search
MENU
-->

女性のタバコが婚活不利になる理由とは?恋愛を楽しみたい人は卒煙をしてみよう!

現在は、女性の生涯未婚率も高くなっています。結婚をする確率を上げるために必要となってくるのが「婚活(結婚をするための活動)」です。現代ではパートナー探しのためのパーティーやイベントなど各地で行われています。しかし、人によって成功率は違います。

婚活成功率を左右すると言われているのが「喫煙の有無」です。喫煙女性だと、婚活市場において不利だと言われているのです。そこで今回は、喫煙女性に対するデータや意見などを紹介します。

婚活は人生に大きな影響を与える

婚活は将来の結婚相手を探すために重要な行動です。婚活に成功すれば、パートナーが見つかり子供ができ、楽しい生活を送れるかもしれません(家族の仲が良ければ)。しかし、パートナーが見つからなければ幸せな結婚生活を手に入れられる確率は0です。

「一生1人のままで良いや~」と思っていても年齢を重ねるうちに「結婚しておけば良かった」と心変わりする場合もあります。婚活の重大さを意識したうえで、本記事を読んでいただけると幸いです。

喫煙女性と付き合える男性の割合とは?

まず初めに、喫煙女性に関するデータを見ていきたいと思います。現実を受け止めて、自分の行動を変えるきっかけにしてみてはどうでしょうか?

喫煙女性と付き合えると答えた男性は4割程度

マイナビウーマン(https://woman.mynavi.jp/article/170222-117/3/)の調査によると、喫煙女性とお付き合いできる男性は「41.8%」という結果が出ています。

一見、喫煙女性と付き合える男性が多いと感じるかもしれませんが、逆に言えば「58.2%」の男性が喫煙女性とお付き合いできないというデータが出ているのです。つまり、喫煙女性は婚活において不利になりやすい状況だと言っても過言ではないのです。

国内全体の喫煙率も減少傾向にある

JTの2016年度の喫煙者率調査(https://www.jti.co.jp/investors/library/press_releases/2016/0728_01.html)によると、男女合わせた喫煙率は「19.3%」です。極端に言うと、成人者が10人いて8人は「非喫煙者」という形です。つまり、タバコがなくても良いと思っている人も多いのです。

今後も喫煙者に対する目は冷たくなることが予想される

喫煙に対する政策をとっている国も多く、日本も例外ではありません。今後は、さらに喫煙者へ対する目も冷たくなるといっても良いでしょう。2020年の東京オリンピックを機に、喫煙に対する法律制定がされるかもしれませんね。

喫煙女性がモテないと言われる理由とは?

この章からは、喫煙女性がモテないと言われる理由を見ていきます。ココロに突き刺さることも書いてあるかもしれませんが、婚活の成功率を上げるために目を通した方が良いでしょう。

1.イメージが悪い

喫煙をしているだけで「不良」、「教養がなさそう」など悪いイメージを持ってしまう男性もいます。また、喫煙姿が「見た目を台無しにする」という人も。男性がタイプの女性でも、喫煙をしているだけで恋愛対象外になるケースもあるようです。

2.時代遅れ

タバコを吸うこと自体が「時代遅れ」だと感じ「ダサい」と思う人もいるようです。昔は「タバコを吸っている女性=クール、カッコ良い」というイメージを持っている人もいましたが、今では少ないです。現代では「喫煙女性=おじさんクサイ」と思う男性も多いでしょう。

3.彼女として紹介したくない

周りに紹介するのが嫌な男性もいます。世間的には「喫煙女性=ネガティブなイメージを持たれやすい」ことも多いです。「親や友人に反対されるんじゃないだろうか」と不安に思っている男性ほど、喫煙女性を恋愛対象にしない確率が高くなります。

世間体を気にする男性は、喫煙女性を恋愛相手に選ばない確率が高いので要注意です。

4.お互いの健康面が怖い

健康面を気にする人も喫煙女性と恋愛したがりません。非喫煙者のなかには、副流煙による病気を避けたいと思っている男性もいますが、喫煙女性に対しても「病気になる確率を上げてほしくない」と思っている男性もいます。そのため、喫煙女性と一緒に過ごしたくないと思われやすくなるでしょう。

5.無駄金がかかりそう

喫煙女性だと、タバコ代以外に医療費などのお金が積み重なりそうとイメージを持つ人もいます。特に、結婚をしてお金をかけたくないと思っている男性は、喫煙女性を避けるケースもあるので、タバコを吸っているだけで婚活に失敗しやすくなるでしょう。

6.キスをしたくない

タバコを吸っている女性は口内にタバコ臭が染み付いています。そのため、喫煙女性とキスをしたくないと思う男性もいるでしょう。特に、タバコを普段吸わない男性や、喫煙女性とのキスで苦い思い出を持っている男性は、喫煙女性を避ける確率も高くなります。

口臭予防していても、完全にごまかせるわけではないので要注意です。

7.自分の生活を不自由にしたくない

「居住スペースでタバコを吸われたくない」、「寝起きにタバコの香りを嗅ぎたくない」など、自分の生活リズムを崩されたくないと感じている男性は、タバコを吸っていない女性と結婚したいと思う男性も多いです。特に、家族全員が非喫煙者だった男性は喫煙女性を嫌いやすいかもしれません。

8.子供のことが心配

タバコを吸っている女性は妊娠する確率が下がったり、産まれたばかりの子供に悪影響が出やすくなると言われています。そのため、結婚をして子供が欲しいと思っている男性は、健康そうな女性を選ぶ傾向があります。その結果、喫煙女性を避けやすくなるでしょう。

9.デート中に喫煙所へ行かれるのが嫌

女性とデートを思う存分楽しみたいと思っている男性のなかには、喫煙女性を避ける場合もあります。彼女と色々な場所を回りたいのに、タバコを吸いたいがために喫煙所へ寄るのが嫌な人は、喫煙女性とお付き合いするのを嫌がる場合も多いです。

特に、タバコを吸う時間が無駄だと思っている男性は、喫煙女性を嫌がるでしょう。

喫煙女性が婚活を成功させるために

喫煙女性だからと言って、婚活を諦める必要はありません。最後に、タバコを吸っている女性が、婚活成功率を上げる方法を紹介します。

タバコを辞める

一番手っ取り早い方法が「禁煙」です。タバコを吸わなければ、非喫煙者として自分をアピールできます。その結果、あなたに好意を持ってくれる男性が現れる確率も上がるかもしれませんよ。

電子タバコなどの禁煙グッズを使用して、禁煙に励んでみてはどうでしょうか?

タバコを辞められない場合は、男性と付き合ったら辞めることを誓う

卒煙ができない喫煙女性もいると思います。その場合は、男性と付き合いだしたら禁煙することを誓いましょう。男性のなかには喫煙者もいて、一緒に禁煙できる女性であれば付き合いたいと思っている人もいるかもしれません。恋の力で卒煙してみてはどうでしょうか?

タバコを吸っているのに、非喫煙者だとウソを伝えるのは辞めた方が良い

喫煙女性のなかには、タバコを吸っていることを誤魔化したいと思っている人もいるでしょう。しかし、口臭や体臭でタバコを吸っていることがバレる場合もあります。

ウソつきのイメージを男性に与えると、恋愛が長続きしない確率も上がるので要注意です。

まとめ

卒煙することで、新しいパートナーが見つかる確率も上がるはずです。やっぱり、結婚して子供を出産したいと考えている女性も多いと思います。男性に、振り向いてもらうために「脱タバコ」を目指してみてはどうでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 2人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
TOPへ戻る