search
MENU

タバコを吸う人は健康・仕事・恋愛・経済においてどんな影響があるか見てみよう!

「タバコを吸っていると気持ちが落ち着く」喫煙者もいるでしょう。

特に、仕事中など忙しい時間の合間に喫煙すると、気分がホッとしますよね。

しかし、長年喫煙していると悪影響を受ける場合があります。

そこで今回は「健康・仕事・恋愛・経済」の4分野に分けて、タバコを吸う人にどんな影響があるか見てみましょう。

喫煙のデメリットは意外に多いです。

ぜひ、理解して卒煙するきっかけにしてみてください。

健康における影響とは?

早速ですが、タバコの影響を見ていきます。

初めは「健康」です。

タバコの悪影響があるのは肺だけではありません。

余命を伸ばしたい方は必見です!

喫煙期間が長期になるほど、病気のリスクが上がる

タバコ初心者の方から、ヘビースモーカーの方までいろいろな喫煙者がいると思います。

タバコを吸っている期間が長ければ長いほど、吸う本数が多ければ多いほど病気のリスクは上がります。

これは、タバコの有害物質が身体の中に積み重なっていくためです。

その結果、身体の「細胞」が悪さをして、病気を起こしやすくなるのです。

ガンの確率が上がるだけではない!

「タバコ=ガンのリスクが上がる」だけではありません。

脳疾患や骨粗しょう症、歯の病気を起こす原因にもなります。

さらに、喫煙所でタバコの煙を浴び続けると、目に負担を与え「かすみ目」や「視力低下」を引き起こすこともあるのです。

その他にも「シミ・そばかす」や「薄毛」の確率も高まります。

つまり、あなたの外見にも影響を与えます。

いつまでも若々しい姿を見てもらいたければ、卒煙した方が良いのです。

年齢を重ねるにつれて、運動をするのも辛くなる

若い頃は、タバコの影響をそこまで感じません。

なぜならば、身体が悲鳴を上げていないためです。

しかし、30代、40代と年齢を積み重ねると「加齢」と「若い頃から喫煙し続けた」という2つのことが原因で、非喫煙者と比べ身体の衰えを感じやすくなるでしょう。

そのため、運動をするのが辛くなる恐れも。

特に、子供がいる親だと一緒に走ることもあると思います。

年齢を重ねても元気に運動をし続けたい方は、迅速にタバコを辞めた方が良いでしょう。

非喫煙者にも受動喫煙の被害を与えるため要注意

タバコは非喫煙者にも受動喫煙の被害を与えます。

なかには、喫煙者は元気なのに非喫煙者が病気をするケースも。

あなたのタバコによって、大切な人が病気をしたらどう思いますか?

現状を受けいれようと思っても、立ち直るのは厳しいと思います。

副流煙を吸い込んでいる人も喫煙者と同様、病気のリスクが上がるため意識をしてみてください。

仕事における影響とは?

次に、仕事における影響を見ましょう。

昭和の時代は、タバコを片手に業務をこなしている方もいましたが、現在ではほとんどいません。

昔を振り返りながら読んでみてくださいね。

勤務中に、喫煙者がタバコを吸うと損失へつながる

勤務中の喫煙は、企業に大変な損失を与えることが報告されています。

喫煙すれば、業務に割く時間が減るため、時間内に仕事を片付けるのが難しくなります。

結果、サービス残業や休日出勤が常態化するのです。

また、タバコのニオイが身体に付いた状態で職場内を歩くと、非喫煙者が嫌がる場合もあります。

なかには、タバコのニオイでやる気をなくす人もいます。

業務をこなせなくなり部署全体に大ダメージを与えるのです。

タバコによって、職場全体のモチベーションが下がる恐れもあるので注意しましょう!

喫煙者と非喫煙者に差を付けている企業もある

給与や待遇などに差を付けている企業もあります。

なかには、タバコを吸い続けているがために役職は同じなのに、非喫煙者との所得が年で10万円以上違う状態も起こっているのです。

また、禁煙が成功した方に臨時ボーナスを支給する企業もあります。

ぜひ、人事部に問い合わせてみてはどうでしょうか?

喫煙が出世に悪影響を与える

企業によっては、喫煙者の出世が難しい場合も。

特に、喫煙者が苦手な上司だと出世するのが難しいかもしれません。

アメリカやヨーロッパでは喫煙者を出世させない企業が多いため、外資系企業で働いている喫煙者も出世が難しくなるでしょう。

今後は、日本も欧米の風潮を取り入れる可能性が高いです。

今後は、社内で喫煙できなくなるかも

厚生労働省が中心となり、屋内全面禁煙化に関する法律を制定しようとしています。

これが実現すると、職場内の喫煙所がなくなり、自宅へ帰らないとタバコを吸えなくなる場合も。

今後、屋内の喫煙所がなくなればタバコ休憩を認めない企業が増えるかもしれませんね。

恋愛における影響とは?

この章からは、恋愛における影響を見てみましょう。

特に、婚活中の方は必見です!

喫煙者は男女関係なく恋愛に不利

昭和の時代は「男性の喫煙がカッコ良い」と言っていた女性も多かったです。

しかし、現在は健康志向と禁煙化が進んでいるせいか、喫煙男性の人気は減少傾向で「喫煙者とお付き合いするのは嫌!」という女性が増えました。

また、男性の喫煙率が下がっているため、喫煙女性が好きな人も減っています。

今後も、非喫煙者の男女が婚活において有利になるでしょう。

年齢が上がるにつれて、喫煙男女の結婚は難しくなる

ただでさえ、30代、40代と年齢を重ねるにつれて結婚できる確率は減ります。

さらに、喫煙者の状態だと異性から嫌われやすくなるため相手を見つけるのが難しくなるのです。

少しでも、お相手を見つける可能性を上げたければタバコからの卒業は必須です!

最近では、非喫煙者を対象にした婚活パーティーが多い

婚活パーティーがいろいろな場所で開催されていますが、非喫煙者を対象にしたパーティーも増えました。

また、喫煙所が設置されていない場所での開催も当たり前となってきました。

タバコを吸えない状況がイライラする方は、非喫煙者になればイライラしなくなるかもしれませんね。

経済における影響とは?

最後に経済お金)における影響を見ましょう。

特に、お金へ対して無頓着の方は要チェックです!

タバコ代の捻出は、生活を苦しくする恐れがある

安月給の状態で、タバコを吸い続けると生活を苦しくします。

例えば、毎日タバコ代で920円使っているとしましょう。

すると、30日間で「27,600円」です。

仮に毎月の手取り額が18万円であれば、タバコ代に「15%」以上使っていることに。

しかも、2018年度には税制改正でタバコ税が上がる可能性も高いです。

手取り額が増えなければ、給料に対するタバコ代の割合が大きくなります。

少しでも楽な生活をしたいと思っている方は考えてみてはどうでしょうか?

大病を患うと、医療費も膨む

大病を患うと入院する確率も上がります。

医療費の他に個室ベッド代や食事代も負担しなければならないので、経済的負担が大きくなります。

さらに、社会保険適用外の治療だと、毎月数十万円かかる場合もあるため、病気のリスクは減らすべきなのです。

人によっては、身体を壊して働けなくなるケースもある

身体を壊して働けなくなると、収入が途絶えます。

その結果、住宅ローンや教育費用の捻出が難しくなります。

特に、一家の大黒柱として支えている方は要注意です。

病気のリスクを減らすと同時に、家族に不憫な想いをさせる確率も減らしましょう!

卒煙をして、快適な人生を送ろう

卒煙をすれば病気のリスクも減りますし、周りからの印象も変わるため、あなたの人生がうまくいくかもしれません。

「そんなことはない」と思っている方も、騙されたと思って禁煙にチャレンジしてみてください。

金銭的な余裕も出て、ココロの状態が良くなるかもしれませんよ!

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 11人中10人がこの投稿は役に立ったと言っています。

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む
TOPへ戻る