女どちらも手軽に電子タバコを使えます。電子タバコ販売用の通販サイトもあるので、雑貨を選ぶ感覚で商品も選んでみてはどうでしょうか?

5.味の組み合わせが可能な商品もある

販売メーカーによっては、リキッド内で数種類の味を配合して自分好みの味を楽しめる商品を販売しているものもあります。配合量を変えることで甘さやスッキリ感などを調整できます。

世界に一つしかない味を作ることで、電子タバコを使って楽しく禁煙ができるでしょう。

6.1つの本体でいろいろな味を楽しめる

電子タバコは「本体」と「替え」に分かれている製品が多いです。電子タバコの本体を1つ持っているだけで、複数種類の味を楽しめるのもポイントです。

商品によっては、1つの本体で20種類以上の味を楽しめるものもあります。ただし、製品によっては1つの本体で3種類しか楽しめない商品もあるので、電子タバコの本体を購入する際は慎重に選びましょう。

禁煙パイポ(プラスチック製)を使うメリット


出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3-%E7%A6%81%E7%85%99-%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%9D%E3%83%9A%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88-3%E6%9C%AC%E5%85%A5%E3%82%8A/dp/B000FQOQAO

今度は電子タバコより禁煙パイポを使うメリットを紹介します。禁煙パイポは、スーパーや駅の売店で販売されていることも多いので、試しに購入してみてはどうでしょうか?

1.安く済む

電子タバコと比べ安くつきます。電子タバコは替えを購入するたびに数百円~数千円かかりますが、禁煙パイポは100円前後で購入できる場合がほとんどです。そのため、コストをかけたくない人にはピッタリのグッズなのです。

2.充電をしなくても使える

禁煙パイポは充電の必要がないので、電池切れで使えなくなることはありませんし電気代もかかりません。また、禁煙パイポは機械ではないので、故障する可能性も非常に低いので使い勝手も良いでしょう。

3.小さくて軽い

禁煙パイポはコンパクトで小さいです。また、電子タバコのようにケースへ入れて保管する必要がないので、内ポケットなどに入れやすいです。しかも、禁煙パイポは電子タバコと比べ重量も軽いので使いやすいでしょう。

4.使い捨てが可能

電子タバコは、基本的に同じ本体を長期間使い続ける商品ばかりです。長期間使い続ければ、電子タバコ本体の消耗も大きくなります。その結果、故障や不具合が出てくる確率も上がるでしょう。

しかし、禁煙パイポは使い捨てなので購入するたびに新品を使えます。万が一、禁煙パイポに不具合が出たとしても100円前後で購入できるため長期間使う人におすすめです。

5.煙が出ない

禁煙パイポは煙も出ないので、周りの人に迷惑がかかりづらいです。視界を遮ることもないので、相手と至近距離でも使いやすいでしょう。複数人数が集まる場で使いたい場合は、禁煙パイポを使うのもアリです。

6.発火の危険性が低い

電子タバコのなかには、不良品もあり発火したケースも報告されています。しかし、禁煙パイポは機械ではないので、発火する可能性はほぼ0です。そのため、ポケットに入れっぱなしでも安心して使えます。

仮に濡れた手で禁煙パイポに触れても、電気でショートすることもないので安全性も高いです。

今後は、電子タバコが主流になる可能性が高い


電子タバコと禁煙パイポを比較しましたが、今後は電子タバコが禁煙グッズの主流になる可能性が高いです。最後にその理由を紹介します。

1.禁煙パイポのパイオニアと言われた会社が、電子タバコを販売している

「マルマン」など今まで禁煙パイポを売り込んでいた企業も、電子タバコの販売を行っています。すなわち、電子タバコにシフトチェンジしていると言っても過言ではないでしょう。しかも、禁煙パイポを販売している企業も少ないので、世間に広がりづらいのかもしれませんね。

2.たくさんの国で販売されている

電子タバコは、日本以外の国でも販売されています。アメリカやヨーロッパ、アジア圏などさまざまな地域で売られているのです。

しかも、現在では海外から日本へ観光したり移住する人も増えています。日本の電子タバコが海外の人に受け入れられるようになれば、電子タバコ市場はますます活発化になるかもしれません。一説によると、電子タバコの世界的市場規模は「1兆円」になると言われています。

3.電子タバコを使用できる店舗も増えている

世界中で、電子タバコを使える飲食店も徐々に増えています。これが日本で根付けば、電子タバコの知名度も広がる可能性も高いです。同時に、電子タバコを使う人が増える可能性も高くなると言えるでしょう。

まとめ


電子タバコと禁煙パイポには、それぞれメリットがあります。どちらを使って禁煙をすればいいか迷っている人は、ひとまず併用して使うことをおすすめします。

場所や気分に合わせて使い分けることで、禁煙によるストレスも溜まりづらくなるはずです。ぜひ、卒煙を目指したい人は本記事を参考にして禁煙に取り組んでみてはどうでしょうか?

※本記事に掲載されている内容は2017年6月現在のものです。

1時間で我慢も離脱症状もなしで禁煙できる方法

喫煙者であれば1度は考えたことがある「禁煙」
しかしそれは途方もなく難しく、 途中で挫折する人がほとんどです。
でもその難しい禁煙を たった1時間で我慢も離脱症状もなしで 確実に達成できるとしたら…

あなたはどうしますか?

私はこの方法に出会って3年ですが 今までたったの1度も 「タバコが吸いたいな」と思ったことすらありません。
その方法は卒煙.jpの公式LINE@で公開しております。

気になる方は下のバナーをクリックして
【1時間で我慢も離脱症状もなしで禁煙できる たった1つの方法】
を受け取って下さい。
無料ですが、効果はバツグンです。

何一つ役に立たなかったなら苦情のメールを下さい。
詳細は先着100名にのみ LINEでお伝えします。

友達追加はタップするだけですし、
友達解除はいつでも自由にできます。

しかも今ならLINEプリペイドカード5000円分を
毎月抽選で1名にプレゼント中です。




先着100名まで 残り7名 20150810_3色ボタン(テキストラスタライズ) ※LINEアプリが起動しない場合は締め切っています。

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kengo

kengo

2015年より専業のフリーライターとして活動しております。
このHPでは、私の禁煙体験も交えながら紹介させていただいています。

運営者情報