search
MENU
-->

電子タバコの効果を体感するには?禁煙成功率を上げる秘訣を紹介!

電子タバコ

禁煙をするのって難しいですよね?今まで何度も禁煙にチャレンジしたけれど、たくさん失敗した人もいるでしょう。

そこで今回は、電子タバコを使った禁煙方法について深く掘り下げたいと思います。電子タバコを選ぶコツから、禁煙に失敗する人と成功する人の違いまで幅広くご紹介しますのでお見逃しなく!

電子タバコが今、熱い!

一昔前は、電子タバコと言えば「カッコ悪い」、「ダサい」という印象を持っている人もいるのではないでしょうか?しかし、最近の電子タバコは少し違います。デザイン性がある商品も多いです。

そのため、電子タバコを吸っている姿が「カッコ良く」見える場合もあるのです。

特に、今の時代は「VAPE」など数百種類の電子タバコが販売されていて、電子タバコによる禁煙が日本でメジャーになりつつあります。今回の記事を読む際に、電子タバコに対して良い考え方を持ちながら読むことで、今回の内容が頭の中に入りやすくなるでしょう。

電子タバコでの禁煙メリットとデメリット

それでは、まず初めに簡単ではありますが、電子タバコのメリットとデメリットについて見ていきましょう。これを読んで電子タバコの「表」と「裏」を理解していただければ幸いです。

◆メリット◆

1.タバコを吸っている気分になる

電子タバコの最高のメリットと言えば「タバコを吸っている気分になる」ことです。特に、ほかの人がタバコを吸っている場面を見る。あるいは、口寂しいと感じたときにどうしてもタバコを吸いたくなる人も多いです。

そんなときこそ「電子タバコ」の出番です!形もタバコと似ていて、しかも先端部から水蒸気が出るため、まるでタバコを吸っている気分になり気持ちも落ち着くでしょう。

2.ライターを持ち歩かなくていい

電子タバコは、火を使う必要がありません。よって、ライターを持ち歩く必要もないのです。風が強くても電子タバコを使えるのも、メリットとして大きいでしょう。

◆デメリット◆

1.本体の代金が高い

電子タバコは、初めに本体を購入しなければ使えない商品です。しかも、初期投資として数千円程度かかるため購入するのが厳しいと感じる人もいます。なかには、本体を1000円前後で購入できるものもありますが、ごく稀です。

商品によっては、本体だけで1万円前後する場合もあるため要注意です。

2.充電切れだと使えない

電子タバコは充電式なので、バッテリー切れになると使用できません。商品によっては、電池の残量を知らせてくれるものもありますが、そうではない商品も多いです。

そのため、充電をマメに行なわなければならないでしょう。

どういう電子タバコを選べばいいの!?

この章からは、電子タバコを購入する際にどういうものを選ぶべきか見ていきます。どの商品を選ぶかによって、禁煙の成功率も変わるためチェックしましょう。

1.味の種類が豊富

まず大事なのが、1つの本体でたくさんの味に変えることができる商品を選ぶことです。一概に、電子タバコと言っても味の種類が3種類程度のものから20種類以上ある電子タバコまで幅広くそろっています。

特に、飽き性の人は味の種類が豊富な商品の方がいいでしょう。

2.長く続けられそうなもの

長く続けられそうなものと言っても、いろいろな視点で考える必要があります。下記の3つを中心に考えてみてください。

・長期にわたって愛着を持つことができるか?(デザイン性、使い勝手)
・自分のお財布事情で替えを購入し続けることができるか?
・自分好みの味がそろっているか?

上記を考えて購入することで、電子タバコを使った禁煙も長く続けられるはずです。

3.故障してもすぐに手続きできる

電子タバコは「機械」なので、故障することもあります。故障した際に、すぐに連絡がとれる会社の商品を購入することも大事です。そのため、外国のサイトで購入するときは考えた方がいいかもしれません。

また、保証期間が付いているなどアフターサービスがしっかりしている商品を選ぶのも忘れてはなりません。

いくら本体が安くても、壊れやすい商品だと何度も購入する羽目になるため、危険な商品に引っかからないように注意しましょう。

電子タバコで禁煙失敗する理由

実際に、禁煙用の電子タバコを購入しても、結局禁煙に失敗する人もいます。そこで、ここからは禁煙に失敗する理由を紹介させていただきます。

1.極度の「ニコチン依存症」

1つ目は「ニコチン依存症」によるものです。どうしても、タバコを吸い続けていると、ニコチンを欲する身体になってしまいます。

電子タバコには、ニコチンが入っていないため我慢できなくなってタバコを吸ってしまうのです(アイコスなどタバコの葉が使われているものには、ニコチンが入っています)。

2.味に飽きが来た

味に飽きが来てしまい、電子タバコでの禁煙に失敗する人もいます。さきほども話しましたが、1つの電子タバコの本体で「2、3種類」しか味がなかった場合飽きやすいです。

また、たくさんの味の種類があったとしても、自分の好みの味が見つけられないと、禁煙に失敗する確率も上がるでしょう。

3.吸ってる間に「本物のタバコ」を吸いたくなった

電子タバコは、まるで本物のタバコを吸っている雰囲気を味わうことができます。しかし、なかには電子タバコから出る水蒸気を見るたびに「本物のタバコだったらおいしいんだろうな」と思う人も。

そのため、禁煙に失敗してするのです。

禁煙成功するためのコツとは?

それでは、最後に電子タバコを使って禁煙成功するコツをご紹介します。ぜひ、卒煙するきっかけにしてみてください。

1.複数の電子タバコを使ってみる

1つ目は、違うメーカーの電子タバコを何個か購入することです。これをすれば、デザインが違う電子タバコをいろいろ使えます。場所や気分に合わせてコーディネートできます。

さらに、服と合わせることでおしゃれ感を出せるため、禁煙ライフを楽しめるでしょう。

2.電子タバコを使った禁煙を受け入れる

いまだに、電子タバコを使った禁煙が「カッコ悪い」と思っている人はいませんか?もし「1%」でもそういう気持ちがあれば失くしましょう。

電子タバコの禁煙を100%受け入れることで、禁煙の成功率も上がります。

もし、人前で電子タバコを使うのが恥ずかしいのであれば喫茶店などお客様がいる場所で電子タバコを吸う。あるいは、友人に電子タバコを使った禁煙を見られるのが嫌であれば、友人に電子タバコを使って禁煙することを宣言しましょう。

そうすることで、恥ずかしい気持ちも吹っ切れるため、電子タバコを使って堂々と禁煙できるはずです。

3.複数の禁煙方法を組み合わせる

電子タバコだけで禁煙をするのは不安な人もいるでしょう。そういう人は、ほかの禁煙方法と組み合わせるのも有効です。電子タバコ以外の禁煙方法は、下記の通りです。

・ガムやアメで口寂しさを少なくする
・「ニコチネルパッチ」、「ニコチネルガム」を使い体内にニコチンを入れる
・禁煙にまつわる本を読む
・喫煙所の近くを通らない
・自分にご褒美を与えながら禁煙する

上記に挙げた禁煙方法と組み合わせることで、タバコを我慢できるはずです。特に、「ニコチネルパッチ・ガム」を使い、体内にニコチンを入れると電子タバコを使った禁煙もうまくいくでしょう。

まとめ

電子タバコは、今後も世界中でポピュラーな禁煙方法になるでしょう。ただ、大事なのは自分に合った商品を選ぶことです。ここを失敗すると、禁煙成功率も格段と下がります。

ぜひ、いろいろな商品を見比べて自分に合う電子タバコを選んでみてはどうでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
TOPへ戻る