1. TOP
  2. 禁煙で食欲増進する理由と、太らないコツを伝授します!

禁煙で食欲増進する理由と、太らないコツを伝授します!

タバコと健康
この記事は約 7 分で読めます。 453 Views

禁煙をしている人のなかには、食欲増進が起こり困ってる方もいると思います。

タバコを辞めたせいで、ブクブク太るのは避けたいですよね?

体重を増やさずに禁煙したい人が、大半だと思います。

そこで今回は、禁煙で食欲増進する理由太らないコツを紹介します。

禁煙太りの恐怖に襲われたくない方は、ぜひ参考にしてみてください。

禁煙で食欲増進することを受け入れよう


本記事を読む前に、意識していただきたいことがあります。

それは「禁煙で食欲増進するのは当たり前」ということです。

なかには、体重が大幅に増えて焦る人も。

そんなあなたも大丈夫です!

コツをつかめば、体重が増えづらくなります。

大事なのは、食欲を抑えることではなく「食欲があっても太らない仕組み」を作るのが重要です。

本記事では、太らないためにやるべきこと、やらない方が良いことについても記載してあります。

ダイエットに敏感な人や、自分に合う方法を見つけたい方は実践してみてくださいね!

禁煙で食欲が止まらない理由


まず初めに、禁煙で食欲が止まらない理由を紹介します。

タバコと食欲の関係を理解しましょう!

1.ニコチンの供給がなくなり、食欲増加する

タバコを吸い続けている間は、脳内にニコチンが供給されます。

その結果、食欲が減退する原因に。

しかし、タバコを卒業するとニコチンが脳内に供給されなくなるため、食欲減退効果が無くなるのです。

タバコを辞めたら食欲が復活するため、過食気味になることも増えるでしょう。

2.味覚が回復する

タバコを辞めると、「味蕾(みらい)」と呼ばれる味を感じ取る機能が回復します。

その結果、味の感じ方も、より一層敏感になるでしょう。

素材の甘味や渋みなど、繊細な味も感じ取りやすくなります。

つまり、料理の味もおいしく感じ食欲増進モードに入るのです。

3.ニオイが敏感になり、食欲が湧く

タバコを辞めると、嗅覚も回復するため料理のニオイも感じ取りやすくなります。

その結果、食欲が湧くでしょう。

食べ物によっては、香りが強いものもあり食欲を増加させるものもあります。

太らないために大事なこと


この章からは、体重増加を防ぐコツを紹介します。

食欲を抑えようと意識するのではなく、生活習慣に上手く組み入れて太らないための工夫しましょう!

1.食べ物を見の回りに置かない

自宅やオフィスなど、食べ物を身の回りに置いて生活を送っている人もいるのではないでしょうか?

アメやお菓子類など、仕事中についつい食べてしまう方もいると思います。

その状況に陥る人は、食べ物が視線に入らない環境をつくることです。

すると、食べたい欲求も減ります。

また、カバンの中に食べ物を忍ばせるのも控えた方が良いです。

人によっては、通勤途中にモノを食べる習慣が付き余計食欲が止まらなくなります。

普段から、食べ物を買う人はその習慣を無くすと良いでしょう。

2.爆食いをしなくて済む環境をつくる

爆食いをしない環境をつくるのも大事です。

特に、注意していただきたいのが「食べ放題」での食事。

いくら食べても料金は同じなので、腹八分目で止めず満腹になるまで食べる可能性が高くなります。

その結果、摂取カロリーも増え体重増加へつながるのです。

中華や焼肉などは摂取カロリーが高くなりがちなので注意しましょう!

3.糖質・炭水化物を控える

糖質や炭水化物を摂りすぎると、脂肪に変化します。

その結果、体重が減りづらい身体になるでしょう。

ちなみに、糖質は野菜や果物、スイーツなどに。
炭水化物は米やパン、ケーキ、アイスなどに多く含まれます。

さらに、揚げ物など衣やパン粉が付いている料理も、炭水化物が含まれているのでカロリーも高くなりがちです。

野菜とたんぱく質中心の食事にすると、太りづらいでしょう。

ただし、糖質・炭水化物を全く摂らないとエネルギー源がなくなり、身体がフラつく場合もあるので要注意です。

4.食事と運動をバランス良くとる

食事だけではなく、運動も行うことが重要です。

極端な話、食事のカロリー量が多くなっても、その分消費カロリーが増えれば太ることもありません。

つまり、1日の摂取カロリーが消費カロリーを超えなければ大丈夫です。

逆に、運動量が少ない方は、食事量を減らさないと太りやすくなります。

ただ、全く運動しないとなれば、新陳代謝が低下して脂肪を溜め込む身体になる場合も。

毎日ウォーキング30分など、できることから始めると良いでしょう。

5.歯磨きをする

こまめに歯磨きをするのも効果的です。

口の中にスッキリ感が広がり、自然と食欲も抑えられます。

「お腹が空いた=歯磨きをする」という生活習慣を付けておくと、ドカ食いしたい気分も減るでしょう。

また、歯ブラシ粉もミント系など爽快感を感じる製品が良いです。

すると、食欲が湧くことも少なくなるでしょう。

太らないためにやらない方が良いこと


体重が増えるのが嫌だからと言って、強引なことはやらない方が良いです。

正しいと思って実践していることが間違っている場合も。

最後の章では、どういう失敗例があるか紹介します。

1.喫煙者に戻る

体重が増えるからと言って、喫煙を再開する人もいます。

しかし、タバコを吸い始めると今までに禁煙していた人は、水の泡になるので良くありません。

「ちょっとぐらい吸ってもいいや」という気持ちで喫煙すると、タバコを辞められなくなるのでタバコを我慢しましょう。

2.断食を実践する

体重が増えたからと言って、断食を行う人もいるでしょう。

たしかに一瞬、体重は減るかもしれません。

しかし、断食終了後リバウンドで体重が増える場合もあります。

また、人によっては断食中イライラするのでタバコを吸う可能性が高くなることも。

普段の食生活は崩さず、栄養バランスを考えて食事を摂りましょう。

3.無理な我慢をし続ける

無理な我慢をし続けるのもマズいです。

太らないために「野菜しか摂らない」、「植物性たんぱく質しか摂らない」というように、極端な食事は良くありません。

断食と同じく、ストレスが溜まる原因になりタバコを吸いたいと思う可能性も高くなります。

ストレスが爆発した結果「食事量が増えるわ」、「禁煙に失敗するわ」で悪影響も次々と出るので、ある程度は自分が好きなモノを食べましょう。

4.お菓子だけで体重を減らそうとする

しっかりした食事を摂らずに、お菓子だけで体重を減らすのも良くありません。

さきほども言ったように、お菓子には炭水化物もたくさん入っています。

さらに、お菓子やファーストフードも栄養が入っていないケースが多いです。

長期間続けると身体に悪影響を及ぼす場合も。

若い間は身体が持つかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて身体に異常が出る恐れがあります。

また、砂糖や塩分の摂り過ぎにもつながり脳疾患を起こす場合も。

身体の衰えを止めるためにも、食事には気を付けましょう。

5.禁煙太りを受け入れない

禁煙太りを受け入れないのも良くありません。

序盤で話しましたが、多くの人は禁煙太りが発生します。

1~2kg太っただけで過敏に反応する人もいますが大きな問題ではないです。

身体が健康になっている証拠だと受け入れて、ポジティブに考えましょう。

逆にネガティブな考えをすると、食事量が増え太る原因につながるので要注意です。

スタイルを維持するために、太らない工夫を。


食事の内容を変えれば体重の増加も防げます。

ただし、自分に合う方法を実践しないと、ストレスが溜まり食に走るケースも。

太ると禁煙に対するモチベーションが下がる場合もあるので、楽しく過ごしましょう!

1時間で我慢も離脱症状もなしで禁煙できる方法

喫煙者であれば1度は考えたことがある「禁煙」
しかしそれは途方もなく難しく、 途中で挫折する人がほとんどです。
でもその難しい禁煙を たった1時間で我慢も離脱症状もなしで 確実に達成できるとしたら…

あなたはどうしますか?

私はこの方法に出会って3年ですが 今までたったの1度も 「タバコが吸いたいな」と思ったことすらありません。
その方法は卒煙.jpの公式LINE@で公開しております。

気になる方は下のバナーをクリックして
【1時間で我慢も離脱症状もなしで禁煙できる たった1つの方法】
を受け取って下さい。
無料ですが、効果はバツグンです。

何一つ役に立たなかったなら苦情のメールを下さい。
詳細は先着100名にのみ LINEでお伝えします。

友達追加はタップするだけですし、
友達解除はいつでも自由にできます。

しかも今ならLINEプリペイドカード5000円分を
毎月抽選で1名にプレゼント中です。




先着100名まで 残り7名 20150810_3色ボタン(テキストラスタライズ) ※LINEアプリが起動しない場合は締め切っています。

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kengo

kengo

2015年より専業のフリーライターとして活動しております。
このHPでは、私の禁煙体験も交えながら紹介させていただいています。

運営者情報