search
MENU
-->

タバコを吸うと人生に影響が出る!?様々な視点で調べてみました!

タバコと健康  2017/07/31

タバコが悪いものだというイメージが世の中に広がっていることを、ほとんどの人は知ってるでしょう。ただ、「ガンになりやすくなる」、「病気のリスクが高まる」と、漠然なことしか思い浮かばない人もいると思います。実は、それ以外にも悪影響はあるのです。

そこで今回は、タバコが人生にどういう影響を与えるか考えてみました。4つの視点から調べてみたので参考にしてみてください。

タバコの影響を理解していますか?

タバコを吸うと身体が悪くなるだけではありません。「精神面」、「金銭面」、「恋愛面」にも大きな影響を与える場合もあるのです。今回は、タバコの影響をいろいろな面から知っていただき、自分にとってタバコが良いモノか悪いモノか判断する参考にしていただければ幸いです。

1.身体面への影響

まず初めに「身体面」への影響について見てみましょう。タバコは「食道」や「肺」の病気を起こしやすいと言われていますが、それ以外の部位でも病気の発症率が高くなるケースも。この章では「食道」や「肺」以外で影響が出やすい部位を紹介します。

脳に影響を与え、倒れる可能性も?

喫煙し続けると、ニコチンが脳内の血管を収縮させます。さらに、タバコの有害物質が体内に入ることで脳内の血流が悪くなる恐れも。その結果「脳梗塞」、「脳卒中」、「くも膜下出血」などが起こりやすくなります。

場合によっては後遺症が残り、1人で歩行することができなくなるケースも。そのため、働くこともできなくなり他の人に迷惑をかけてしまう恐れもあるのです。

髪に影響が出て、見た目にも影響が…

喫煙によって、髪の発毛に大事なビタミンが失われやすくなります。さらに男性の場合、脱毛を促進する「ジヒドロテストステロン(DHT)」が増えると言われており、薄毛の原因になるケースも。

人によっては、20代、30代前半で喫煙が原因で薄毛になる人もいます。若々しさを維持したい場合は、卒煙するのも一つの手です。

かすみ目や「視力低下」などの原因になることも…

喫煙は、目の栄養素として必要なビタミンCを消費すると言われており「視力低下」の原因に。また、タバコの煙が目の中に入れば「かすみ目」や「ドライアイ」を引き起こすこともあります。症状が悪化すると、目が見えなくなる状況になる恐れも。何も見えない生活は、思った以上に恐怖です。

なかには、卒煙をして視力が回復した人もいるようなので、試してみてはどうでしょうか?

骨粗しょう症で歩けなくなることも…

骨粗しょう症とは、骨密度がスカスカになり骨折しやすくなる病気です。喫煙をすると、骨に必要な「カルシウム」の吸収を妨げる恐れも。

ただでさえ、加齢によって骨は弱くなっていきます。骨がカルシウムを吸収できない状況が続くと、骨がより一層脆くなるため危険なのです!

つまり、身体全体に悪影響を与える

つまりタバコを吸い続けると、身体中のいろいろな部分に悪影響を与えるということです。喫煙によって、どの部位に症状が出るかも分かりません。逆にタバコを吸わなければ、健康体を維持できる確率も上がるのです。

2.精神面への影響

喫煙は「精神疾患」を起こしやすくなるとも言われています。「すぐ禁煙.jp」で紹介してあるデータを基に見てみましょう。

喫煙者は、多くのストレスを抱えやすい

タバコを吸っていると、ストレスが解消されると聞いたことはありませんか?特に、仕事で追い込まれているときの喫煙って気持ち良いですよね。しかし、禁煙をした方がストレスの度合いが減るという結果が出ています。(※1)

喫煙すると一瞬ストレスが減ったと思うかもしれませんが、日常的にもっているストレス量は喫煙者の方が多いです。そのため、日常的にストレスを抱えたくない人は、卒煙をした方が良いと言えるでしょう。

喫煙者は非喫煙者と比べうつ病になるリスクが3倍になる!?

タバコを吸っていると、うつ病にかかりやすくなります。これはタバコを吸い続けることによって、ドーパミンによる幸せ感を得ることができなくなるためだと言われています。(※2)

ただ禁煙をすれば、非喫煙者と同じ位置までうつ病になるリスクを下げられるので、快適な生活を送れるかもしれませんよ。

ただし、人によっては「禁煙うつ」になる場合もある

ただ、禁煙をする人のなかには「禁煙うつ」に罹る場合もあります。「禁煙うつ」とは、禁煙開始後うつ症状が出だすことです。

これは、タバコを辞めた途端「セロトニン」と呼ばれる物質が出づらくなるため発症すると言われています。仮に、症状が重いと薬の服用が必要になる場合もあるので要注意です。

3.金銭面への影響

タバコを吸い続けると、金銭面にも大きな影響を与えます。短期間だと、なんとも思わないかもしれません。しかし、長期間タバコにお金を使っていると、とんでもない金額を消費していることに。自分がタバコ代にどれだけのお金を使っているか見直すきっかけにしてみてください。

タバコ代に1日920円使うと…

1日に920円のタバコ代だと、半年(180日)で「165600」円、1年間(365日)で「335800」円、10年間(3650日)で3358000円です。

つまり、10年間タバコを我慢すれば300万円以上のお金が手元に残るのです。これを利用し、自動車や住宅購入の頭金に回すことも可能です。

自己投資する機会も減る

タバコにお金を使っていると、自己投資をする機会が減る恐れもあります。「セミナー」や「イベント」、「勉強」など、自分のスキルを上げる機会が失われることも。あなたが尊敬する上司など、もしかすると「自己投資」をたくさん行っているかもしれません。

会社のなかで活躍したいと考えている人は、お金の有効活用を考えてみてはどうでしょうか?

高所得者ほど、喫煙率が低いという結果も…

収入が上がるにつれて、喫煙率が低くなるという結果も出ています。下記は、収入別による喫煙率のデータです(※3)。

    <世帯所得と喫煙率のデータ>
    世帯所得200万円未満→男性「37.3」%、女性「11.7」%

    世帯所得200万~600万円→男性「33.6」%、女性「8.8」%

    世帯所得600万円以上→男性「27.0」%、女性「6.4」%

所得によって、だいぶ差があることをお分かりいただけると思います。もしかすると、卒煙をすれば収入が上がるかもしれませんよ。

4.恋愛面への影響

最後に紹介するのが「恋愛面」です。喫煙の有無で恋愛面にも大きな影響を与える場合もあります。婚活を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

喫煙者は異性からも不人気

男女ともに、喫煙者へ対するイメージは悪く持っている人が多いです。これは、国内での喫煙率の減少だけではなく、タバコの悪いイメージが世間へ知れ渡っているというのもあるでしょう。また、健康志向の人が増えたというのも一つの要因かもしれませんね。

喫煙者は体臭や口臭がキツくなり、恋愛がうまくいかない場合も…

タバコを吸い続けると、主流煙や副流煙によって身体全体にタバコ臭が付きます。その結果、ヤニクサさが身体からとれなくなるのです。非喫煙者にとっては、嫌なニオイだと感じる人もいます。そのため、喫煙者の恋愛も不利になるでしょう。

現在は、禁煙者を対象とした婚活パーティーも多い

現在では、いろいろな会場で婚活パーティーが行われています。ただ、なかには「非喫煙者限定」の婚活パーティーを開いている場合も。その場合、喫煙者がは参加できないので婚期を逃すことがあるかもしれません。

また、喫煙所が付いていない会場も多いので、喫煙者にとってはイライラするかもしれません。その結果、婚活パーティーの時間が苦痛に感じる場合もあるでしょう。

まとめ

思い通りの人生を送れない場合、喫煙が原因の場合もあります。タバコによって、理想の人生と遠ざかっていると感じた人は、卒煙を目指してみてはどうでしょうか?きっと、生活スタイルも変わるはずですよ。

(※1)参考:すぐ禁煙.jp(http://sugu-kinen.jp/harm/disease/stress.html)

(※2)参考:すぐ禁煙.jp(http://sugu-kinen.jp/harm/disease/depression.html)

(※3)参考:厚生労働省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000020qbb-att/2r98520000021c30.pdf)

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 10人中7人がこの投稿は役に立ったと言っています。
TOPへ戻る