1. TOP
  2. タバコをやめさせたい人必見!喫煙をストップさせる方法とは?

タバコをやめさせたい人必見!喫煙をストップさせる方法とは?

家族や彼氏(彼女)に、タバコをやめてほしいと思っている人もいますよね?私も家族にタバコをやめてほしいと言われて禁煙しました。タバコをやめてもらう際に肝心なのが、喫煙者への伝え方です。

相手にどう伝わるかで、喫煙者が禁煙をするかしないかの意志が決まります。そこで今回は、タバコをやめてもらうため、どういう風に伝えれば良いか紹介します。

タバコを吸っている人に禁煙してほしい気持ちは分かりますが…


「とにかくタバコをやめて!」と喫煙者に伝えれば良い訳ではありません。やはり、禁煙をしてほしいのなら喫煙者が「カチンと来ない」ような伝え方をするのと同時に、喫煙者に協力するのも忘れてはなりません。

あなたの身近にタバコをやめてほしい人がいる方は、本記事を参考にして実践してみてください。

喫煙者へ接するときのコツ


タバコをやめさせるには、喫煙者との接し方が大事です。まず初めに、喫煙者とどういう風に接したら良いか紹介します。

1.禁煙する人の協力をする

タバコを我慢するために「○○が食べたい」、「○○をしてほしい」と言われたら尽くしてあげると良いです。少し協力するだけで、禁煙に対するモチベーションも上がりタバコをやめる確率も高くなるでしょう。

面倒だと思っても、禁煙をしている人のために協力することを忘れてはなりません。

2.タバコを辞めたくなるような環境を演出

タバコを吸いたい気持ちがなくなる環境作りも大事です。

壁紙がタバコのヤニで汚れている自宅に住んでいるのなら、キレイな壁紙が貼ってある場所に引っ越す。一緒に運動をして、タバコによる息切れでどれだけ悪影響を与えているのか実感させる。などです。

タバコを吸いづらい環境やタバコによる悪影響を体験させることで、タバコを辞めたいという気持ちも生まれやすくなるでしょう。

3.自分の気持ちを正直に伝える

なぜタバコを辞めてほしいのか?自分がどういう気持ちなのか伝えるのを忘れてはなりません。例えば「ぜんそく持ちで辛い」、「部屋をキレイに使いたい」など、正直な気持ちを伝えましょう。すると、喫煙者も耳を傾けてくれるはずです。

4.禁煙を始めようとしたことを褒める

禁煙を始めようとした場合、褒めましょう。特に、サラリーマンなど会社勤めをしている人だと、仕事中に褒められることがない人も多いです。そのため、少し褒められるだけでも禁煙に対するモチベーションも上がります。

細かい部分でも良いので、喫煙者の気分が良くなるように褒めましょう。

5.ご褒美をあげる

禁煙の期間によって、ご褒美を設定するのも重要です。例えば、1カ月間禁煙に成功したら外食をするなど、細かくご褒美設定をしましょう。

すると、禁煙を続ける理由もできるので効率的にタバコ離れをさせることも可能です。

6.禁煙のグチを言われても親身になる

禁煙は喫煙者にとって苦痛です。そのため、タバコを辞めた後にグチを聞かされることもあると思います。しかし、そのグチも聞いてあげましょう。

適当にグチを受け流していると、禁煙している人もストレスを抱え、再度タバコへ走る原因につながります。親身になって話を聞いてあげましょう。

喫煙者に禁煙方法を紹介したい場合どの方法が良い?


喫煙者に禁煙方法を紹介して取り組んでほしいと思っている人もいるでしょう。しかし、喫煙者のタイプによって進めるべき禁煙方法は異なります。

この章では、どのタイプの人にどの禁煙方法を進めるべきか見てみましょう。

かたくなに禁煙を拒まれるのなら「禁煙セラピー」

禁煙を進めても、タバコを辞めてくれなければ「禁煙セラピー」と呼ばれる本を進めてみてください。この本は、タバコの有害性や喫煙者の状態などについて説明してあります。

この本を読むだけで、タバコに対する考え方が変化し禁煙をする人も。活字タイプマンガタイプがあるので、相手に合わせて本を選んでみてはどうでしょうか?

タバコの代わりになるものを吸わせたいときは「電子タバコ」

禁煙をしていても、タバコを吸っている気分を味わいたいと言っている喫煙者であれば「電子タバコ」を進めると良いでしょう。

電子タバコとは、紙タバコに似た形をしている充電式のタバコです。利用時は、紙タバコのように煙(水蒸気)も出るようになっています。

ただし、禁煙グッズとして利用する場合はタバコの葉が使われている商品(アイコス、プルームテック、グロー)は選ばないようにしましょう。

ニコチン不足によるイライラがひどければ「ニコチネルパッチ」

ニコチン不足でイライラが止まらないの人には「ニコチネルパッチ」を進めましょう。ニコチネルパッチは、パッチにニコチンが含んである商品で身体に貼って使います。

服を着ていれば見えないので、仕事中にも使いやすいです。ただし、肌に合わない場合もあるのでパッチテストをやった方が良いでしょう。

また、ニコチネルパッチを貼っている状態でタバコを吸ったり、パッチを複数枚貼ってしまうとニコチンの「過剰摂取」となり、身体がフラつく恐れもあります。第一類医薬品で、薬剤成分も入っているので使用方法には注意しましょう。

禁煙に失敗し続けているなら「禁煙外来」

何度も禁煙に失敗している人には「禁煙外来」を進めるのも一つの手です。禁煙外来とは、病院へ行き医者に禁煙指導をしてもらう方法で全5回の診察を行います。

なお、ファイザーの調査によると全5回の診察を受診した人の49.0%が禁煙成功しているという報告も(※1)あるので、禁煙方法のなかでも極めて成功率が高いと言えるでしょう。

※1.参考:すぐ禁煙.jp(http://sugu-kinen.jp/treatment/flow/)

タバコをやめさせたいときにやってはいけないこと


それでは、最後にタバコをやめさせたいときにやってはいけないことを紹介します。いくら、禁煙を続けていたとしても全てが台無しになる恐れもあるので要チェックです!

1.喫煙者を責めない

まず喫煙者を責めないのが重要です。禁煙に失敗している姿に対して何度も突っ込みたくなる人もいると思います。しかし、そこは我慢しましょう!

例えば、禁煙失敗しても「0からスタートすれば良いじゃん!」というように、相手を受け止める気持ちを持つのも大事。禁煙を続けたくなる環境をつくるのがあなたの役目なのです!

2.無理矢理タバコを辞めさせようとしない

タバコを辞めさせたい気持ちも分かりますが、無理矢理やめさせようとするとケンカの原因になるので控えましょう。仮にタバコをやめさせたとしても、相手は「義務感」を持ってしまいます。

その結果、禁煙に対するモチベーションが上がらず禁煙に失敗する確率も高くなるでしょう。喫煙者本人が、タバコを吸いたくない気持ちにならない限り難しいのです。

3.喫煙席での食事を避ける

禁煙している人と外食をするときに、喫煙席が設置されている場所での食事も控えましょう。特に、居酒屋などは全席喫煙席になっている場合もあるので要注意です。

タバコの香りを鼻で感じたり、喫煙者の姿が目に映るため禁煙をするのが辛くなります。禁煙中の人にストレスを与えない環境をつくり上げましょう。

長い目で禁煙を応援しよう!


喫煙者に対して「早く禁煙しようよ!」とイライラしている人もいると思います。

しかし、すぐ禁煙できる人もいればそうではない人もいるので、相手に合わせて伝え方を変えましょう。その結果、禁煙に取り組んでくれるはずです。

嫌煙家でタバコが嫌いな方も、イライラしすぎず長い目で応援しましょう!

※本記事に掲載されている内容などは2017年8月現在のものです。

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kengo

kengo

2015年より専業のフリーライターとして活動しております。
このHPでは、私の禁煙体験も交えながら紹介させていただいています。

運営者情報