search
MENU
-->

日本の禁煙に関する対策を紹介!時代の波にのって脱タバコしよう!

タバコと健康

現代では、国家ぐるみで喫煙者が住みづらい社会にしていると思います。そのせいか、タバコを吸うことが悪とされている部分も多いです。今後も、禁煙社会は進んでいくことが予想されるため、喫煙者の印象はますます悪くなります。

今回は、日本国内で行われている禁煙対策について細かく紹介していきます。快適な生活を送りたいのであれば、禁煙することをおすすめします。

たくさんの国で禁煙対策が行われている

禁煙対策は日本だけで行われているわけではありません。アメリカやヨーロッパ、オーストラリアなどたくさんの国々で行われています。

今後も、厚生労働省を中心に禁煙対策は進むことが予想されます。日本から喫煙者が排除されようとしていることを意識しながら読むと、禁煙しやすくなるかもしれません。

日本国内で行われている取り組みとは?

まず初めに、日本で行われている禁煙対策について紹介します。いろいろな場所で禁煙対策は進んでいるため要チェックです。

1.鉄道会社での禁煙対策

20年以上前は、公共交通機関内でタバコを吸える場所も多かったです。しかし、現在では特急列車や新幹線でも喫煙席がなくなっています。車両によっては、喫煙所が設置されていますが、以前みたいに席でタバコを吸うのは難しいです。

さらに、首都圏を中心に駅のホームから喫煙所を撤去している場所も増えているため、喫煙者は困るでしょう。

2.飲食店での禁煙対策

飲食店では、ランチタイムを中心に全席禁煙の場所も増えています。また、店舗によっては終日禁煙の場所もあり、分煙しない飲食店も増えているようです。

3.ホテルでの禁煙対策

ホテルも部屋によって、喫煙できる場所とできない場所に分かれていることも多いです。ただ、最近では全室禁煙というホテルも存在します。

タバコを吸うたびに、部屋から出る手間があるためタバコを吸うのが嫌になるでしょう。

4.コンビニでの禁煙対策

街中のコンビニへ行くと、店内に喫煙ルームを設けている場所もあります。しかし、最近多いのは店外に置いてある灰皿の撤去です。そのため、コンビニでタバコを買ってもすぐに吸えない場合も。

そのうち、タバコの販売場所も少なくなるかもしれませんね。

5.職場での禁煙対策

職場によっては、禁煙に厳しい場所もあります。例えば「勤務中は喫煙できない」。あるいは「禁煙者に対して手当てをつける」など会社が独自でルールを決めている場合も。

さらに、会社によっては医務室があり禁煙に対する相談に乗ってくれる医師がいる場合もあります。ぜひ、福利厚生を生かしてみてはどうでしょうか?

6.条例による禁煙対策

最後に紹介するのが、県や市町村などの条例です。歩きたばこで罰金が発生するのも、禁煙対策だといえるでしょう。

「受動喫煙」や「やけど」を防ぐために、多くの地方が行っています。1回指摘されると、1000円から2000円程度の罰金が発生します。

禁煙をするときは生活環境を変えよう

実際に、禁煙対策が進んでいる中でタバコを吸い続けるのが面倒だと思った人もいるでしょう。しかし、ニコチンによって脳が侵されている人がほとんどなので、禁煙方法を試したところで失敗しやすいです。

禁煙成功率を上げるには、生活環境を変えてリズムを変えるのが大事。この章では、禁煙をする際に心掛ける秘訣を紹介します。

1.自宅でタバコが吸えない仕組みを作る

部屋に灰皿やライター、タバコの空箱などがあると、喫煙している自分を思い出します。そのため、部屋からタバコを思い出すものを全て処分しましょう。

さらに、自分がタバコを吸っている写真がある場合も、目に付かない場所に置いておくのも大事。思い出す回数が減れば楽に禁煙できるでしょう。

2.喫煙所に近寄らない

どうしても、喫煙所へ近寄ると外からでもタバコの香りがします。また、タバコを吸っている人の姿が見える場合もあり、禁煙も難しくなります。

さらに、出社する際に喫煙所を通る場合も遠回りをしてでも、別の道を通るのも必要かもしれません。

3.喫煙席が付いている場所で食事をしない

食事をする際も、全席禁煙の場所を選ぶのも重要です。禁煙席しかなければ、タバコを吸いたいと思っても吸えません。そのため、禁煙の成功率も高まるはず。食事の時間を乗り越えれば、禁煙継続率も上がるでしょう。

4.コーヒーを飲まない

コーヒーを飲みながら、タバコを吸っていた人はコーヒーを飲まないことも大事です。お茶や水などに変えることで、タバコを吸っていたときのことを思い出しにくくなるでしょう。

いくら、数カ月間禁煙をしていたとしても、コーヒーを飲んだ瞬間久々にタバコを吸ってみようという気持ちになる人もいるため要注意です。

5.社内で席を離れる時間を減らす

仕事をしている人のなかには、2時間に1回席を離れる人もいるのではないでしょうか?私も、オフィスビルの中で働いていたときは「2時間に1度」オフィスがある19階から1階まで降りていました。

ただ、何度もすると「ついでにタバコを吸おう」と思い出すことも増えるのです。しかも、オフィスビルの場合は「コンビニ」と「喫煙所」が両方ある場合も多く危険です。オフィスの外に出る回数を減らすことで、効果が現れやすくなるでしょう。

6.健康体を維持する行動をする

身体にいいことをたくさんすれば、タバコを吸う気が失せる場合もあります。例えば、運動や食品で健康体をつくろうとしているのに、タバコによって身体が不健康になるって嫌ですよね?

つまり、タバコを吸うことが「ムダ」だと感じることが重要なのです。すると、禁煙を継続することも簡単かもしれません。

禁煙方法をチョイスして卒煙しよう

禁煙をする際に、もう一つ大事なことがあります。それは禁煙方法の選択です。喫煙歴や性格、働き方によって向いている禁煙方法は変わります。そこで最後に、代表的な禁煙方法を紹介します。自分に合った禁煙方法を見極めてみてはどうでしょうか?

1.タバコを吸っている気分を味わう「電子タバコ」

電子タバコは、タバコの形に似た充電式の機械です。しかも、タバコの煙ように水蒸気が出るためイライラは和らぐかもしれません。

ただ、タバコを思い出しやすくなるため、自分に合った禁煙方法かしっかり考えましょう。

2.口寂しさを減らすなら「ガム」

今まで、タバコを吸うきっかけが「口寂しさ」だった人は「ガム」を噛むといいでしょう。口を何度も動かすため、口寂しさは少なくなるはず。

ただ、欠点としてはコールセンターや接客業など会話をすることが多い場合は、口がモゴモゴし相手に不快感を与える場合もあります。

さらに、上司によってはガムを噛んでいる人に悪い印象を持つ場合もあるため、時と場合に応じてやってみましょう。

3.体内からニコチンを入れる「ニコチネルパッチ」

ニコチンを体内に入れないと、イライラする人もいるでしょう。その場合は、パッチを貼ることでイライラを解消できます。相手に嫌な気持ちも与えないため使い勝手がいいです。

ただし、2カ月間のプログラムです。途中で辞めると効果が減ると思われるため注意しましょう。

4.医師の力を借りる「禁煙外来」

禁煙外来は、病院での禁煙指導です。ニコチン依存症だと認定されれば、保険診療での受診も可能です。しかも、人によっては薬を処方してもらえるため効率的に禁煙ができるかもしれません。

ただし、病院によっては行っていない場所もあるため要注意です。

まとめ

日本での禁煙対策は、世界保健機関の関係者も「遅れている」と言っているようなので、喫煙者に優しい社会になるとは考えづらいでしょう。禁煙社会が進んでもストレスをためない方法は、自分が「禁煙」することです。

ぜひ、1日でも早く脱タバコできることを願っています。

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。
TOPへ戻る