search
MENU

喫煙の悪影響を紹介!一目でわかる健康・美容へのデメリットとは?

タバコを吸ってると、悪影響を及ぼすというのはほとんどの方は知っていると思います。

しかし「どのような面で悪影響を及ぼすのか?」を普段から考えている方は少ないはず。

そこで今回は、健康・美容の面からタバコがどんな悪影響を与えるか紹介します。

喫煙は、たくさんの面で不利益を被る


近年では、喫煙者に対する目もどんどん厳しくなっています。

20年以上前までは、タバコの商品CMなども流れており喫煙者に対して寛容でした。

しかし、現在では禁煙のCMばかり流れていることもあり、喫煙者への風当たりも強くなっています。

今後は、禁煙対策の法律も強化されることが予想されるため、より一層、喫煙者は生活を送りづらくなるでしょう。

また、本記事の終盤には喫煙者が周囲の人へ与える印象についても説明してあるので参考にしてみてください。

健康面に与えるデメリットとは?


まず初めに、喫煙が健康面に与えるデメリットを紹介します。

タバコによって、身体の病気リスクがどうなるか見てみましょう!

一番有名なのは「ガン」

喫煙が原因で起こりやすい病気の一例が「ガン」です。

特に「咽頭ガン」は、非喫煙者と比べて「30倍以上」かかりやすくなると言われています。

その他にも「食道ガン」や「胃ガン」など、身体のさまざまな部位がガンにかかりやすくなるのです。

ガンも、軽い症状だと短期入院で済みますが、症状が重くなれば入院期間も長くなります。

そのため、医療費が数万円・数十万円単位でかかってしまうのです。

現在では「2人に1人がガンにかかり」、「3人に1人がガンで死亡する」時代だと言われています。

また、退院後も抗がん剤治療で通院しなければならないため、卒煙してガンのリスクを下げた方が良いでしょう。

ガン以外にかかりやすくなる病気はたくさんある

ガン以外にも発症リスクが上がる病気はたくさんあります。

例えば、脳であれば「脳卒中」、「認知症」。目だと「かすみ目」、「ドライアイ」にかかる確率が上がります。

そのため、身体全体にわたって病気リスクが上がると言っても過言ではないのです。

また、人によっては「合併症」を引き起こし身体全体が病に侵される場合も。

健康被害を受け、身体に障害を持つ可能性も0ではないので気を付けましょう。

口内の病気になる確率も上がる

喫煙すると「口内」の病気になる確率も上がります。

虫歯」、「歯周病」、「口内炎」などにかかりやすくなるでしょう。

特に「歯周病」の放置はマズいです。

なぜなら、歯茎の状態が悪化し食べ物を噛めなくなるから。

口内の病気が頻発すると食事をするのも辛いです。

ぜひ、お口の健康を守るためにも、タバコ卒業を目指してみてくださいね!

年齢を重ねると、タバコ臭と一緒に加齢臭が混じるので要注意!

喫煙していると、身体中にタバコのニオイが付きます。

さらに、年齢を重ねると「加齢臭」も発生します。

タバコ臭と加齢臭が混ざったニオイは、悪臭を放ち最悪です。

加齢臭は年齢を重ねれば出ますが、タバコのニオイは喫煙を辞めればなくなります。

悪臭を放たないためにも、タバコを辞めてみてはいかがでしょうか?

美容(外見)面にもデメリットがある


健康面だけではなく、美容(外見)面にもタバコの悪影響は出ます。

普段から、ご自身の外見を意識している人は、注意深く読んでみてください。

スモーカーズフェイスになる

スモーカーズフェイス」とは、主に医者が使っている用語で、喫煙者独特の顔のことを指します。

主に「白髪」、「顔全体のシワ」、「血色不良」が症状として出ることが多いです。

喫煙期間が長くなるほど、スモーカーズフェイスになる確率も上がるでしょう。

シミやそばかすが増える

喫煙者は、シミやそばかすが増える確率も上がります。

理由は「血流悪化」と「ビタミンC破壊」です。

この2つによって、シミやそばかすを加速させます。

シミやそばかすが増えると、印象が悪くなる恐れもあるので注意しましょう。

化粧ノリが悪くなる

喫煙でお肌の状態が悪くなると、化粧ノリが悪くなり見た目の印象が変わります。

また、年齢を重ねるとお肌の状態を悪くするため、ダブルでダメージを受けます

数年後とんでもないことになっているかもしれません。

喫煙し続けると、若々しさがなくなる

喫煙期間が長引くほど若々しさがなくなります。

そのため、実年齢よりも上で見られる確率が高くなるでしょう。

若い年代のときに「大人っぽいね」と言われるのは良いかもしれません。

しかし、50歳なのに「70歳に見える」と言われたらどうでしょうか?

傷つく方もいると思います。

年齢を重ねても、若々しさを醸し出したい方は卒煙をおすすめします。

周囲からの印象が悪くなる場合も…


喫煙者というだけで、周囲からの印象が悪くなる場合もたくさんあります。

最後の章では、仕事・プライベートにおいて、周囲へどんな悪印象を与えるか見てみましょう!

タバコを吸っているだけで、仕事に悪影響を及ぼす

喫煙者というだけで、仕事面で悪影響はたくさん出ます。

場合によっては、下記3つの影響を受けるので要チェックです!

パターン1.仕事を任せてもらえない

喫煙者だというだけで、仕事を任せてもらえない場合があります。

上司が喫煙者嫌いだと、この状況は起こりやすいでしょう。

特に、勤務中に喫煙をしている方は要注意

あなたの喫煙姿を見て、上司は嫌な気持ちを持っているかもしれません。

喫煙者が少ない会社で働いている方は気を付けましょう!

パターン2.出世できない

仕事を任せてもらえない状態だと、仕事の実績がなかなか出ないため、出世も難しいです。

最近では、仕事ができる人でも「喫煙者」というだけで、出世が難しいケースもあります。

ただ、禁煙を続ければ上司からの評価が良くなり、出世の可能性も上がるでしょう。

パターン3.給料が上がらない

出世ができなくなると、給料も上がりづらくなるため豊かな生活を送れない場合も。

人によっては、勤続10年以上経つのに手取り額が1万円しか増えていない方もいます。

特に、子供がいる方は手取り額が増えないと生活を送るのは厳しいでしょう。

また、企業によっては喫煙者と非喫煙者に給料の差を付けている場所もあります。

今後も、そのような企業は増える可能性があるため注意しましょう。

プライベート面でも不利益を被ることがある

プライベート面においても不利益を被ることはあります。

喫煙時間にたくさん時間を割くと他のことに時間を回せるため、たくさんの趣味をつくれるでしょう。

また、タバコを吸い続けると出費がかさみます。

人によっては、貯蓄ができず将来の生活が困るという方も。

安定した濃密な人生を送りたい方は、喫煙習慣をなくせば実現できるかもしれませんよ!

婚活活動をしている方も要注意!

最近では、喫煙者が好かれづらい世の中です(男女問わずです)。

特に、若年層(20代)の喫煙者は少ないです。

いくら、外見が良くても喫煙者というだけで、恋愛対象外になる場合も。

JTの調査によると、全体の喫煙率は2割を切っている状態です。

今後も、喫煙者の減少が予想されるため、恋人を見つけたい方は卒煙をおすすめします。

タバコを辞めて、楽しい人生を歩もう


タバコから卒業すれば、病気のリスクが下がるだけではなく仕事やプライベート面にも良い影響が出るでしょう。

世界各国で禁煙運動をしているため、今後も喫煙者の肩身がますます狭くなる時代です。

喫煙姿を周りから冷たい視線で見られたくない方は、タバコを辞めてみてはどうでしょうか?

新たな人生が待っているはずですよ!

※本記事の情報などは2017年11月現在のものです。

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む
TOPへ戻る