search
MENU
-->

タバコで睡眠障害が起きている方へ。快眠を得るコツを紹介します!

タバコと健康  2017/10/31

禁煙をしていると、日中に眠気が来ることもあるでしょう。

ただ、そのせいで睡眠障害へ陥る人もいます。

睡眠障害が発生すると、快適な生活を送りづらくなりますよね?

そこで今回は、睡眠障害を改善するコツ日中の眠気を吹き飛ばす方法を紹介します。

仕事に悪影響を与えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

睡眠障害を改善するコツ・方法とは?

早速ですが、睡眠障害を改善するコツ・方法を紹介します。

ご自身に合う方法を探し出し、快適な睡眠を手に入れてくださいね!

1.精神的不安を解消する

仕事やプライベート面で不安になることはありませんか?

布団のなかに入っても不安なことを思い浮かべていると、眠たいのに寝られなくなることも。

それが続くと、慢性的な「寝不足」を起こし普段の生活を送るのが辛くなります。

特に、普段からストレスを抱えやすい人やネガティブな発言ばかりする方は要注意です。

ネガティブな発言ばかりする方は「ポジティブシンキング」を極め、物事の見方を変えてみてはどうでしょうか?

すると、ストレスを抱えることも減り、睡眠不足が解消されるはずですよ。

2.肉体的な痛みを解消する

肉体的な痛みを持っている方も、睡眠不足に陥りやすいでしょう。

慢性的な肩こり・腰痛だけではなく、頭痛や歯痛など少しでも症状があると眠れなくなります。

なかには、医療費にお金を使いたくないからと言って、病院や薬に頼らない方もいます。

しかし、放置すると症状もどんどん悪化していき、睡眠中に患部の痛みで目を覚ますこともあるのです!

これが毎日続くと、寝不足になり睡眠障害の確率も上がります

食費や交際費などを少し削ってでも、医療費へ回すお金はつくった方が良いでしょう。

3.食生活を改善する

食生活を改善するのも一つの手です。

例えば、カルシウムマグネシウムが不足すると、イライラが発生しやすくなり不眠症へつながりますし、カフェインアルコールを含む食べ物や飲み物を多く摂っても、寝ることが難しくなるでしょう。

また、動物性たんぱく質に含まれているトリプトファンが含まれる食品を摂取するのも、質の良い睡眠をとる上で大事です。

さらに、ココロがソワソワしている感じがあれば「ハーブティー」を飲んで落ち着くのも良いでしょう。

ファストフードやお菓子を中心に食べている方は、食生活の改善を目指してみてくださいね!

4.睡眠時間、起床時間を変えない

睡眠時間と起床時間を変えないのも大事です。

例えば、休日だと明け方まで起きる方もいるのではないでしょうか?

ただ、これを繰り返すと寝たいと思っても寝れません。

体調がさらに悪くなり仕事に悪影響が出ます。

若い間は、体力があるので良いかもしれませんが、年齢を重ねると身体のだるさがとれるまでに時間もかかります。

身体の調子を整えたい方は、睡眠時間と起床時間を一定にしましょう。

仕事中の眠気を吹き飛ばす方法

仕事中に睡魔がやって来て、上司から注意される方もいるのではないでしょうか?

この章では、眠気を吹き飛ばすための方法を紹介します。

仕事中にウトウトすると、勤務態度が悪いと思われあなたの評価も下がります

周囲に悪い印象を与えないためにも、実践してみてくださいね。

1.仮眠をとる

頭がスッキリして日中の睡魔が減ると言われているため、業務効率も上がります。

昼休みや電車での移動中など少し仮眠するだけで、気分もスッキリします。

ただし、仮眠をとる際は15分~20分程度にしましょう。

1時間以上寝ると、家へ帰っても寝れずに睡眠不足を引き起こす原因になるのです。

そのため、仮眠をとる際は布団の上に寝そべるわけではなく、椅子に座り机に顔を伏せる状態で寝ましょう(顔に寝た跡が付くのでクッションなどを使いましょう)。

また、目覚ましをかけると長時間寝るのを防げるためおすすめです。

2.いつもと違う雰囲気で仕事をする

仕事の雰囲気を変えるのも有効です。

例えばデスクワークだと、椅子に座った状態で仕事をしていると思います。

イスの高さを変える」、「景色が違う席へ移動する」、「立って仕事をする」などの方法があります。

その結果、新鮮味が出てきて眠気も解消されるはずです。

毎日、同じ雰囲気で仕事をしていると飽きが来てしまい眠気に襲われやすいので注意しましょう。

3.大きな声で人と話す

大声を出すのも、脳へ刺激がいくため眠気が吹き飛びやすくなります。

お客様や従業員へ話す際も、いつもの1.5倍ぐらいの声量で話してみてください。

すると、眠気もなくなるはず。

ただし、元々の地声が大きい人がさらに声を大きくすると迷惑をかける場合も。

その場合は、会社の屋上や公園などで大声を出すのも一つの手です。

大勢の人がいる場所だと迷惑をかけるので、誰もいないことを確認して大声を出しましょうね!

4.身体を動かす

身体を動かすと血流が良くなり体温も上がります。

身体のストレッチや歩いたりするのが有効です。

ただ、周りに人がいて恥ずかしいと感じる人もいるでしょう。

その場合は、1時間~2時間に一度立ち上がるだけでも違います。

同じ姿勢を続けると、肩や腰などに負担をかけ身体の冷えが起こりやすくなるので気を付けましょう!

5.外気に触れる

オフィスのなかに一日中いるとウトウトしますよね?

それを解消するには、外へ出るのが一番です。

外気に触れることで、ウトウトすることは解消されます。

オフィス内と外気の気温差が激しい(外が寒い状態)ほど、効果を感じるでしょう。

ただし、冷たい外気に触れ続けると風邪をひく恐れもあるので注意です!

6.目薬を使う

目薬を使うのも一つの手です。

クールタイプの目薬だと、目のなかがスーっとして爽快感を感じます。

また、目の疲れにも良いので一石二鳥です!

ただし、医薬品なので合う合わないがあります。

目薬を差して痛みや違和感を感じた場合は、すぐに使用を辞めて病院へ行くことをおすすめします

7.大音量の音楽を聴く

イヤホンなどを使い、大音量の音楽を聴くのもおすすめです。

ハードロック系の曲など、ノリが良い曲を聴いてみてください。

普段聴きなれていない方であれば、一瞬で目が覚めるはずです。

ただし、職場内で音楽を聴く場合、音漏れで迷惑をかけないようにする必要があります。

また、大音量すぎると鼓膜に悪いので、音量はご自身で調整してくださいね。

8.栄養ドリンクを飲む

栄養ドリンクも、眠気覚ましにピッタリです。

カフェインが配合されている飲み物であれば、効果を実感しやすいでしょう。

安いものだと、300円前後で販売されているのでお財布にも優しいです。

ただし、漢方が入っていると身体に合わない場合もあります。

人によっては、下痢を起こす場合もあるので飲み過ぎには気を付けましょう。

9.ガムを噛む

ガムを噛み続けると、脳へ刺激がいくため眠気も吹き飛びます。

長時間噛み続けると眠気も解消されるでしょう。

ミントだとスッキリ感もあって眠気飛ばしにピッタリです。

ただ、噛みすぎてアゴを悪くする恐れもあるので気を付けましょう。

また、接客業など仕事中にガムを噛めない職場も多いため要注意です。

快適な睡眠を得て、気分良く生活を送ろう

寝られない状態が長期間続くと、身体に大きな負担を与えると同時に仕事にも悪影響が出ます。

その状態を防ぐのであれば、快適な睡眠を得るのが重要です。

また、禁煙による睡眠不足が続くと、再度タバコを吸いたくなる原因へつながります。

普段の生活に悪影響を与えないためにも、睡眠障害を解消して効率良く禁煙を進めましょうね!

この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった 2人中2人がこの投稿は役に立ったと言っています。
TOPへ戻る