search
MENU
-->

禁煙するといいことが起こる。自分事に当てはめて考えてみよう!

タバコと健康

禁煙するといいことがあるというのは、ほとんどの人が分かっているはずです。しかし、そうは言っても禁煙するのは難しいと思ってる人もいるのではないでしょうか?

そうなっている理由は、自分にとっての禁煙のメリットが分かっていないだけなのかも。

そこで今回は、禁煙のメリットについて詳しく確認していこうと思います。

禁煙のメリットを深く知れば行動は変わる

禁煙のメリットは、いくら聞いたとしても自分事のようにとらえないとタバコを辞めるのは難しいです。自分と真剣に向き合ってこそ、禁煙のメリットは心の中に入っていきます。

今回、記事を読む際は自分に当てはめながら読んでみてください。きっと、禁煙の成功確率が上がるはずです。

禁煙成功するといいことが起こる9つの内容

早速ですが、禁煙することによって起こるメリットを紹介します。一体、自分に何が当てはまるのか探しながら読んでみてください。

1.病気になるリスクが減る

メリットのなかでも、ほとんどの人に言えるのが病気になりづらくなると言うことです。

タバコには200種類以上の有害物質が含まれていると言われています。そのため、喫煙することで口や喉、肺などに大きな負担を与えることに。

禁煙するということは、負担を与えることもなくなります。その結果、禁煙を数十年続ければ健康体を手に入れられるかもしれません。

2.金銭面で余裕ができる

毎日、1箱430円のタバコを吸っている人は30日間で12,900円をタバコ代として使っていることになるのです。

1日ではちょっとの金額ですが、1年間続けると15万円以上の節約に。すると、旅行へ行けたりおいしいものをたくさん食べることも可能です。

ぜひ、プライベートを過ごすためのお金を禁煙によって生み出してみてはどうでしょうか?

3.時間の有効活用ができる

喫煙時間をほかのことに充てることも可能。例え、1回につき5分の喫煙時間だとしても20本吸えば「1時間40分」です。

それが、1カ月、半年と続けば相当な時間になるため、仕事やプライベートを有効に使えるはずです。

4.周りに迷惑がかからない

どうしても、タバコを吸っているとほかの人に副流煙がかかってしまう場合も。すると、非喫煙者の人も病気になりやすくなるでしょう。

なかには、タバコを吸っていないのに肺が真っ黒になったという人もいるのです。

禁煙をすることで、ほかの人にタバコの煙を振りまかずに済むため、非喫煙者の人も快適な空間で過ごせるでしょう。

5.火事を起こす心配もなくなる

自宅でタバコを吸っている人もいると思います。ウトウトしながら喫煙していると、いつの間にか「寝たばこ」をしてしまい火災になるケースも。

しかし、禁煙することで喫煙中に寝ることもなくなるため、寝たばこのリスクも減るはずです。

6.喫煙所を探さなくて良い

最近の日本では、喫煙所もたくさん撤去されています。特に、都心部では駅のホーム上や、コンビニ、さらに飲食店においても全席禁煙という場所も増えているのです。

そのため、出先でタバコを吸う場合は喫煙所を探さなくてはなりません。

しかし、禁煙をすることで喫煙所を探す時間を割くこともなくなります。その結果、休憩時間などにバタバタすることも減るはずです。

休憩中ぐらい、のんびり過ごしてみませんか?

7.副流煙を浴びる機会も減る

副流煙は喫煙者も浴びています。特に、屋内型の喫煙所で狭い空間の中にたくさん喫煙者が入っている状況だと、大量の副流煙を浴びることに。

その結果、病気を引き起こす確率がさらに上がるのです。

しかし、禁煙をすれば喫煙所へ行くこともなくなるため、副流煙を浴びる回数も相当減ります。つまり、快適に過ごせるようになる確率も上がるでしょう。

8.自宅が汚れる心配もない

タバコには「ヤニ」が含まれています。そのため、部屋の中で喫煙をしていると壁紙が黄色くなる原因に。すると、部屋の見栄えも悪くなります。

さらに、退去をする際に数万円もの「壁紙交換代」を払わなければならないことも。

例え、壁紙の一部分だけヤニで黄色くなっていたとしても、全体の壁紙を変える場合がほとんどです。禁煙をすることで、タバコのヤニで黄色くなることもないため、退去の際も余計な出費を抑えられるでしょう。

9.安い生命保険に入れる可能性が上がる

最近では、禁煙者を対象に安く入ることができる生命保険もあります。長い目で見てもかなりお得になるのです。

ただし、禁煙者の対象として少なくとも1、2年はタバコを吸っていないということが必須になります(保険会社によって期間の設定は異なります)。

いくら、タバコを吸っていないと保険の担当者に言ったとしても「検査キット」があるため無理でしょう。もし、安い保険に入りたいのであれば、数年単位で禁煙を継続することで入れる確率が上がりますよ。

禁煙するには結局「メンタル」が大事

色々な禁煙方法が世の中にはあります。しかし調べただけで満足して、それ以降は行動をしない人もいるのも現実です。そうならないように、禁煙方法を知る前にまずは「メンタル」を整えることが重要です。

そこで最後に、禁煙を継続させるためのメンタルを作る方法を紹介させていただきます。

1.禁煙のメリットで喫煙を上回る内容を探し当てる

前章で禁煙のメリットをたくさん紹介しましたが、メリットを知るだけでは禁煙しようという気持ちにはなるのが難しい人もいるはず。

それを解消するために、喫煙以上の禁煙メリットを見つけ出すことをおすすめします。

例えば、タバコを吸うことよりも食事をすることが好きなのであれば、禁煙で「料理がおいしく食べられる」ということを意識する。あるいは、旅行が好きであれば「タバコ代を旅行へ回せる」というように、タバコのことが気にならないような考えを持ちましょう。

毎日考えていると、いつの間にか禁煙が当たり前の日々になるため、ストレスも溜まりにくくなりますよ。

2.禁煙の良さを肌で味わう

禁煙というと、「我慢」していると思う人がほとんどです。すると、余計イライラしやすくなり失敗してしまいます。そこで、禁煙をしている際にどんな効果が出たか実感することが大事。

例えば、「味覚がどんどん変わってる」ということや「肌荒れが減った」など、自分で気付いたことをメモしておくと良いでしょう。すると、禁煙を続けたい気持ちになるはずです。

3.禁煙を続けてどうなりたいかを決めておく

ただただ、禁煙を続けていくだけだと行き詰ってしまう場合もあります。日が経つにつれて、禁煙をすることに嫌気がさしてしまい、モチベーションが下がる恐れも。

そうならないように、禁煙をずっと続けていく「目標」を自分のなかで持つと良いです。

例えば「家族から嫌われたくない。」あるいは、「同僚とスポーツを思いっきり楽しむために」というように、ささいな目標でも良いので何か決めましょう。

すると、禁煙をしなければいけないという「使命感」を持ち出すようになり、タバコを吸わないことが当たり前になるはず。目標を設定するときのポイントは、自分の「身の丈に合った目標を立てる」と言うことです。

まとめ

禁煙するといいことがたくさんあります。それを細かく知って、自分事に当てはめるだけでやる気が出るはずです。さらに、それと同時に自分のメンタルをコントロールすることで、禁煙の成功率はさらに上がります。

人生を楽しく過ごすために、禁煙を考えてみてはどうでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
TOPへ戻る