タバコを辞めるには考え方を変えることが大事!

タバコと健康  2017/01/23

禁煙をしたいと思っている人は世の中にたくさんいます。しかし、完全禁煙に成功できる人は、1割を切るとも言われているのです。

ただ、私自身も喫煙者でしたが、禁煙を成功させました。

理由を考えたところ、タバコへの見方が変わったのが一因だと思います。

そこで、今回は、タバコに対する意識を変化させ、禁煙できる脳にするための方法を紹介させていただきます。

タバコを辞めるために、今まで何をしてきましたか?

私自身も、過去、禁煙に失敗した経験があります。その際に、共通して言えたこと。それは「我慢」し続けていたと言うことです。

やはり、我慢をし続けるのにも限度があります。途中で、爆発してしまい、結局、タバコを吸ってしまうケースも多かったのです。

それを解消するために、私は、タバコへの考え方を変えて禁煙に成功させました。

今回は、タバコと脳の関係性についても、簡単に紹介してあるため、ぜひ、参考にしてみてください。

タバコを吸い続ける原因は、脳が影響している!?

それでは、まず初めに、タバコと脳がどういう風に影響しているのか紹介させていただきます。

タバコを吸うメカニズムを理解することで、禁煙で大事なことも少しわかってくるでしょう。

ニコチンに脳が侵されている

これは、ほとんどの人が知っていると思います。特に、長年タバコを吸っている人の脳だと、ニコチンを欲しがってしまう原因に。

脳のニコチンが不足することで、イライラや情緒の不安定を起こしてしまうため、禁煙を難しくさせているのです。

タバコを吸う習慣も身に付いている

朝起きたら、まずタバコを吸う人もいるでしょう。長年、ルーチンを行うことで、身体にも染み込みますし、脳がタバコを吸う時間だと思ってしまうのです。

その結果、タバコを辞めたいと思っても、難しくなるでしょう。

結局、環境と考え方を変えることで禁煙へ近付く

以上の結果より、タバコを辞めるためには「環境」と「考え方」を変えるのが、一番の近道だと言えるでしょう。

この2つを変えるだけでも、禁煙に着々と近付いていくのです。

タバコを辞める脳にするためには何をすべき!?

ここからは、禁煙に成功しやすい脳を作っていくための方法を紹介します。キーワードは「思い込み」と「理解」です。

1.禁煙のメリットを叩き込んで脳に言い聞かせよう

まず第一に行うことが、禁煙のメリットを脳に叩き込むことです。

例えば、「息切れを起こしづらくなる」、「病気にかかりにくくなる」など、たくさんメリットを挙げてみましょう。

その結果、禁煙が本当に良いものだと、思いやすくなります。すると、「禁煙してみようかな」という強い気持ちを持てるでしょう。

2.タバコのデメリットを理解する

タバコのデメリットを理解することで、タバコを吸うのが怖い人も出てきます。

ここで大事になってくるのが、タバコを吸っている自分をがく然とさせるデメリットを見つけることです。

例えば、「非喫煙者と比べ、1年間で〇〇円タバコで無駄遣いをしている」あるいは、「タバコを吸っているせいで、寿命が10年も縮まる」と言うように、自分にとってショッキングなことをたくさん思い浮かべましょう。

心に大ダメージをおわせる可能性が高いですが、これを行うことで、さらに禁煙が大事だと脳に思わせることができます。

3.禁煙するための環境を整える

禁煙をするためには、部屋の環境も変える必要があります。例えば、部屋の中や職場に喫煙具が置いてあるのであれば、全て処分をする。また、引越や部屋の模様替えをすることも大事でしょう。

どうしても、喫煙具を目にするとタバコをイメージする人も多いですし、長年同じ部屋の中で、吸い続けていた人だと、その部屋を見ただけで、喫煙を想像します。

さらに、壁紙が黄色くなった状態を放置しているのも、良くありません。「壁紙が黄色くなっているから、少しぐらいタバコを吸っても良いだろう」と気持ちを油断させる場合もあるのです。

すると、禁煙の成功率が落ちてしまうため、喫煙をするのに気を遣う環境づくりも大事なのです。すると、脳も自然に喫煙を制御するため、良い方法ですよ。

4.目に付く場所に禁煙する理由を紙に書いて貼っておく

家の至る場所に、禁煙する理由を紙に書いて貼っておくことで、タバコを吸ってはいけないという気持ちにさせるでしょう。

例えば、「約束を破ったら、彼女と別れる」あるいは、「タバコを吸ったらお小遣いが無しになる」など、自分にとってペナルティとなるような目標が効果的でしょう。

また、その他に誰かに誓うというのも重要です。どうしても、1人だけで禁煙すると思っていても、監視役がいないため、自分に甘くなりがち。

しかし、誰かに伝えることで、「〇〇さんに約束したんだから、タバコを吸う訳にはいかない」という強い気持ちを持つことが可能になるでしょう。

5.常に熱中できる趣味を作る

タバコのことを考えないようにするという面では、趣味をいくつか持っておくことも大事です。

例えば、「水泳」や「ジョギング」など、少し激しい運動であれば、自分の身体を動かすことに必死になるため、タバコのことを考えづらくなります。

さらに、細かい作業など、手先を動かす趣味も、熱中しやすいため、タバコのことを考える暇も少なくなるでしょう。

ただし、趣味を行うことで、ストレスが溜まってしまっては意味がありません。

なぜならば、タバコを吸うきっかけになるためです。そのため、すがすがしい気持ちで行える趣味を選びましょうね。

1時間で我慢も離脱症状もなしで禁煙できる方法

「たばこの値段高いなぁ」
「吸う場所もないし肩身が狭い」
「体にも悪いしやめようかな…」

そう思っている喫煙者は多いですよね。
私もその一人でした。

今回はこの新しい無料の禁煙法を
喫煙歴45年で毎日セブンスターを
40本吸っていた私が体験してみました。

すると…

1日60本もセブンスターを吸っていたのに…


禁煙法を使う前の自宅の灰皿です。
仕事から帰宅後〜就寝前なのでかなりの量です。

しかし2日後…


2日後の写真です。
本数が少なくなってきて更に、
ほんの先っぽだけ吸って満足するようになりました。

そして7日後には…


7日後の写真です。

取材から1年以上経ちますが
今まで一度も吸いたいと思った事もありません。

禁煙に成功して辞めたというよりは、

たばこへの興味がなくなってしまって
自分の意思には関係なく吸わなくなった。

と言ったほうが正しいかもしれません。
我慢も苦痛もなくただ吸いたくないから
吸わなくなっただけです。

それも世界で5万部も売れた
禁煙本「リセット禁煙」の著者である磯村医師のおかげです。

磯村医師は本の著者だけでなく、
その禁煙ノウハウの確かな効果を認められ、
テレビで特集も組まれるほどの禁煙指導のスペシャリストです。

通常、禁煙というと意志の力で我慢をして
苦労してやめるというのが定説です。

しかし磯村医師の禁煙ノウハウは、
我慢などの意志の力を使わずに気づきの連鎖で
たばこへの興味を失わせるというノウハウです。

人は痛み(不快)を避けて
快楽を得ようとするものです。
そうすることで生命を維持してきたからです。

空腹(痛み)を避けて、
満腹(快楽)になろうとする。
これは当然の結果です。

しかし禁煙をしたいと思っている喫煙者は…
喫煙で快楽を感じて
禁煙で不快(我慢・イライラ)を感じます。

禁煙したいという願望と、
自分自身の欲求が逆転しているので
禁煙に失敗して当然なのです。

我慢もなしにたばこから卒業するには

喫煙=不快
禁煙=快楽

にしていかないといけないのです。

ですが喫煙者は全員が喫煙に快楽を感じているから
高いお金を払ってまでタバコを吸っているので
そう簡単に喫煙を苦痛にして禁煙に快楽を感じるなんてできませんよね?

そこで私が試したのが、
磯村医師が監修するリセット禁煙なんです。

磯村医師のリセット禁煙の
何が凄いかというとその手軽さです。

スマホで2分くらいで完了するので
あっという間に終わってしまいます。

それでも多くの人が禁煙に成功しているので
その生の声を聞いてみましょう。

》》》今すぐLINEでリセット禁煙を確認する

たばこを吸いたい気持ちがなくなりました。(大石崇さん 56歳)

なぜかたばこへの興味がなくなりました。
『吸いたい』と思うことがなくなったのです。

吸いたいと思わないので吸わなくなり、
それからずっと続いています。

1日60本→0本
0本までの期間:2日
継続期間:1年2ヶ月

たばこの味が不味くなった! (佐藤孝明さん 47歳)

たばこが不味くなりました。

吸ってもまずいので本数が減り、
今では1本も吸いません。

1日20本→0本
0本までの期間:19日
継続期間:7ヶ月

たばこの匂いがするだけで気分が悪くなるように (上原秀太さん 66歳)

以前は自宅でも吸っていて、
匂いは気になりませんでしたが、
今では喫煙所の近くを通るだけで
たばこの匂いで気分が悪くなります。

1日30本→0本
0本までの期間:7日
継続期間:1年0ヶ月

》》》今すぐLINEでリセット禁煙を確認する

どうでしたでしょうか?

  • 吸いたいと思わなくなった。
  • たばこの味が不味くなった。
  • たばこが嫌いになった。

もしこのように、
たばこへの興味がなくなって
吸いたいと思わなくなれば
禁煙は簡単だと思いませんか?

》》》今すぐLINEでリセット禁煙を確認する

我慢やイライラ、離脱症状なしに自然にタバコから卒業できる

禁煙というと我慢やイライラ、
離脱症状に苦しむのを想像しますよね。

しかしこの物質を摂取すると、
タバコが不味くなり快楽もなくなるので
自然とタバコへの興味がなくなってしまい
何も我慢することなくタバコから卒業できる
んです。

タバコを無理に辞めなくてもいい

タバコはやめなくていいです。

タバコを吸いながら
リセット禁煙をやってみてください。

「なんでこんな不味くて吐き気のするものを吸わなきゃいけないんだ」

と感じてくるはずです
そうなるとどうなると思いますか?

体と心が勝手に禁煙に向かいます。

我慢がいらなくなるんです。
意思なんて関係ありません。

世界で5万部発行されている
超人気禁煙本「リセット禁煙」の著者である
磯村 毅医師が監修をしたリセット禁煙は、
期間限定で無料で受ける事が出来ます。

現在の注文状況 08月14日(火)20時38分更新

》》》今すぐLINEでリセット禁煙を確認する

1日1箱吸うのであれば、
1箱(480円)×1ヶ月(30日)×1年(12ヶ月)で、
172,800円も1年で損をしています。

20歳から80歳まで吸ったとして、

172,800円×60年=10,368,000円

と、1,000万円以上もたばこで損をしています。

生涯で1000万円も払って体を悪くしていきますか?

それとも…

無料の禁煙治療で健康になりますか??

締め切りになって、
1000万円も損をする前にぜひ手に入れて下さい。

20時38分現在あなたの他に人が見ています。

キャンペーン終了まで

残り個数個です。


この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。