1. TOP
  2. 仕事中に禁煙でぼーっとする症状を少しでも改善させるための方法を紹介します!

仕事中に禁煙でぼーっとする症状を少しでも改善させるための方法を紹介します!

タバコと健康
 

禁煙をしていると、頭がぼーっとすることもありますよね?

改善したいんだけど、症状が少しも解消されず困ってる方もいるでしょう。

私も、禁煙中に困ったことがあるので気持ちは分かります。


そこで今回は、頭がぼーっとする症状を改善させる方法を紹介したいと思います。

特に、仕事へ悪影響を及ぼしている方は参考にしてみてくださいね。

禁煙でぼーっとする理由とは?


一番の理由は、ニコチンによるものです。

ニコチンには「覚醒作用」があります。

喫煙中は、体内にニコチンが吸収されるため眠気が起こりにくいです。


しかし、禁煙開始すると体内にニコチンが吸収されないので、覚醒作用の恩恵を受けられなくなります。

それが理由で、禁煙開始と同時に眠気やめまいが襲い頭がぼーっとするのです。

なかには重大な病気だと思う方もいますが、これは「離脱(禁断)症状」なので多くの禁煙者に起こります。

禁煙開始当初は、頭がぼーっとする症状も出やすいですが、1カ月以上経てば身体が慣れるので症状も改善されるでしょう。

頭がぼーっとする症状を改善させる方法


この章からは、頭がぼーっとする症状を改善させる方法を紹介します。

あなたに合う最適な方法を見つけて、少しでも症状を抑える努力をしてみてください!

1.身体を動かす


身体を動かすと血流が良くなるので、ぼーっとしている症状が改善されスッキリします。

ただし、身体を動かすときは緩い運動をしましょう。

激しい運動をすると、運動後に疲れが一気に出て仕事に使う体力が残らない場合もあります。

なお、おすすめの運動は2つあります。

ストレッチをする

その場で身体を動かす場合は、ストレッチをしましょう。

立ち座り背伸びなど身体を動かしてみてください。

ラジオ体操も身体が温まるのでおすすめです。

ただ、5分から10分程度運動すると汗ばむ場合もあるので、人によっては着替えを準備した方が良いでしょう。

10分程度歩く

職場の外へ出ることができる場合は、10分程度歩くのも効果的です。

私も、勤務中の合間に10分程度散歩をしていました。

いろいろな景色を見て歩けば、リフレッシュできて脳内もスッキリするので気分転換にもってこいです!

2.カフェイン飲料を飲む


カフェイン飲料も、ぼーっとした症状を改善するためにおすすめです。

気分が乗らないと思ったときにカフェイン飲料を飲めば、気分もスッキリするはず。

代表例は、下記のものが挙げられます。

コーヒー

コーヒーは自販機やカフェなど、至る場所で購入できます。

特に、ブラックだと苦みも感じるので、目が冴えるでしょう。


ただ、喫煙時代にコーヒーを飲んでいた方は、禁煙中にコーヒーを飲むことでタバコを吸いたくなる場合も。

禁煙中にコーヒーを飲む際は気を付けてくださいね。

栄養ドリンク

栄養ドリンクも、最近は種類が増えました。

数百円から数千円の商品まで、幅広く販売されています。

商品のなかには、医薬品として区分されているものもあります。


ただ、栄養ドリンクを大量に飲みすぎると、体調不良を起こし日常の生活に悪影響を与える場合も。

海外では、栄養ドリンクの大量摂取による死亡例も報告されているので、用法用量は正しく守り服用しましょうね。

3.軽く仮眠をとる


ぼーっとする症状をなくすために、軽く仮眠をとるのも効果的です。

なお、仮眠時間は15分から20分程度が良いです。

長時間の仮眠は、睡眠時に寝付けなくなるので要注意です!

長時間寝ることを避けるため、机に顔を伏せて寝る程度にすると良いでしょう。

4.飽きが来ないように仕事をする


仕事に飽きが来ている方も、ぼーっとする症状を重くします。

人によっては、仕事の飽きでストレスを抱える場合も。

飽きが来ない仕事をするには、下記の2つに気を付けましょう。

仕事内容を適度に変える

仕事の順番を変えることもおすすめします。

例えば、毎日「A,B,C,D」4つの業務に取り組んでいる場合、日によって業務の順番を変えてみましょう。

例えば「A→B→C→D」の順番で業務を行った翌日は「D→C→B→A」の順番に業務をこなすと言うように、飽きが来ない仕組みをつくりましょう!

すると、仕事に新鮮味が生まれ、ぼーっとする機会も減るはずですよ。

仕事が早く終わる方法を毎日考える

仕事が早く終わる方法を毎日考えながら仕事をするのも、効果的な方法です。

頭をフル回転させますし、業務を早く終わらせることも可能なので「一石二鳥」です!

毎日、仕事が終わった時間を記録すれば、どのぐらい業務時間が短縮されたか一目でわかるので、仕事に対するモチベーションも上がるでしょう。

5.プライベートを充実させる


最近では、ストレスによって仕事中になると頭がぼーっとする方もいます。

このタイプの方は、プライベートを充実させるのが効果的です。


その結果、仕事中にストレスを抱えることも減り、頭がぼーっとすることも減ります。

プライべートを充実させるには、次のことを意識してみてください!

会社の帰りに楽しめる趣味を作る

会社の帰りに楽しめる趣味をつくると、その日に職場で溜まったストレスをすぐに解消できます。

仕事後の趣味を楽しむために通勤すれば、職場へ行くストレスも溜まりづらくなるでしょう。

例えば、デスクワークの方は身体を動かす機会が少ないので、仕事後の趣味として運動をしてみてはどうでしょうか?

ジョギングや水泳、ボルタリングなどいろいろな種類があります。

東京周辺で働いている方であれば、皇居ランも良いでしょう。

もし、大勢の人と楽しみたい方は、運動サークルに所属するのも一つの手ですよ!

休日、部屋の中に引きこもらない

仕事が休みの日、部屋の中に引きこもらないのも大事です。

普段の疲れをとるために、自宅から外出しない方もいるでしょう。


しかし、人によっては自宅に引きこもることで、気分がガクーンと落ちる場合もあります。

その状況を回避するために、仕事が休みだからこそできる趣味を見つけてみましょう!

例えばサーフィンはどうでしょうか?

きっと、今までの休日が違うものになるはずですよ!

6.規則正しい生活習慣を送る


生活習慣が影響している場合もあります。

普段の生活習慣が乱れていると、離脱症状とダブルでぼーっとする症状が襲ってくるので、日常生活に悪影響を与えることも。

規則正しい生活習慣を送るために、まずは2つのことに気を付けましょう!

睡眠時間を一定にする

平日と休日の睡眠時間がバラバラだと、生活リズムが乱れます。

身体がだるくなり頭がぼーっとすることも増えます。

これを避けるためにも、睡眠時間は一定にしましょう。


なお、最適な睡眠時間は7時間前後と言われていますが、人によって最適な睡眠時間は違います。

数種類の睡眠時間を試し、最適な睡眠時間を見つけてみてはどうでしょうか?

食事をバランスよく摂る

日頃の食事内容で身体は形成されています。

大事なのは、満遍なく栄養素を摂ることです。

極端な食事は身体を不調にする原因になるので要注意です!


ただ、最適な食事の摂り方については、年齢や生活スタイル、持病の有無によって変わるので管理栄養士から食事のバランスについてアドバイスをもらうことをおすすめします。

ぼーっとする症状を改善して、効率良く仕事をしよう!


ぼーっとする症状が少しでも改善されれば、仕事への取り組み方も変わり仕事の進み方も変わるはずです。

仕事の進みぐらいが変わるだけで、上司からの評価が良くなり出世できる確率も上がるかも。

ぜひ、頭がぼーっとする症状を終了させ、快適な職場生活を送りましょう!

我慢もイライラもなしで自然に禁煙できる●●が凄い!その●●とは…

もし、我慢もイライラもなしで
自然と禁煙できたらどうしますか?

そんな魔法のような体験を記事にしました。

>>>続きを読む

\ SNSでシェアしよう! /

sotsuen.jpの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

sotsuen.jpの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kengo

kengo

2015年より専業のフリーライターとして活動しております。
このHPでは、私の禁煙体験も交えながら紹介させていただいています。

運営者情報